バカという言葉はとても悪い言葉ですが、バカには復縁できないという事をご存知の相談者はあまりいません。

自分の事をバカだと認識する人はとても少なく、自分は出来る人と考えている相談者はとても多いのです。

別れを告げられて失敗してるのに自分は出来る人だと認識している相談者は多く、自分は出来る人という考えの元に何かしらの行動を起こすので復縁できず、元彼(元彼女)から更に嫌われます。

同じ失敗を繰り返す人を世間の人達は『バカだな~。』と言うのですが、『バカだな~。』と言われる本人は自分がバカな事をしている自覚がありません。

バカな事をしている自覚がないので嫌われる事を繰り返しますが、更に元彼(元彼女)に嫌われる事をしていながら、いつまで経っても自分は出来る人だと考えます。

何も出来てないのに、自分は出来る人だと思い込む人を見て『あなたはすごく出来る人だよね!』と言う事はありません。

誰もが心の中で『この人バカだな…』と思うのですが、バカという言葉は悪い言葉なので口にする事がありません。

そして『この人バカだな…』と第三者に思わせてしまう様な方は復縁できませんから、バカ=復縁できないにも繋がるのです。

そもそも、客観的に『この人バカだな…』と思われる様な人と元彼(元彼女)は復縁したいと思うでしょうか?

『この人バカだな…』と思われるには『この人バカだな…』と思われる理由があり、『この人バカだな…』と思われる理由がある人は『この人バカだな…』と思われる理由を改善しなければ好かれる事はありません。

バカというのは知識がない人をバカと考える人が多い

バカを知識がない人の事を指す人がいますが、知識があるからバカではない!と認識している人が少なくありません。

人間の知識は人が生きていく上で学んだだけの事であり、知識がない人の事をバカと考える人は本当のバカと言われます。

知識を活かして考える事が出来、考えた事が皆から称賛されれば発想の凄さから賢い人と捉えられますが、知識があるだけで知識を活かせない人は学んだだけで活かせてないのですからバカと呼ばれます。

知識がないからバカではなく、学んだ知識を活かした行動が出来ない人の事がバカと呼ばれるのですが、バカは知識だけで発想がない人を指す事に気付きません。

知識の有無は人生経験の差だけであり、知識の有無でバカと考える人はいつまで経ってもバカが直りません。

バカには復縁できない理由は明らかです。

バカなので学んだ事があっても同じ事を繰り返し、同じ失敗を繰り返し、何度も同じ失敗をしているにも関わらず経験した事を活かす発想力がなく、別れた後も同じ事を繰り返して復縁から遠ざかります。

別れ話で言われた事だけを努力しようとするバカ。

別れ話で言われた事すら改善する努力をしないバカ。

自分で出来ているつもりになって何も出来てないバカ。

失敗してるのに失敗してる事を認められないバカ。

知識を元に考える力が備わっていれば嫌われない様に出来るのにバカなので嫌われる行動を繰り返します。

別れを告げられて失敗した経験は知識として活かせます。

失敗した知識を経験として活かして考えられるから復縁に繋がります。

しかし、バカは失敗した経験を活かすどころか失敗した経験を認められません。

失敗した経験を認めずに失敗してない前提で物事を考えようとするので同じ失敗を何度も繰り返します。

失敗は成功の元という言葉を知らないバカは失敗した自覚を持てないので成功の元となる失敗に目を向ける事が出来ず、同じ事を繰り返すので当然復縁も出来ません。

元彼(元彼女)の気持ちを理解しようとしないバカもいます。

バカは人の気持ちを理解しようとしません。

自分の考えが正しいと思い込むのでバカはいつまで経ってもバカのままなのです。

別れた後に元彼(元彼女)の気持ちを分かっている。と思い込んでいるバカはとても多いのですが、元彼(元彼女)の気持ちが分かっているなら別れを告げられていません。

バカは『別れた後にすごく考えて元彼(元彼女)の気持ちがよく分かりました。』と口にするのですが、バカが分かった事を聞いても何も分かってない事がよく分かります。

別れた後も自分に都合の良い事ばかりを考え、元彼(元彼女)の気持ちを分かったつもりになり、元彼(元彼女)と復縁したいのにバカは全く元彼(元彼女)の気持ちを理解しようとしません。

自分は元彼(元彼女)の気持ちを理解出来る。と思い込みたいだけのバカなので、当然元彼(元彼女)が気持ちをやっと理解してくれたんだね!と解釈してくれる事はなく、バカは独り善がりで復縁に向けて頑張っている!と思い込むので数か月後には飽きて復縁を諦めます。

バカが復縁屋にする質問はバカなのがとても分かり易い。

復縁屋に相談する時に『復縁の確率ってどの位あると思いますか?』という相談をするバカがいます。

この質問をする事に何も疑問を持たないのでバカはバカなままなのです。

別れを告げられた時点で復縁の確率は0%です。

復縁の確率が1%でも残っているなら別れていません。

復縁の確率が0%なのが分かっていないから『復縁の確率ってどの位あると思いますか?』と相談しますが、バカな質問だという事に気付いてないのですから復縁の確率が1%もない事に気付いてないのです。

誰かに『復縁の確率って何%位あると思う?』と聞いてる時点でバカは状況を考える事が出来ていません。

バカな質問をすればバカにされる事にも気付かないのですから、元彼(元彼女)が交際不可能!と決断して別れを告げるのも当然と言えば当然になります。

復縁したい!と言うだけで何も考えないからバカは復縁できないのです。

『復縁したいです!復縁の方法教えて下さい!』と言うバカは自分で考える事を放棄したのですから復縁できません。

『復縁したいです!』と言えば誰かが無償で協力してくれると思い込むバカを相手にする人はいません。

バカの復縁に協力してあげたい!とは復縁屋であっても断る案件であり、復縁は自分と相手の2人でするもの。という基本を理解してないバカが復縁できるはずがないのです。

考える事を放棄したバカと元彼(元彼女)が復縁したら元彼(元彼女)が不幸になる事をバカは考えません。

交際は2人で築いていくものですが、2人で築いていく関係をバカと構築する事は出来ないのです。

バカと関係を築いていけば幸せになるどころか不幸を背負う事になります。

自ら不幸を望む人はいませんから元彼(元彼女)は不幸にならない為に、バカとは復縁したくないのです。

何も考えないバカと復縁しても不幸になる事が分かる様な復縁の申し出を元彼(元彼女)が受けてくれる事はありません。

復縁できない理由が自分にある事に気付かないバカは当然復縁できない

復縁できない理由が自分にある事に気付かないバカが復縁できる事はありません。

別れを告げられた以上、原因を作ったのはバカな自分と考え、バカな自分をどうにか改善するから復縁の可能性を上げる事に繋がります。

しかし、バカは自分が原因で別れに到ったのに、別れた原因を自分以外の事に目を向けます。

自分が間違ってないと思い込むバカ。

自分も間違っているけど元彼(元彼女)も間違っていると主張するバカ。

どちらのバカでも復縁したいと思いません。

元彼(元彼女)は別れを告げなければならなくなった原因は自分だとは思っていません。

お互いに別れの原因は自分ではないと思っているので、バカが主張する自分が間違ってない。と、自分も間違ってるけど元彼(元彼女)も間違っている。という主張が成立しない事にバカは気付きません。

気付かないから復縁も当然できません。

バカは自分の考えが正しいと思い込むから復縁できない

バカは別れを告げられた自分の考えが正しいと思い込むので、他人の異見に耳を傾けられません。

他人の異見に耳を傾けられないので、元彼(元彼女)の意見にも耳を傾ける事が出来ないから別れを告げられたのにバカは別れた後も自分が正しいと思い込みます。

失敗したのに自分が正しいと言う人は誰からもバカにされます。

失敗を糧に成功に向けて努力する人には賛同する人も出て来ますが、失敗したのに失敗を糧にするのではなく間違った事をしてない!と正当化する人からは人は離れていきます。

失敗したのは何故失敗したのか?を考えて、間違っているからどうしようか?と他人の異見に耳を傾け、自分の考えが間違っていたと認識出来ればバカを脱出して復縁に進める可能性も出て来ます。