復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

縁を取り戻す復縁を考えている相談者の中には都合の良い妄想を働かせて、妄想の中では復縁できる相談者がいらっしゃいます。

パートナーとの縁を取り戻す為に妄想を働かせていても現実に即していないのですが、現実に即した考え方を持てずに妄想の中の話しをされる相談者には『もう少し現実を見た方が良いですよ。』とお伝えするしかありません。

現実に即した考え方を持てなければ復縁出来る事はありませんし、現実に即した考え方が出来ないので別れを告げられたとも言えます。

妄想するのは楽しいですし、妄想は自分を否定する事がないのでとても楽な事ですが、自分に都合のいい妄想はパートナーには伝わりません。

例えば、パートナーからlineをブロックされ、復縁工作のご依頼をいただいてlineのブロックを解除したところで復縁できるとは限りません。

何かの拍子でlineのブロックを解除されて連絡をしたら再度lineのブロックをされてしまった方を復縁屋は沢山見て来ています。

自分に都合の良い妄想をするのでlineのブロックを解除して来てた=復縁できる。と考える人は多いですし、lineのブロックを解除した=自分の事をまだ忘れてないんだ!と考える都合の良い妄想を繰り返す相談者はいつまでも妄想を繰り返すので復縁できないのです。

妄想を繰り返し、現実を見なければ何も得られるものはありませんし、妄想を繰り返しているとパートナーの事も妄想の中で処理してしまう為、現実に即した復縁活動を行う事が出来ません。

lineのブロックを解除された事で、パートナーも復縁したいと思っているのでは?と妄想してしまう方には妄想の先に復縁はない事をお伝えさせて頂いています。

何故ブロックされたのか?という理由を理解しようとせず、妄想の話しでパートナーとよりを戻せると誤解したまま会話を進めていったらパートナーはどう思いますか?

lineを送る時の内容もパートナーが自分の事を好きだという妄想の話しでパートナーに接したら、パートナーからは『えっ!?何を言ってるの?』という話ししかされません。

妄想の中で自分は別れの原因を理解している!!

そして、別れの原因は改善されている!!!と都合良い妄想のままパートナーに連絡を取った末路はどうなるでしょう?

妄想の話しをする相談者は「更に嫌われました。どうすればいいですか?」と相談してきます。

妄想のままパートナーに接しても、相談者様の妄想はパートナーに届いている事もありませんし、相談者様の妄想はパートナーと共有している訳ではありません。

妄想は共有されていないのですから、パートナーに妄想の話しをされても意味が分からない状態になるのでパートナーから更に嫌われます。

パートナーから更に嫌われたいなら、自分は改善されている、自分はパートナーから好かれている!と妄想のままパートナーに接すれば良いと思いますが、パートナーと復縁したいなら妄想の中での出来事を現実として扱っていればパートナーから好かれる事もありませんし、復縁を意識してくれる事もありませんし、あなたが求めているものは現実社会では何も手に入らないのです。

本当に復縁したいなら妄想世界で生きていても叶う事はありません。

現実的に見て妄想のままでは復縁できない事を知り、妄想の世界から抜け出せなければ復縁できない事を忘れてはいけません。

あなたが妄想の世界から抜け出せず、現実を直視しないでパートナーに接するから、パートナーから『えっ!?復縁する気なんて全くないよ。』と現実を突き付けられるのです。

そして悲しい思いをするなら最初から現実を見て、妄想の世界から抜け出して復縁活動に勤しんで下さい。