弊社ではご依頼いただいたお客様とほぼ毎日ラインやメールでやりとりをさせていただいておりますが、毎日やりとりをしていると、お客様の心理状態というのが手に取るようにわかるようになります。

特にわかりやすい心理が、不貞腐れている状態です。

※不貞腐れる=不満な気持ちがあるために、投げやりな、あるいは反抗的な態度を取る。(引用元:ウィクショナリー日本語版 ふてくされる より)

例えば弊社からお客様の行いについて良くない部分を指摘されたときや、自己改善のためにお客様自身を掘り下げる質問を繰り返されたときなどに、不貞腐れた態度の返信を送っていらっしゃるお客様、もしくは返信を送ってこなくなるというのが、多くいらっしゃいます

弊社としましてはお客様にご依頼を受けて自己改善のサポートをさせていただいている立場なので、お客様が不貞腐れて自己改善に対して投げやりな態度をお取りになるのであれば、それはそれでお客様の選択でしょうから特に言うことはありません

その不利益を被るのは、他の誰でもないお客様自身だからです。

自己改善をしなければ復縁できない、とは再三お伝えさせていただいた上でご契約いただいているわけですが、ご自身で復縁できるようになるための努力を放棄なさるのでしたら、もうそれは復縁を諦めるということです。

復縁を諦めるのでしたら弊社からサポートできることはありませんし、「これからの人生を頑張ってください」で終了です。

しかし、ひとつ忘れないでいただきたいこと、そして勘違いしないでいただきたいことがあります。

そもそも不貞腐れるとき・投げやりになるときというのはどういうときでしょうか?

勿論様々なシチュエーションがありますが、自分の過ちを指摘されて不貞腐れるときというのは、それは相場は決まっています。

図星なことを指摘されたときです。

もし指摘内容が間違えているのであれば言い返すことができるはずですが、図星だからこそ言い返したりすることができずに、ただ反抗的な態度を取ったり投げやりになるしか”できない”のです。

図星なことを指摘されて言い返すこともできないから、反抗的な態度を取って投げやりな行動をする。

非常に幼稚ですよね。

忘れないでいただきたいこと、そして勘違いしないでいただきたいことというのは、この点です。

誰のせいでもなくお客様自身の幼稚性のせいでフラれて、その幼稚性を改善しないから復縁もできないんです

それぞれの人に対してきちんと”自分”を使い分けることができる人というのはなかなかいません。

特に人付き合いの弱点については、相手を問わずに発揮してしまうのが人間です。

幼稚性という弱点についても、少なくとも弊社にご依頼くださるお客様の中で、分析の結果で幼稚性が問題で破局なさったと判明したお客様の多くは、実際に弊社の担当者に対しても幼児性を発揮なさいます。

だからこそよくわかるのです。

自分の非が露呈した時、壁にぶつかったときに不貞腐れて逃げる人だからフラれたんだろうなと。

不貞腐れる姿を好む人はいませんし、それどころか、投げやりな態度に対して人は呆れます

そのような人と交際したい人はいませんよね

何故なら、話し合いすらできませんし、ただ態度で「自分は不機嫌だ」とだけ見せてくるわけですから、非常に面倒だからです。

親であっても「だったらいつまででも不貞腐れておけば?」となりますし、それが元を辿れば他人である恋人ともあれば「もう付き合いきれない」と別れを選択するでしょう

お客様が思う以上に、弊社スタッフにはお客様の弱点がよく見えます。

何が原因で別れたか?は、お客様の日頃の行動をよく見ていれば手に取るようにわかるのです。

勿論復縁工作で復縁に至るのも良いでしょう。

ですが、根本を改善できていなければ、どれほど期間やお金をかけても結局は同じ理由でまた別れてしまいます

同じ別れを繰り返さないようにするためにも、自己改善と共に復縁を目指していただければと存じます。