『別れたから気付きました…』という相談者の言葉ほど信用出来るものではなく、元彼(元彼女)に接触して話しを聞き出すと『別れたから気付いたって言われて何も気付いてないのに気付く事がまたムカつく!!』と言われるケースは少なくありません。

『別れたから気付きました…』という相談者の多くは元彼(元彼女)が悲劇のヒロインになっているのではなく自分が悲劇のヒロインになっている事に気付きません。

『別れたから気付きました…』という相談者に『何に気付きましたか?』と質問をしても部分的な事に気付いても根本的な事に気付いてない相談者が多く、元彼(元彼女)は気付いたのに分かってくれない。から復縁できないと遠回しに口にしている事にも気付きません。

例えば『別れたから気付きました…』と、束縛が原因で別れを告げられた相談者は多いのですが、束縛が原因で別れを告げられて相談者が気付いた事は束縛をしたから別れを告げられた。であり、束縛をしたら何が嫌なのか?には気付いても、元彼(元彼女)が不快な想いをした気持ちの部分には気付いてないのです。

元彼(元彼女)の気持ちに気付いたのではなく、束縛をしたら行けない事に気付いたのですから、元彼(元彼女)に気付いた事を一生懸命説明しても一番大切な部分は気付いてないのですから伝えたい事は伝わっても、元彼(元彼女)が聞きたい事ではないので復縁に繋がる筈がないのです。

別れたから気付いた…という相談者の一例。おかしいと思いませんか?

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

『清潔感がない。』と言われて別れを告げられた相談者が『別れたから気付いたんです。』と口にした後、『清潔感がないって言われたから床屋さんで髪を切って来ました!』と聞かされて『復縁しても良いかな~』と思ってくれる元彼(元彼女)っていると思いますか?

『髪を切ったから清潔感が出たね。復縁しよう!』となると思い込む、おかしな妄想をする相談者もいらっしゃいます。

清潔感がない人と生活をすればストレスを感じるし、デートをしていても気になるし、何より同棲、結婚等を考えた時に一緒に生活する事を考えたら不快な毎日を過ごさなければならない。

だから清潔感が合わない人と交際を続けていくのは厳しいな…となり、別れを告げられるのです。

清潔感がない事に別れたから気付いた。という人の清潔に対する考え方、感じ方を元彼(元彼女)に合せていく為には元彼(元彼女)の清潔に関する考え方、感じ方を知らなければ合せようがありません。

交際時に理解していなかったからのに、別れて距離を置かれたにも関わらず、元彼(元彼女)の清潔に対する考え方、感じ方に気付いた!と言うのですから別れたから気付いた!と公言する相談者はおかしな事を言っている事に気付かなければならないのです。

『別れたから気付きました!』という相談者ほど何も気付いてない

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れたから気付いた事がある…という相談者は話しを聞いていれば何も気付いてない事に気付きます。

上述した清潔感がないと言われて床屋に髪を切りに行った相談者の様に、何も気付いてないので取りあえず自分の見た目を清潔にする事しか思いつく事が出来ません。

『気付いたから改善しています!』と言う相談者の相談をお伺いしていると9割以上が『何も改善されていないと思いますよ…』とお答えせざるを得ない程度の気付いた事を口にします。

『別れたから気付いたんです…』という相談者が元彼(元彼女)と再会しても『髪を切ったんだね。』とは言われても『清潔感が増したから復縁したいな。』と言われる事はなく、何も気付いてないので再会した時に清潔感の無さを露呈します。

『別れたから気付きました!』と口にする人ほど何も気付いてないので、元彼(元彼女)と会えば会う程、元彼(元彼女)と連絡をすればするほど、元彼(元彼女)が不快に感じた部分を露呈して、復縁から遠ざかるのです。

別れてから気付いた。気付いたから考える。考えた上でどうすれば良い?

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れたから気付いた事があり、気付いた事を元に何が問題なのか?を考え、自分の抱えている問題点を自覚しなければなりません。

自覚するから気を付ける事が出来、意識するから元彼(元彼女)に不快な想いをさせず、不快な想いをしなくなったと元彼(元彼女)が認識してくれたから自己改善が成功したと言えるのです。

しかし、『別れてから気付きました!』と口にする人は悪いところは気を付けて直している!と、過去の自分と比較して今の自分は出来る様になった。と思い込みます。

別れて気付いたし、気付いた事を考えたし、もう意識して行動してるから大丈夫!と自己満足した自己改善のままなので何も変わらず、何も変化が無いまま復縁活動に励みます。

復縁相談で話しをお伺いしている間に何に気付いたのか?何を考えたのか?も考察しながら話しを聞くのが復縁屋の相談員ですから、何に気付いたのか?何を考えたのか?が間違っている事にも気付きます。

何に気付いたのか?何を考えたのか?が本当に出来ているならどうすれば良い?という相談にはなりません。

どうすれば良い?という相談を頂く時点で何も気付いてなく、何も考えてない事が分かりますから復縁できてないのも当然になるのです。

話せば気付いたかどうか?はスグに分かるから元恋人も気付いてる

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

会話をすれば本当に気付いているのか?本当に改善しようとしているのか?が分かります。

時間を掛けて話すから分かるのではなく、時間を掛けなくても話し方、話す内容、話しの題材で気付いたのか?は、すぐに分かるのです。

分からないと思っているのは相談者本人だけであり、周囲は皆分かっています。

スグに気付かれる事に一番気にしていた元恋人が気にしない訳もなく、相談者だけが改善した!と思い込んでいるだけで元恋人も含めて誰でもスグに人の変化に気付くのです。

別れたから気付いた…本当に気付いたのでしょうか?

別れの原因を改善した…本当に改善されているのでしょうか?

会話をすれば本当に改善したかどうかはスグに分かります。

分かってないのは相談者本人だけになり、相談者が気付いてない事を自覚しなければ復縁しようにも復縁する術がありません。

『別れてから気付きました!』という人が復縁した復縁工作の成功事例

復縁工作が成功すると笑顔を取り戻せます。

『別れてから気付きました!』とご相談頂いた依頼者Aに何に気付いたのか?を確認し、何も気付いてない事を説明するとAは納得頂き、復縁したいからどうにか協力して欲しいという話しを頂きました。

何を気付けば良いのか?を知るには復縁工作を提案するしかなく、Aと復縁工作の契約書を交わし、着手金の確認後に依頼に着手致しました。

調査を行い、対象者である元彼との接触ポイントを判明し、工作員を派遣して対象者への接触が成功します。

対象者からAと別れた原因を聞き出す事に成功し、Aに対象者から聞き出した事を報告しながらアドバイスをするとAもやっと何に気付かなければならなかったのか?と、何をしなければ復縁に進まないのか?に気付く様になりました。

工作員が対象者に心理誘導を行い、復縁に向けて気持ちを揺さぶる事に成功した頃にAが別れてから気付かなければならなかった部分の改善に成功し、対象者と再会後に復縁の話しを工作員に対象者から聞かされます。

Aからも対象者に復縁の揺さぶりを掛けて頂き、工作員も対象者に揺さぶりを掛けさせて最後の一押しを工作員が行い、Aから復縁の話しを切り出すと『良いよ。』と一言頂けた様で復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

  • ※復縁工作の成功事例はコチラを参照下さい