復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談を頂く際に純粋に復縁したいと願って復縁相談をご利用頂く以外にも復縁というよりもストーカーの気があるのでは!?というご相談を頂く事もあり、特に不倫していた相手と別れに至ったケースでは不倫相手である相談者様が相手の家庭を壊す為にストーカー化している状態で復縁相談を頂く事もあり、不倫の代償はとても大きなものとなっているな…と思えるケースでのご相談を頂く事もあります。

復縁相談はストーカーを容認する訳ではなくストーカー行為を行っている相談者様にはストーカー行為を止めるように注意させて頂いています。

常軌を逸した行動をする相談者様にはストーカー行為が発覚し、警察沙汰になる様なことは避けるようにお伝えさせて頂き、復縁とストーカーは全く別の物である事をお話しさせて頂いてますが、不倫をしたから悪い!!ではなく、不倫相手と復縁したいというご相談ならお話をお伺いさせて頂いていますし、不倫の末に別れを告げられてストーカー行為をしてしまう事に問題があるとお伝えさせて頂いています。

不倫の代償は家庭崩壊だけではなく、ストーカーしてしまうほど愛してしまった相手との関係に執着して家庭崩壊ではなく単純な嫌がらせのような事をして自爆行為をしてくるケースもあり、客観的に物事を考えられなくなった状態だから何が正しいか?という冷静な判断が出来ない相談者様もいらっしゃいます。

不倫をすれば不倫した方の家庭が壊れるかもしれない…というリスクがありますが、不倫のリスクは家庭が壊れるだけではなく、家庭だけではなく全てのものを失ってしまうリスクも考えて不倫しなければなりません。

もちろん不倫は容認できるものではありませんし、リスクをキチンと考えれば不倫して良いとは言いません。

家庭が冷めきっているから不倫した…という方も本当に相手の事を想うなら離婚して何もやましい事がない状態で付き合った方がいいと思いますが、不倫をする方々にも理由があり、一瞬の気の迷いで不倫してしまい、その一瞬の気の迷いが尾を引いてズルズルと不倫関係を続けてしまったものの、相手はそうではなく、別れるつもりは全くなく、家庭を崩壊させたいというよりも不倫相手に向き合って欲しい…という気持ちから望んではいけないものを望んでしまい、望んではいけないものを望んだ末に別れを告げられてしまい、消化不良の状態になり、気持ちを向ける方法が分からなくなり、気持ちは復縁したいはずなのに行動がストーカー化してしまう方にも同情できるところはあります。

そういった気持ちを向ける方法が分からなくなってしまった相談者様に『復縁したいなら相手を追い詰めるのではなくあなたを受け入れてもらえる様にならなければ難しいですよ。』という言葉を掛けさせて頂くのですが、気の迷いで不倫してしまった…とリスクを考えずに不倫した相談者様には不倫相手はとても苦しんでいる事も理解していただきたいとも思えるのです。

一瞬の気の迷いで不倫してしまった…と思っている方もいらっしゃいますし、不倫を否定したい訳ではありませんが不倫したなら不倫したで気の迷いといった言葉で終わらせるのではなくキチンと向き合って夫(妻)を裏切った事への代償を償うつもりで不倫しなければなりません。

一瞬の気の迷いで不倫したら大変な事になってしまった…というご相談も大変多く頂きますし、不倫相手から捨てられてしまった…というご相談も大変多く頂きます。

そういった方々からのご相談を大変多く頂きますので不倫を否定する事もありませんが、不倫関係を築いた末の悩みを解消するには、あなたの置かれている立場や状況を考え、自分のして来た事に向き合わなければならないのです。

不倫相手に別れを告げられて復縁したい!!と思いながらストーカー化してしまったあなたも不倫相手に別れを告げてストーカーのように執拗に追い掛けられている方も不倫で関係が崩れてしまったならご相談頂ければ相談者様の味方となってお話をお伺いさせて頂く事が出来ます。