復縁したい

駆け引きで別れようと言ったら相手も応じてしまった場合の復縁活動

(株)ジースタイル

(株)ジースタイルは一人で復縁活動をしても復縁出来ない相談者様達から復縁相談を頂き、復縁出来る可能性について無料で診断させて頂いています。 年間3000件以上の復縁相談を頂き、一人で復縁出来る可能性が有る方には無料復縁相談で復縁成功に導き、一人で復縁出来る可能性が無いと診断させて頂いた相談者様には復縁工作の方法をご提案させて頂いています。 復縁工作のご依頼を頂き、相談者様の復縁したいパートナーに工作員を接触させて別れの本当の原因を解明する事や、復縁を意識させる心理誘導を行い、復縁して頂いた方々を多数輩出しています。 もちろん依頼者様のご協力がなければ復縁成功には至りませんが、復縁の悩みを抱えて日々の生活に支障をきたしていらっしゃるのでしたら、まずはご相談下さい。※現在22歳未満の方からのご相談は承っておりません。

復縁屋ジースタイル

(株)ジースタイル

復縁屋には、恋愛経験の少なさや、気持ちばかりが先走ってしまい、駆け引きのつもりで『別れよう!!』と伝えたら、本当に別れる結果となってしまった…という相談者様からのご相談を頂く事もありますが、恋愛の駆け引きも含めて、駆け引きがあまり上手ではない相談者様が多い事に気付きます。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

元カレや元カノに『別れよう!!』と伝えても、きっと止めてくれるハズ…という目論見が外れ、『そっか…仕方ないね!!別れよう!!!』と言われた時に、別れるつもりが無かったので、『冗談なのになんで別れようって言えるの!!』と、逆に縋ってしまい、縋った事で試したのか!?という気持ちを与えてしまい、別れを告げられた相談者様も少なくありません。

元カレや元カノが応じないと思っていたから言ったものの、元カレや元カノが応じてしまった事で気が動転してしまい、想いも寄らなかった結果になり、どうすれば良いかも分からなくなり、自ら別れを告げたからフラれてない!!と、プライドを保つ相談者様もおり、フラれてないし、自ら別れを告げたんだから、元カレや元カノも復縁はしたいハズ!!と現実を見ずに、現実的ではない復縁の悩みを抱える相談者様から復縁屋には多数の相談が舞い込みます。※参考ブログ:プライドが高い自分を受け入れないから現実が見えず復縁出来ないのです。

駆け引きは上手くできない人がするべきではない最悪の復縁方法

駆け引きは、恋愛の醍醐味の一つとも言えますが、単刀直入に言えば、余程の恋愛経験が無い人以外、恋愛の駆け引きはするものではありません。

恋愛の駆け引きは、簡単な様で難しく、駆け引きといえば聞こえは良いのですが、心理学的に駆け引きは試し行為とも呼ばれるもので、自分が愛されているか?を確かめる為に駆け引きをする人は、相手から愛されている事や愛されていない事が分からないのですから、駆け引きをすれば引くところを引けず、引かなくてもいいところで引いてしまうので、駆け引き自体が出来る人ではありませんし、駆け引きをした時点で、破滅に向かっている可能性を作り出しているのです。

試し行為をされた元カレや元カノは、直接的に試されている!!と感じずとも、試し行為が続けば試される事に疲れてしまい、『もういいよ…』となってしまいます。

もういいよ…となってしまっている事にも気付かないのですから、何度も繰り返して試し行為をした後に、完全に元カレや元カノの心を折ってしまい、別れを告げられてしまうのです。

恋愛経験が豊富な方であれば、どこまで駆け引きをすればいいか?を分かっていますし、踏み込んではいけないところまで行かずに、元カレや元カノから愛されている事を察知します。

元カレや元カノの気持ちを察知していながら駆け引きをするものと、元カレや元カノの気持ちが分からないから駆け引きをするものでは異なるので、元カレや元カノの気持ちを分からずに駆け引きをしてしまった相談者様たちには、復縁屋は元カレや元カノの気持ちを分かるような自己改善をする様に推奨しています。

駆け引きで「別れよう」と言ってしまう原因は複数あります

駆け引きで『別れよう!!』と言ってしまう原因は複数あり、自分が愛されているか?を試す行為の他にも、自分に自信がない、元カレや元カノとの関係でマウントを取りたい!!過剰に尊重されたい!!浮気しない様に足枷を付けたい!!等の理由があります。

自分に自信が無い人は、「本当に愛されているのだろうか?」と勝手にネガティブな感情に捉われてしまい、駆け引きを用いてしまうのですが、駆け引きを知らず知らずの内に用いている事もあり、ネガティブな感情が邪魔をして関係を悪化させる原因となっている事もあるので、注意しなければ繰り返して嫌われてしまう事があります。

相手との関係でマウントを取りたい、過剰に尊重されたい。という気持ちが強くなった時にも意識せずに駆け引きを行っており、マウントを取りたい気持ちや過剰に尊重されたい気持ちは分からないでもありませんが、それらを繰り返すと関係悪化に繋がる要因にもなり兼ねないので注意が必要になります。

相手が浮気しないように足枷をつけようとして駆け引きを行ってしまう時も、相手を不安にさせて、自分になびくように誘導したい気持ちの表れで、その気持ちを相手に気付かれると、相手に嫌気を感じさせてしまう可能性があるので注意が必要になります。

駆け引きで別れようと言ってしまったら復縁できるのか?

駆け引きで相手に『別れよう!!』と言ってしまっても復縁出来ますか?というご相談は多いのですが、結論から言えば復縁できる可能性は十分にあり、駆け引きをして交際しようとしていた自分自身について、計算して交際しようとしていた事が間違いである事に気付いて改善すれば、復縁できる可能性はあります。

下手な駆け引きを用いて相手を試そうとする事や、充分に愛情を与えてもらっていても、愛情を受け取る事が出来ない自分自身にも気付かなければなりませんし、自分で出来る自己改善には限度があるので、復縁したいなら協力者の存在が必要になり、協力者から何かを指摘されたから、『頑張って直す!!』と、直し方が分からないのに、頑張ればどうにかなるかのように考える方には、無意識で駆け引きをしているのですから改善されませんし、改善されないのに頑張っている姿を見せようとすれば復縁は難しいとも言えます。

相手を疲れさせない交際の仕方が求められても、協力者が伝えても伝わらない…と感じてしまうような形を取れば、協力者ですら疲れさせてしまうのですから、元カレや元カノとの復縁は難しいと言わざるを得ません。

恋愛の駆け引きが復縁したい可能性を高めるから駆け引きについて学びたい

復縁する為に、恋愛の駆け引きを覚えて利用すれば、復縁出来るかもしれない!!と考える方はとても多く、弊社にも、恋愛の駆け引きを覚えたいです!!と仰る相談者様がいらっしゃいますが、恋愛の駆け引きは誰しもが行っている事であり、恋愛の駆け引きを覚えたい!!ではなく、恋愛の駆け引きが上手ではないいから恋愛の駆け引きを覚えようとしている事にも気付かなければなりません。

ラインを送ると仕事中で返せなくて、既読を付けるのが遅くなる事もあると思いますが、それに至っても恋愛の駆け引きになりますし、状況に合わせて皆さんが駆け引きを行っているのに、駆け引きを覚えようとするのは、そもそも間違っているのです。

意識して駆け引きを使っているか、無意識に駆け引きを使っているか、状況で仕方なく駆け引きになっているかであり、そもそも駆け引きって何を指すんだろう?とお考え頂けば、駆け引きを学んで復縁を…と考える必要もありませんし、駆け引きを学ぶ前に、相手の気持ちを考えられる様になると自然と駆け引き上手になれるのです。

駆け引きが下手な人は、冷却期間などを空けるテクニックに頼った駆け引きを使う事もありますし、テクニックに頼って駆け引きをしようとしても駆け引き自体をそもそも理解していなければ駆け引きが上手くいく事がありません。※参考ブログ:【テクニックや裏技】で復縁する方法を探す方は絶対に復縁出来ないと知って下さい。

そして、駆け引きを覚えるには、一番は相手の気持ちを考える事が求められますし、相手の気持ちを考えられるようになれば駆け引きも上手になれるのです。

復縁する為に恋愛の駆け引きを使おうとする人は多いけど…

復縁する為に駆け引きを使おうとする方が辿り着く答えは、冷却期間を設ける事や、ラインの送り方のような、分かり易い駆け引きを学ぼうとするのですが、相手の気持ちを理解しようとする姿勢が全く無いので、駆け引きを用いて復縁しようとして、相手の気持ちを理解していない駆け引きを使うので、嫌気を感じさせてしまい、距離を置かれてしまいます。※参考ブログ:【冷却期間について知りたい!】という相談者様へ。復縁活動に必要な冷却期間の基礎知識

冷却期間を例に考えると分かるのですが、冷却期間を設けて復縁出来るのは、元カレや元カノも相談者様の事を好きである事が大前提になりますが、相手の気持ちを考えずに冷却期間を空けるので、相談者様を好きではない元カレや元カノは期間を空けた事で、相談者様との縁は完全に切れた!!と喜んでいる事に気付きません。

具体的にどんな時が駆け引きを使ってるの?

分かりやすい様にもう一度冷却期間で例えるなら、ケンカをして謝れば相手の条件を全て飲まなければならない!!と分かっている時に、先に謝らせて交際を優位に持っていく為に駆け引きを使いますから、先に謝れば、相手の条件を全部飲まなければならないので、条件を緩和させる為にわざと距離を空けます。

距離を置くのは、全て飲むのは嫌だ!!!という意思表示でもあり、全て条件を飲むなら交際を継続させるのは難しい!!という姿勢を取る事で駆け引きを使い、条件を緩和させ、交際を継続させる為に駆け引きを用いますが、この条件の緩和を求める際の前提条件として、相手も自分と同等の立場である事が求められ、『私の事を好きならあなたも妥協してね。』という意思表示が駆け引きとなり、既に好きではない相手から、『私の事を好きならあなたも妥協してね。』という状態を作られれば、駆け引きを使う前提が崩れているのですから、駆け引きにはならない事に気付かなければならないのです。

対等の立場という条件がなければ駆け引きは成立しないのです。

復縁したいので駆け引きを覚えよう!!という相談者様たちは、駆け引きは前提として対等の立場でなければ成立しない事を理解されていません。

別れを告げられた、もしくは試し行為で別れを告げて受け入れられてしまった時点で、立場は対等ではありませんし、対等ではない立場の人が駆け引きをしようとすれば、ストレスを相手に与えるだけになってしまいます。

お客さんとお店は、商品を売りたいお店側と、商品を買いたいお客さんの立場で対等なので、値段交渉という駆け引きを使える事がありますが、無理をして買ってくれなくても構いません。というお店と交渉しようとしても、お店は交渉に応じる理由がないので、応じませんし、復縁を望む相談者様たちは、相手は復縁したいと思っていないのですから対等の立場という条件に当て嵌まらないので、駆け引きは成立しないのです。

復縁する為の恋愛の駆け引きはどうやって使う?

復縁する為の恋愛の駆け引きは、もう一度自分を好きになってもらう為に使うものであり、もう一度自分を好きになってもらう為に使う恋愛の駆け引きが復縁には求められます。

相手にもう一度好きになってもらう駆け引きを使う為には、相手の気持ちを考えらえれるようになっていなければなりませんし、相手の気持ちを考える事が出来て初めて駆け引きを使えるものになります。

復縁する為の恋愛の駆け引きは気持ちが戻って来るかも!?と何も期待出来ない事に期待する事ではありませんし、何もせずただじっと待っている事を駆け引きと呼ぶ事はありません。

好かれる為の行動が駆け引きであり、何もしないで待っているだけの時間を駆け引きと考えている様では、復縁する為の恋愛の駆け引きを学ぶ事は出来ません。

期待するだけの行動は駆け引きとは呼びません。

何をしたらどう思うか?

何を伝えたらどう動くか?

駆け引きとは相手の心理状態を読み解く事が出来て初めて成立するものです。

復縁する為にはもう一度好きになってもらわなければなりませんから、好きになってもらう為の行動が駆け引きには求められます。

期待するだけでは期待は完全に裏切られますし、裏切られるのが当たり前の状態にも関わらず、裏切られた…と落ち込む理由はありません。

期待するだけでは行動とは呼びませんので期待するだけではなく相手の心理状態を読み解いた行動が求められます。

ラインで復縁の駆け引きをしようとする人達の間違い

ラインで復縁の駆け引きをしようとする人の大きな間違いは、謝罪=許してくれる。と考える事です。

許す=復縁ではありません。

また好きになった=復縁です。

謝罪すれば許してくれると思っている方々は、許してもらえる前提の謝罪になっているので、駆け引きをしても負けるのです。

例えば、商品を売る時に、売れる前提なら駆け引きをする必要がありませんし、売れない可能性があるから、売れる為にお客さんがこの値段なら買ってくれるかな?という値下げをしたり、閉店セールだから安くなっているかも!?と考えさせるものであり、売れる前提で駆け引きをするお店はないので、駆け引きをしてきますが、売れる=許してくれる、という認識でラインのメッセージで許してくれる前提の謝罪をするので、元カレや元カノは駆け引きに応じてくれないのです。

復縁したいなら客観的視点での駆け引きが必要

復縁したいなら客観的視点での駆け引きが必要になり、客観的視点での駆け引きとは、当事者には気付きづらい部分を利用した駆け引きになり、当事者には分からない事が沢山あります。

別れの原因はもちろん、自分の癖、気付かぬ内に他人を不愉快にさせていた事等、客観的視点での駆け引きには、あなたの抱える問題点を消しながら好かれる為のやり取りが求められます。※参考ブログ:復縁方法を探すよりも元カレや元カノに【好かれる為に何をすれば良いか?】を考えなければなりません。

物事を冷静に分析するのはとても難しい事なので、客観的に置かれている状況を判断出来ない方も多いですし、置かれている状況を判断出来ないのですから、状況を正しく分析する事も出来ず、何を伝え、どう気持ちが動くのか?が分からないので、駆け引きを覚えれば復縁できるかも!?と考える様ですが、駆け引きを覚えるよりも先に、相手の気持ちを理解する事が先決であり、その上で客観的視点での駆け引きを行える様になるのです。

余計な駆け引きをしたから復縁できなくなった人は少なくありません。

駆け引きをする前に、相手の気持ちを考える事が出来なければ駆け引きは通じませんが、相手の気持ちを考えずに、余計な駆け引きをするので、元カレや元カノに不快感を与えてしまい、復縁出来なくなった人は数知れません。

元カレや元カノと連絡が取り合えているなら、駆け引きを使って、もう一度恋愛していた頃の気持ちを取り戻すのは可能ですが、相手の気持ちも考える事が出来ず、余計な駆け引きをして、テクニックに頼った復縁活動をするから復縁出来なくなった人は少なくありません。

余計な駆け引きを使おうとすると、明らかに駆け引きをしてはいけない場面で駆け引きを使う方もおり、駆け引きを出すタイミングも含めて、相手の気持ちを理解していなければ駆け引きのしようがない状態で駆け引きを使おうとすれば、余計な駆け引きとなり、相手の気持ちを逆撫でするような事もあり得ます。

駆け引きが失敗して別れてしまったなら、復縁工作で相手に復縁したい気持ちになってもらえばいい

駆け引きが失敗して別れてしまった状態から復縁を目指す際、ネックとなる事があり、自分から別れる事を良い出してしまった為に、復縁したい!!というアピールがし辛くなっている点があり、相談者様からも、自分から別れを切り出してしまった手前「復縁したい」と言い辛い、既に復縁について匂わせることを言ったが、「あなたから別れるって言ったんだし…」と相手が乗り気ではない、駆け引きの方法が最悪だったせいで、そもそも連絡手段がブロックされていて連絡がとれない。といった問題が発生しているケースもあります。

元カレや元カノの言い分として、自分から別れを切り出したのですから、再度「やっぱり付き合いたい!!付き合い続けよう!!」というのはとても都合の良い言葉に聞こえますよね。

それでも、元カレや元カノを好きな気持ちを諦めきれない…という時は、復縁工作という方法もあります。※参考ブログ:復縁工作について。本当に復縁したいなら復縁成功率を上昇させる方法

復縁工作でしたら、元カレや元カノから『やっぱり復縁したいけど無理だろうか?』と言わせる様に促す事も可能ですし、状況によってはスムーズに復縁に進む事もあります。

どうしても復縁したい、どうしても諦めたくないといったお悩みをお持ちの方は、是非1度復縁屋ジースタイルにご相談ください。

本当に復縁したい方へ

復縁屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋ジースタイルの復縁ブログをご覧頂いている読者の方から、「私の事を書いてますか?」と仰る相談者様がとても多いのですが、復縁出来ない特徴を持っている相談者様は共通している事が多々あります。なぜ復縁出来ないのか?という点を考えて頂くと、皆様が同じような経験をして別れ話を出されていますが、パートナーが別れを告げた具体的な部分に関しては復縁屋ジースタイルも具体的なお話しをお伺いさせて頂いた訳ではないので分かりません。それらが分かるから問題点を改善させて頂く事で復縁の確率を上げるのが復縁屋ジースタイルの業務となっており、実際に復縁工作のご依頼を頂く事で復縁成功者を多数輩出しております。本当に復縁したいなら一人でどうにか出来ない状況を一人でどうにかしよう!!と藻掻くのではなく、一人でどうにか出来ない状況を自覚し、専門家の力を借りるという選択をするのは間違いではありません。 本当に復縁したい依頼者様からの復縁相談を頂き、過去の成功実績や経験に基づいて、復縁出来る確率を上げる復縁工作を行う事で本当に復縁したい!!という依頼者様の気持ちをサポートする復縁屋ジースタイルに復縁の悩みを抱えていらっしゃいましたら一度ご相談下さい。

-復縁したい
-, , , , , , ,