KY(空気を読めない人)という略語が以前に流行り、現在でもKYという言葉は浸透していますが空気を読まない、読めないという意味のKYな人は正直申し上げまして復縁はとても難しくなります。

空気を読めない人と話しをしていても恥ずかしい思いをするだけではなく、距離が近ければ近いほど怒りが湧いてきます。

『なんでそんな事をするの?』という様な事を言われた事ありませんか?

直接言われてなくても態度で明らかに不満を抱えている状態にさせてしまった事はありませんか?

不満は口にしなくても不満を持っている事にはKYではない人は気付きます。

KYな人は不満を感じさせている事すら気付かないので別れを告げられます。

そして別れを告げられる理由はKYであるにも係わらず本人はKYである事に気付いていないので別れの理由を告げられても理解出来ないのです。

もしもあなたがそんなKYな人だったとしたら…?

自分はKYな人間ではない!と思っているかもしれませんが気付かない間にKYな発言やKYな行動を繰り返して別れを意識させてしまった事や復縁したくてもKYな行動や発言が邪魔をして全く復縁を意識してもらえないとしたらKYな自分を変えなければ復縁できないと思いませんか?

自分を変えなければ復縁できないのですがKYな人は自分がKYだと気付かないので自分を変える事も自分の力では出来ないと思いませんか?

KYなので自分に問題がある事にも気付きませんし、自分に問題がある事に気付いても直し方が分かりません。

どうすれば復縁できるだろう…?と考え、復縁する方法は一つしかないのですが復縁する方法を探してもKYの直し方という方法はネットにはありません。

復縁したくてもがけばもがくほど復縁できない事に焦り、焦りから更に元恋人に嫌われる様なKYな発言や行動をしてしまい復縁できない道をひたすら進みながら『復縁したい!!』と口にします。

空気が読めない事を友達から冗談半分で指摘された事がある人や空気が読めない事を受け入れてくれている友達がいる人、本当に復縁したいなら今一度自分がKYな発言や行動をしているかもしれない…と疑ってみなければならない時があります。

あなたはKYな人ではないかもしれません。

しかし、もしかしたらKYな人なのかもしれません。

空気が読める、読めないだけで人間関係は簡単に壊れてしまう事もありますので今の自分を疑っていただき、もしもKYの可能性があり、その可能性が否めないなら逆を言えば復縁のチャンスを作る事が出来るとも言えますので本当に復縁したいなら自分の力だけでどうにかしようとせずにプロに相談する事をお勧めします。