復縁相談を承っていて、相談者の話しを聞いているとこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と感じる人は少なくありません。

相談者は反省の弁を口に出しはするものの、反省の弁を口にするだけで反省の気持ちが全く見えない状態で、反省の気持ちが全く見えない事を指摘すると『そんな事を言われる筋合いはない!!』と怒り出します。

誰の目から見ても反省していると捉えられるのが反省であり、一人の人や自分だけが反省していると捉える様な反省の言葉は何の反省にもなりません。

反省という点だけでなく、こんな人と復縁というよりも良く交際したな…と思える相談者はとても多く存在します。

本来、復縁屋は復縁を望む人の味方となって相談を承りますが、復縁を望む人の味方となるのはあくまでも相談者の元恋人を幸せにしたいと思う気持ちがあるからであり、無条件で相談者の味方になる訳ではありません。

無条件で復縁屋は相談者の味方となると考える人はとても自分に都合良く考える人であり、都合良い言葉だけを聞き入れるであろう事も分かるので元恋人は相談者の都合の良い考えに疲れたのだろうな…という想像もつきます。

他にも様々なこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…という人が多いのですが、相談者本人は露程にも自分が第三者からこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と思われているとは思いません。

相談を承っていると、よく今まで大きなトラブルも起こさず生きて来れたな…と思える相談者も多数存在し、別れを告げられて苦しんでいるのも当然とさえ思える相談者もいらっしゃいます。

自分がどんな風に見られているかすら気付いていないこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と思われる相談者を例に挙げますので復縁できない人から復縁できる人に変わる為の参考にして下さい。

とてつもなく嫌われている自覚や嫌われる人間だという自覚がありません。

  • 突然連絡が途絶えました。
  • 明らかに拒否されています。

普通に生活していれば決して経験しない事をこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と感じる人は経験します。

これまでの関係は悪くなかったと思っていたのに突然相手から連絡を遮断されてしまった…。どうしたらいいのか全くわからない…と復縁相談される方は少なくありませんが、関係は悪くなかったと思っていたのに連絡を遮断されてしまう事は普通に生活をしていたらあり得えません。

普通に生活をしていたらあり得ない事をされてしまったのですから、どんなにポジティブに考えても嫌われている事は分かるはずですが、中には『ちょっと怒ってるだけでその内向こうから連絡が来ると思います。』といった都合の良い考えを持つ相談者もおり、『本当に連絡が来ると思っていてあなたの事が必要だと思っているなら弊社に相談する必要はないんじゃないですか?』と質問すると『なんであなたに私達の事が分かるんですか!!』と怒り出す相談者もいらっしゃいます。

突然キレ出したり矛盾している事を指摘すると受け入れる事が出来ない人と仲良くしたいと思う人はいませんし、元恋人から嫌われている事も自覚してない相談者は復縁相談を承っていてこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…とスグに気付いてしまいます。

元恋人から『前に付き合ってた人は相当クズなんだよね』と言われてる可能性を考えた事がありますか?

弊社では復縁工作のご依頼を頂いた際に対象者に接触して依頼者様の復縁したい相手の方に工作員を接触して交際時の状況について話しを聞き出す依頼を多く頂いています。

対象者にである元恋人に接触した際に工作員はあまり聞きたくない言葉を聞かされる事もあり、聞きたくない言葉の中には対象者から「あいつクズなんだよね」という言葉も含まれます。

復縁工作の契約前に依頼者様からヒアリングをさせて頂き、依頼者様の話しが本当なら復縁の可能性があると判断させて頂いたので依頼を承るのですが、それであっても対象者から『前に付き合ってた男(女)は本当にクズでさ~』という話しを聞かされる事があり、それ以前にこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…という相談者の場合、クズと言われる程度であればまだマシな方であり、ほとんどの対象者が『そんな奴の事を思い出すと吐き気がするから二度と思い出したくない。』といった様に相当嫌われている事があります。

復縁相談時の接点しかない復縁屋にこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と思われる人は恋人という密度の高い関係を構築していた関係の人には相当嫌われているケースが往々にあり、別れを告げられるのも当然の事で復縁できないのも当然の事で、なによりあまり接点のない相手との間ですぐに嫌われる様な人ですから誰にでも嫌われる要素がある方に復縁の可能性を見出す事は出来ません。

元恋人から『前に付き合ってた男(女)は本当にクズでさ~』と言われてる可能性について考えてみれば自身の人間性等の問題点にも気付ける様になるので復縁したいなら自身を省みる必要があります。

復縁屋が「あなたの〇〇なところがクズだと思われていますよ」と言えばアドバイスをしても聞く耳を持たないから【言わない】

こんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と思わせられる相談者に復縁屋も人間ですからクズだな…と思う事もあります。

しかし、初対面の人間からクズ呼ばわりされて話しを聞こうとする人はいません。

復縁屋はどうにかして復縁の可能性を…と考えるのでアドバイスを聞かせる姿勢を作ろうとしますのでクズという言葉を使いませんが、物事には限界があり、復縁の可能性を見い出せない人に対して相談を承る必要もありませんし、クズという言葉は使わなくても話すだけ無駄という姿勢を見せます。

アドバイスをしても聞く耳を持って頂けなければアドバイスの意味がない為、クズという侮辱的な言葉を相談者様に復縁屋が伝える事はありません。

嫌われている事を理解しようとしない人は復縁できないだろう…とスグに気付きます。

交際期間は数年、一か月ほど前に別れた彼は家を引越し、電話番号も変え、lineもブロックという状態で「でも彼はまだ私の事が好きなんです」という言葉や「私も彼が好きで結婚したいと思っています」という言葉を復縁相談時に頂く方がいますがこんな人とは復縁したいって絶対思ってくれないよな…と気付きます。

普通の人は彼は相談者の事をまだ好きという言葉に疑問を感じると思います。

  • 彼は自分から逃げた。
  • 自分の事が嫌いだから逃げた。

嫌われている事が分かって絶望するなら分かりますが、相談者を好きだけど逃げた。と、説明されても理解出来ない事を説明してきます。

避けられている事に気付かず、逃げられた事に気付いてないので『相談者の彼の気持ちになって考えてみましょう。』とお伝えさせて頂くのですが『考えてます!!』と仰います。

少し考えれば分かる事かと思いますが、少し考えれば分かる事も分からない人が復縁できるのだろうか?と考えます。

相談者本人は考えているつもりでも、考えてすぐに分かる事が分からない様なら復縁以前によく交際出来たな…と感じます。

よく交際出来たな…と感じる人が復縁を考えた時に交際が終わり、再度魅力的な異性として現れるのは難しい事ですし復縁は難しいと言わざるを得ず、復縁できないだろうな…とスグに気付きます。