元彼(元彼女)が連絡を遮断する理由を知りたい方は多いのですが、連絡が取れない=元彼(元彼女)は関係を遮断したい。という事になります。

10年来の友人の連絡先が携帯電話に入っている方は、連絡が希薄になっていても連絡を遮断しようと考えますでしょうか?

lineのブロックや電話の着信拒否、メールを送っても返信が一切ないという事は少なくとも連絡したいと思っていない事が分かります。

元彼(元彼女)が連絡をしたいと思わない理由は一体何があるのか?

別れを告げられて復縁を求める方は復縁の可能性があるのだろうか…?と気にしますが、気にしたところで復縁には繋がりません。

連絡がを遮断されているから復縁出来ないのではなく、連絡を遮断されている原因を考えるから復縁出来ますが、復縁の可能性を求める理由を探せば復縁出来ません。

連絡を遮断されていれば連絡が繋がる人よりも復縁の可能性が低いのは当然です。

復縁の可能性が低いなら、復縁の可能性を上げる為に努力をしなければ可能性は上げられませんが、可能性を探しているだけの方が復縁の可能性を求める為に遮断された理由を求めても復縁は出来ません。

復縁する為に連絡を遮断された理由を調べなければならない人が復縁出来るのでしょうか?

連絡を遮断されたのは誰が原因でしょうか?

本当に復縁したいなら遮断の原因を調べるのではなく、遮断された自分の行動を省みなければ先に進めません。

連絡を遮断されたワケは自分の胸に聞くのが一番分かり易いのですが自分の胸に聞いても分からない人は参考にして下さい。

元彼(元彼女)にlineの既読スルーをされる理由

lineの既読スルーをされる理由は返信したいと思わないからです。

返信したいと思わないのは、返信する価値がない内容なので返信しません。

例えば、あなたが仕事先で連絡先の交換を義理でした相手から『おはよう』とlineを送られて来て返信したいと思いますか?

返信しなくても仕事に支障を来さないのなら『おはよう』と返信せず、既読スルーしませんか?

仕事の話しなら返信しなければなりませんが、仕事も関係なくlineを送られて『今日何食べた?』と送られて来たら返信したいと思いますか?

元々付き合っていたとはいえ、別れた状態ですから彼氏(彼女)の関係ではありません。

彼氏(彼女)の関係ではないのですから、あなたが送るメッセージの内容が恋人の様なメッセージを送ればlineを既読されても仕方のない事であり、メッセージの内容が返信に価する内容ではないので既読スルーが続くのです。

元彼(元彼女)にlineをブロックされる理由

元彼(元彼女)にlineをブロックされる理由は、メッセージの内容が返信に価する内容ではないメッセージを送り、メッセージを送られると迷惑と考えているからブロックされます。

職場や学校で仲良くしたいと思わない人と仲良くしますか?

仲良くしたくないと思っている相手とコミュニケーションを取りたいと思いますか?

何をキッカケで仲良くしたくないと思うかは人それぞれですが、結果としてコミュニケーションを取りたくないと思っている相手が元彼(元彼女)からしてみればあなたになるのです。

lineをブロックされたならlineをブロックされた理由があなたにはあります。

連絡をしたくない!と思わせた理由があなたには有り、連絡したくない理由を作ったからブロックされています。

復縁したいなら復縁の可能性を考える前にやるべき事はあるのではないですか?

元彼(元彼女)から連絡を遮断されて連絡が取れない。どうする?

元彼(元彼女)から連絡を遮断されて連絡が取れない。

あなたならどうしますか?

復縁を諦めますか?

復縁したいと頑張りますか?

あなたの選択は2つに1つになります。

lineをブロックされたけどインスタやツイッターならメールが来るから、インスタやツイッターでメッセージを送り、lineのブロックを解除してもらいますか?

普通に考えれば分かる事だと思いますが、lineをブロックされてインスタやツイッターでメールを送ればどうなるのか位は想像出来ますよね?

インスタやツイッターのフォローを外されてないから、インスタやツイッターから頑張って復縁する為にメッセージを送る内容1通を真剣に考えて送りますか?

真剣に考えればlineのブロックを解除してくれるなら、何故そもそもlineのブロックをされたのでしょうか?

あなたの真剣さが足りないからlineのブロックをされたのでしょうか?

電話の着信拒否をされたのもあなたの真剣さが足りないからでしょうか?

復縁する為にあなたに必要な事は真剣さなのでしょうか?

あなたが連絡を拒絶されて連絡が取れない時にする事は真剣にメッセージを考える事ですか?

本当に復縁したいなら違いますよね?

本当に復縁したいなら自分が連絡を拒絶された理由について向き合ってみては如何でしょうか?