復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にご相談頂く際に、相談者様から『彼氏(彼女)からストーカー扱いを受けています…』というお言葉を頂くのですが、本当に扱いを受けているだけなのか?という疑問が残る相談者様もいらっしゃいます。

ストーカーの自覚がない相談者様の場合、ストーカー扱いされているではなく、ストーカーになってるのですが、ストーカーになっている事に気付いていない相談者様もいらっしゃいますし、ストーカー扱いで警察に通報されたのではなく、ストーカーをしたので警察に通報された。という認識がない相談者様から復縁屋にご相談頂く際に、相談者様は『ストーカーなんてする気もないししてないのに警察を呼ばれて復縁が難しくなったんです…』というお話をお伺いする事が増えて来ました。

ストーカー扱いをされて警察に通報され、任意で警察から事情聴取を受けて警告された…となり、連絡を控える事や接触しないように禁止命令の誓約書を書かされている状態で、ストーカー扱いもなにもないのですが、相談者様の中にはそれを分かっていない相談者様も少なくないのです。

相談者様のお話をお伺いしていると、確かに警察に通報する事は行き過ぎた行動のケースもありますが、相手が付き纏われて恐怖を感じれば立派なストーカー犯罪でもあります。

復縁屋と相談者様が、『そんな事でストーカーなんて言われるなんて散々ですね…』という話しをしたところで、彼氏(彼女)からすれば恐怖を感じて警察に通報している訳ですから全く意味のない会話ともなり、相手がどう思うか?を相談者様が考えられないようでしたら復縁を求める相談者様ではなく、ストーカーする為の相談者様でしかないのです。

そして、ストーカーの特徴として、ストーカーは相手の立場に立って考える事が苦手であり、相手が自分の要求を呑むのが当然かというような支配的、高圧的な態度をとるタイプが多く、復縁屋に警察に事情聴取されたにも関わらず、ご相談頂く際に、相談者様から彼氏(彼女)のとった行動(警察を呼んだ)や警察の言い分がおかしい!!といった事を仰り、自分が彼氏(彼女)に恐怖を与えた事について想像出来ないのでストーカー扱いされている事に気付きません。

相手の気持ちを考える事が出来ていれば、ストーカー扱いされる事はありませんし、ストーカー扱いされるには理由がある事を忘れてはいけません。

実際に彼氏(彼女)を苦しめるつもりもなかったり、彼氏(彼女)に恐怖を与えるつもりもなかった…けど、復縁したいから彼氏(彼女)の家を突然訪れて話したいと思っていただけなのに警察を呼ばれてしまい、ストーカー扱いされてしまった…

相談者様は復縁したいだけなのに警察は分かってくれない…ではなく、警察を呼んだのは彼氏(彼女)であり、彼氏(彼女)が警察を呼ばなければならないほど、恐怖を感じたので復縁したいという気持ちは全く伝わっておらず、付き纏って恐怖を与えるだけの人!!になっているのが、ストーカー扱いされている相談者様の現実なのです。

別れ際や交際時に何もなければ別れた後に警察を呼ばれる様な事はされませんし、少なくとも別れた後に復縁したいから…といって彼氏(彼女)の自宅や職場に押し掛けて警察を呼ばれている相談者様は別れ際や交際時に何かしらの行動をしている事や何かしらの言動があった事が推測できます。

相談者様はもちろん自分がストーカー扱いされる様な事などしていない!!と思うかもしれませんが、復縁したい彼氏(彼女)が恐怖を感じた以上、自分がどう思うか?よりも、相手がどう思うか?の方が大切なのですから、復縁活動の根本的な考え方から改めなければ復縁を意識してもらえる事はありません。

本当に復縁したい相談者様たちは彼氏(彼女)の事を一番に考えますし、彼氏(彼女)の事を一番に考えれば、少なくとも彼氏(彼女)からストーカー扱いされる事はありませんし、復縁しづらい状況に自ら追い込まれていく事もありません。