復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁したいなら対人関係をコントロールしなければならなければならないのですが、ネガティブを上手くコントロール出来ないのでパートナーにネガティブを与えてしまいます。

対人関係で問題を発生させないから関係を構築出来るようになり、関係を構築出来るようにメンタルをコントロールするからパートナーから見直してもらうチャンスが出来るのです。

プロサッカー選手の本田圭祐さんの名言で、『勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものはないと思う』という言葉があり、本田圭佑さんの言う準備とは【身体のコンディション、対戦相手のイメージ、仲間との連携、気持ちの準備】という意味で、パートナーと復縁する日に向けて準備を整えるという意味では本田圭佑さんの言葉は復縁活動をしている方々にはうってつけではないでしょうか?

これから闘う人達はネガティブなイメージが勿論ありますが、ネガティブなイメージを払拭して勝てるイメージを持って闘いに挑みます。

復縁に置き換えれば当然復縁できない…とネガティブなイメージを持つのではなく、復縁できる!!とポジティブなイメージを持つ事が大切です。

ポジティブなイメージを持てないのでネガティブなイメージから抜け出せず、ネガティブなイメージを払拭出来ないのでパートナーにネガティブなイメージのまま復縁を迫る言葉を出してしまいます。

ネガティブなイメージを払拭出来れば出てくる言葉も変わりますし、パートナーを締め付ける様な言葉は出て来ないので楽な関係性を築く事も出来、再度異性として魅力ある形を見せる事も出来ます。

ネガティブな考え方は人間である以上、出て来てしまうのは仕方がない事ですし、ネガティブな考え方にならないのは逆に人としてどうなのか?ともなります。

ネガティブな考え方が出てしまうのは仕方ない事ですが、ネガティブに引っ張られてしまい、ネガティブに引っ張られてしまったままの状態でパートナーと会うのでパートナーにネガティブな言葉が出てしまい、自分では意識しないままネガティブな意見を伝えてしまうのでパートナーから更に距離を空ける理由を作られてしまいます。

例えば、ネガティブな考え方の人は私はブスだから魅力がないと思っている時に、ネガティブな考えの方は外見の自信を持ってパートナーに接する事が出来ません。

自分はブスだから…という点でネガティブになっているとブスだからパートナーは復縁してくれない…ブスだから連絡をあまりくれない…ブスだから会ってくれない…とネガティブな部分を理由に復縁できない理由を絡ませます。

ブスだから魅力がないのではなく、ブスだからを利用している性格ブスだから魅力ある人として見てもらえないのですがネガティブな考えを持っていると知らず知らずのうちに言葉や態度に現れます。

身の回りのモテない人を思い出していただきたいのですが、モテない人は○○だからモテない。と、モテない理由を自ら自虐行為のように伝えます。

太っているからモテない、禿げているからモテない、歳をとっているからモテない。と言い訳を続ける人がモテる事はなく、ネガティブな考えで言い訳を続ける人だから異性から好意を得られる事はないのです。

太っていてもモテる人はいるし、禿げていても格好良い人もいるし、歳をとって魅力が増してモテる人は沢山いますがネガティブな考えの人達は自分で欠点を決めつけ、ポジティブな人は他人から見た欠点を欠点とはしません。

その違いがネガティブな考えの人は分からず、ネガティブな考えを変えなければ異性にモテる事はなく、ネガティブな考えなので復縁に辿り着く事がないのです。

ネガティブな考えのままでは復縁できる確率が低くなりますし、ネガティブな考えのままだからパートナーから受け入れてもらえる事が出来ません。

それが分かっているならネガティブな考えを上手くコントロールし、ネガティブな考え方と上手く付き合っていくからパートナーとの人間関係を構築するのも順調にいきますし、パートナーとの人間関係が良好になるから復縁を目指せます。

ネガティブな考え方を上手くコントロールしなければ復縁出来ませんし本当に復縁したいならネガティブな考え方を持つのは仕方ないのですからネガティブな考え方と上手く付き合っていかなければなりません。