復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

2015年7月に茨城県でストーカー事件の裁判がありました。

被告は58歳の男性で被害者である女性とは15年に及ぶ不倫関係で前年に妻に不倫が発覚し、妻からは離婚を求められ、2014年12月には不倫相手の女性から絶縁を宣言されました。

年が明けた1月から始まったストーカー行為では「恥ずかしい写真をばらまくぞ。朝、車の近くに写真、ばらまいておくからね」といったメールを約20回送信したり、女性宅に「締まりは良いし、声は出てるし感じ方も最高の女です」等の内容を含む手紙を送ったりしたそうです。

この事件の被告は勤続40年の警察官という事なので驚きを隠せない事件となりました。

弊社の様な探偵業の認可を頂くのは公安委員会になる為、管轄としては警察の管轄です。

探偵を指導する立場の警察がストーカー犯罪を犯し、刑事事件として被告になっていたのですが、警察も身内に甘い判断ではなくキチンと事件化し、被害者を守る形を取った事は評価できる事ですが指導する側の警察がこの様な事件を起こしたというのは問題であるとも言えます。

被告が送ったメールの回数は約20回と報道されており、手紙や被告の職業よりも約20回のメール送信でストーカーとして認定されてしまう事は若干驚きを隠せませんでした。

正直に感じた事としてメールの送信20回というのは、そんなに多くないのでは…?と感じた程で、弊社にご相談頂く方々の中にはパートナーに「何度もメール(もしくはライン)をしてしまった」と仰る方は大変多く、話しを聞いていると20回以上の送信回数があるという方はとても多くいらっしゃいます。

送信したメールやlineの内容についてもお伺いしますが、総じてポジティブな内容ではありません。

だからこそパートナーから返事がないとも言えますが、復縁相談を頂く方々の中には2015年7月に茨城県で起きたストーカー事件の被告の様にストーカーとして事件化されてもおかしくない…という判断にもなります。

20回程度のlineでストーカーで逮捕!?と考える方に注意して頂きたいのですが、もしも一方的にパートナーにアクションをとっているならあなたもストーカーとして逮捕される日が来るかもしれません。

あなたが行っている事は、パートナーの気持ち次第で警察に通報や相談をされる行為なのです。

パートナーに気持ちがあれば許される事も、パートナーの気持ちが無ければ犯罪になる可能性を秘めているのです。

「パートナーは自分に対してまだ好意を持っているから大丈夫です。」と考える相談者もいますが、パートナーに好意を持たれているなら別れているのでしょうか?

通報する手間を面倒に思っていたり、通報すればあなたの行動が更に悪い方向に進むのではないか?と考えているから今は通報しないだけなのです。

それを好意があるから通報しないと捉えていれば全く捉え方が異なります。

パートナーからの拒絶を都合の良い方に解釈して「自分は愛されている」と思い込む妄想のままパートナーに連絡をし続ければストーカーとして逮捕される日が来るかもしれません。

本当にあなたに対して好意があるなら何度も一方的に連絡しなければならない関係にはなりません。

好意がないから別れに繋がっている現状を正しく理解しなければなりません。

正しく理解していると送る内容は異なりますし、送っていいかどうかの判断も異なります。

それが分かってなければストーカー扱いされるのも当然ですし、ストーカー扱いされれば復縁から遠ざかるのも当然です。

関係が破綻した事を受け入れるのはとても苦しい事ですが、、破綻を受け入れなければ復縁に繋がりません。

復縁したい方は、ご自身の状況が全く見えておらず状況が見えてないので本来のご自身を見失い、一方的に連絡をしたりするのです。

好かれていると勘違いをしていれば何故正直に愛してくれないのかと、まるでパートナーが悪いという言葉も出てきます。

しかし、今の自分は愛されていないと現状を受け入れるなら、どうすれば愛してもらえるか?を考えます。

パートナーに変化を望むのではなく、自分を主体において状況の改善に努める事が復縁にはとても大切ですが、ストーカー扱いされる方の思考はパートナーの気持ちの変化を求めるのです。

まず、あなたが今復縁したいなら連続メールは止めなければなりません。

恋愛は下手な鉄砲ではないので何度も連絡したから返信が来るものではありません。

パートナーにとって必要な連絡をするから返信は返って来るものであり、交際時はあなたに好かれたいので返信が来ていたものが来なくなったのは単純に好かれたいと思わなくなったからに他なりません。

好かれたい、好かれる理由がないという状態なら返信が来なくなるのも分かりますよね?

そして返信が来なくなるという事は連絡したいと思わないという事でもあり、連絡したいと思わないという事は、あなたに対して気持ちが残っていないという事です。

あなたに対して気持ちが残ってないという事は、あなたが何度もメールを送信すればあなたへの好意は薄れていきます。

もちろん内容にもよりけりですが、あなたが送る内容がパートナーの逆鱗に触れる事や恐怖を与える様な内容だった場合、あなたもストーカーとして逮捕される日が来るかもしれません。