復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

元カノと復縁したい男性相談者様たちからご相談いただくと男性は女性よりも復縁成功率が低いと考えてる方も多く、復縁できないかもしれない…という不安を常に抱えています。

復縁できないかもしれない不安が女性よりも男性の方が強く感じられ、元カノとの復縁を意識すると落ち込んでしまう男性は少なくありません。

常に元カノの事を考え、新しい恋人が出来てしまうのではないか?という不安を抱えながら日常生活を過ごす訳ですが日常生活を過ごす中で元カノの事を考える時間は増していき、交際時よりも元カノの事を考える日々を過ごし、胸が焦がれてしまいます。

失いたくなかったものを失い、取り戻せる確率がとても低く、どうすればいいんだろう…と悩むものの自分の心に嘘を吐けないので苦しみます。

苦しい想いを抱える相談者は男女問わず変わりませんが元カノと復縁したい男性相談者の悩みは女性相談者の悩みとは異なります。

セフレとしてでも戻れれば良いと考える女性相談者と、『セフレで良いから復縁したい』と言えば露骨に嫌な顔をされる男性相談者では奥の手という武器が使える、使えないの差もあり、男性相談者の悩みは尽きません。

元カノと復縁したいと考えても復縁できず、想いと現実のギャップに悩みます。

元カノとの復縁を考える男性の大半がどうすれば良いか分からず、何をすれば復縁できるか?を考えても答えに辿り着きません。

復縁の経験をしている男性はとても少なく、経験があったとしても1度~2度の経験であり、過去に復縁できた経験を駆使して復縁活動を行っても復縁した元カノとは考え方が違っていたり、経験が過去のもの過ぎて何も出来なくなり、復縁活動をしても復縁に繋がりません。

セフレという体の武器が使えない以上、男性が次に使おうとする武器はお金になり、プレゼント攻勢をかけたり食事の誘いなど、お金を直接的にちらつかせようとして失敗するケースがほとんどです。

自分の持っている武器は他に何があるのか?を考えてもなかなか武器となるものが出て来ず、中には暴力で言うことを聞かせようとする男性相談者もいますが男性の武器は暴力やお金だけではありません。

もちろん見た目も武器にはなりますが、復縁したいからといって見た目を武器にしようとしても効果はなく、お金や暴力以外の復縁する為の武器を作らなければなりません。

復縁する為の武器を作って初めて元カノは復縁を意識してくれます。

本当に元カノと復縁したいなら復縁する武器を磨くように男性相談者にはお伝えさせていただいています。