復縁方法を探していると最終的に辿り着くのは自己改善になります。

冷却期間やメール、lineの送り方等のテクニックは自己改善という基本を利用したテクニックになり、テクニックを応用する為に自己改善が大切だと気付けない人は復縁できる事はありません。

復縁する為に自分磨きをする人が冷却期間やlineの送り方でいつまで経っても悩みますが、冷却期間やlineの送り方について弊社にご相談頂く方は自己改善が全く出来ておらず、自己改善せずに冷却期間やlineの送り方で悩んだところで根本的な理解が出来ていないのですから無意味な悩みを抱えている事が分かります。

『自己改善すれば復縁できるの?』という質問をされる事がありますが、自己改善すれば必ず復縁できる訳ではありません。

改善されていく事で自分が元彼(元彼女)に何をしたのか?に初めて気付き、『復縁できるんだろうか…?』と復縁の難しさに気付きます。

自己改善を行い、事の重大さに気付くと元彼(元彼女)に対して何をどうすれば良いか?も理解出来る様になりますが、同時に1人では何も出来ないのでは?という事にも気付きます。

1人では何も出来ない事に気付くので復縁屋に頼る選択肢にまで至るのですが、自己改善をした結果、改めて復縁の難しさを知り、難しさに向き合えない方は復縁を諦めます。

復縁方法を辿れば自己改善に辿り着き、自己改善が進めば復縁の難しさに当たり、自己改善がなければ復縁できませんが、自己改善すれば復縁できる!と考える相談者には『自己改善はとても大切ですが、自己改善したから復縁できる訳ではありません』とお伝えさせて頂いています。

元彼(元彼女)との関係性にあった悪いところを改善すれば復縁できるの嘘

元彼(元彼女)との関係性で問題があり、問題があるから問題を解決しなければならない!と考えるのは間違いではありません。

しかし、悪いところを改善したから復縁できる訳ではなく、悪いところを直す事にだけ集中する自己改善を行ったところでマイナスをゼロにするだけでプラスに転化する事はありません。

『悪いところを直しました!』と若年層の相談者の方々は口にするのですが、相談を承っていると悪いところが全然直っていない相談者も少なくありません。

マイナスをゼロに変える事は悪い事ではありませんが、プラスに転化しないのですからマイナスをゼロにしたところで復縁できる訳ではありません。

悪いところを直すのは良いところをより良く見せる為の作業であり、悪いところが直ったからイコール復縁できるにはならない為、元彼(元彼女)との関係性の中にあった悪いところは直すのは当然であり、直って初めて復縁に向けて進み出した程度であり、自己改善をして悪いところが直ったから復縁できると信じている方は誤解しない様に気を付けて下さい。

悪いところを直すだけが自己改善ではない

悪いところを直すだけが自己改善ではなく、悪いところも良いところも改善させてより魅力的な異性になるのが復縁する為の自己改善になります。

付き合っていた時に悪いところを直していたら別れないで済んだでしょうか?

付き合っていた時に直さなかったところを直せば復縁できるのでしょうか?

悪いところも良いところも改善するから自己改善と言います。

悪いところを改善してもゼロにはなりますが、プラスに作用しないのですから悪いところだけを改善する自己改善では復縁できません。

プラスを作る為には、あなたの良いところを伸ばさなければなりませんし、良いところを伸ばす為の自己改善も進めなければ自己改善ではないのです。

良いところをより良いものにするのは難しい事ではありません。

悪いところをゼロにするのはとても難しい事になります。

両方が出来て初めて自己改善になり、悪いところを直す自己改善を相談者の方々は目指しますが、悪いところを直すだけが自己改善ではない事を忘れない様に心掛けて下さい。

復縁したいなら必要な自己改善とは?

復縁したいなら必要な自己改善とは悪いところを直し、抱えている問題をゼロにし、元彼(元彼女)が判断したあなたの良いところをより良く改善し、交際する価値のある人に変貌する自己改善が求められます。

交際する価値がないから別れを告げられたので自己改善という言葉に到ったと思いますが、あなたと交際する価値を付ける自己改善をしなければなりません。

元彼(元彼女)が交際したい価値のある異性とはどんな異性なのか?は元彼(元彼女)にしか分かりません。

外見重視なのか内面重視なのか、元彼(元彼女)の気持ちは元彼(元彼女)にしか分かりません。

元彼(元彼女)にしか分からない事を、あなたが元彼(元彼女)なら〇〇だと考えるだろう…と、あなたの都合で考えて自己改善したところで元彼(元彼女)はあなたと交際したいとは感じません。

大抵の方々が元彼(元彼女)の気持ちや意志を汲み取って自己改善するのではなく、自分が望む人になる為に自己改善という言葉を使います。

自分が望む人物像に寄せていく自己改善を行うので自己改善をしても復縁できる確率を上げられない相談者は大変多いのです。

復縁したいから自己改善しています!!という相談者の現実

復縁相談を頂く方々は口を揃えて『自己改善を頑張っているんです!!』と仰います。

自己改善を頑張って頂くのは悪い事ではありませんが、上述した様に相談者のほとんどが元彼(元彼女)が望む自己改善ではなく、自分が望む自己改善を行います。

酷い相談者の中には「実際にどんな自己改善をしていますか?」という質問をすると『仕事を頑張ってます!』と口にする人や『美容院に行って髪型を変えたりメイクを変えました!!』という相談者もいます。

『元彼(元彼女)から仕事をちゃんとしなさいって言われたんですか?』という質問をすると『元彼(元彼女)は仕事の事は口出さないタイプなんで言われた事はありません!』と胸を張って仰る相談者もいらっしゃいます。

最早自己改善でもないのですが、本人は自己改善を頑張っている!と思い込んでいます。

ネットには自己改善をすれば復縁できる!といった情報が沢山出回っていますが、自己改善をする前に自己改善について調べて理解する事すらしなければ本人なりの自己改善をしたところで復縁できる訳がありません。

自己改善だけでは足りないので復縁工作の依頼を請けた復縁工作の成功事例

依頼者Aは相談時に自己改善を頑張っているけれど、自己改善だけでは復縁出来ない気がするとの復縁相談を頂きました。

話しを聞いていると対象者からは連絡を一切断たれてしまい、対象者にAが変わった姿を見せる事が出来なければ復縁は難しい訳ですし改善した姿を見せる為に復縁工作の依頼を検討せざるを得ない状況との事でした。

Aの変化を見せる為にAが単独で行動したところで見せる事はほぼ叶いません。

そして連絡を一切断たれた状態で何か月も連絡を待っていたところで連絡が来る事もないのですから自己改善しただけでは復縁できないのは確定です。

復縁工作の依頼中にAがどんな自己改善をしていたのか?を聞かせて頂きましたが、対象者がAに望んでいた事とAが独自で自己改善した事は全く異なり、Aの努力が全く無意味とは言いませんが、復縁する為の自己改善ではなく自己満足の自己改善を行っていた事に気付きます。

自分を変えようとして自己改善する気持ちは間違っていないのですが方法を間違っていた為、偶然の再会を装ったところで復縁は難しいであろう事が分かり、対象者から聞き出した情報を元にAは改めて自己改善を行い、間違った方向に進まない様にAにアドバイスをさせて頂き、自己改善を進める事となりました。

元々Aの長所については対象者も好感を感じていた為、Aの長所を伸ばす為に悪いところをゼロにしながらAの長所を伸ばす為のアドバイスを行いました。

対象者の望む異性の姿として魅せられると判断した担当者がAと工作員を偶然再会させる方法に移行し、偶然の再会を装った際に対象者が以前のAとの違いに気付きます。

Aの変化に気付き、少しづつAとの関係が良好になっていき、対象者からの印象も良くなってきたところでAから復縁の申し入れをして復縁に繋がった復縁工作の成功事例になります。