復縁相談をいただく方の中に男運がない事や女運がない事を口にする人がいますが、男運や女運というものはありません。

運は結果として後から気付くものであり、運があるかどうかの選択は自分自身で先に決めるモノです。

男運がないという人は男性を見る目がない女性であり、女運がないという人は女性を見る目がないという男性になります。

そして『私って男運がないのよね…』という女性と『俺って女運がないからな~…』という男性は共通して運のせいにしていますが、自身の異性を見る目がない事を理解していない事が分かります。

出会いの運はありますが、異性を好きになるのは自分であり、自分が相手を好きになるかは運ではありません。

好みの異性のタイプが男運や女運がないと感じさせるタイプであり、相談者様が自分の問題ではなく相手の問題として捉えるタイプである事も分かります。

恋愛が下手な人ほど運が悪いと相手のせいにして片付けようとするのですが恋愛が上手い人は相手のせいにするのではなく自分に問題があると考え、同じミスをしない様に考えます。

同じミスをしない様に考えて行動するので男運や女運がないという結果にはなりませんし、男運や女運という言葉を使う機会がほとんどありません。

男運や女運が悪いという言葉を使わない人は恋愛が上手なので復縁で悩む事もありませんし、弊社の復縁ブログに辿り着く事もありません。

少なくとも弊社の復縁ブログに辿り着いた方は男運や女運が悪いのではなく恋愛があまり上手ではないという自覚を持った方が男運や女運に左右されず恋愛出来るようになるのです。

顔もスタイルも良いのに何故か恋人ができない人。

顔もスタイルもいまいちなんだけど何故かモテる人。

男運や女運が悪いと相手のせいにしている人は前者であり、相手のせいにしない人は後者になります。

相手のせいにする人は自分を磨く事には長けていますが、自分を磨くだけで相手の気持ちや相手の考えを理解しようとしないので魅力を感じてもらえず、魅力を感じてもらえないのは相手のせいだと考えるので更に恋愛に発展する事はないのです。

恋愛に発展しないので出会った数少ない人の中から恋愛相手を探そうとし、言い方は悪いのですが余り物の様な男性や女性との交際に発展し、男運や女運が悪いという結果になるのです。

顔もスタイルもいまいちだけど何故かモテる人は自分磨きに割く時間を持たなくても自身の魅力を余すことなく伝える事が出来るので恋愛感情を相手に抱かせる事が出来、恋愛相手に困りません。

相手のせいにするのではなく自分に厳しく考えるので他人から魅力を感じてもらう事にも繋がり、男運や女運に左右されず自分で異性を選べる立場にある為、男運や女運が悪いとはなりません。

男運や女運が悪いと相手のせいにしていればいつまで経っても恋愛上手にはなれませんし、恋愛上手になれなければいつまで経っても復縁したくても復縁できない状況が続きます。

恋愛は2人でするものであり、誰かのせいにする考え方なら恋愛に失敗すれば心の中で自分のせいではなく元恋人のせいにしている事に繋がります。

関係を取り戻したい、本気で復縁したいとお考えなら元恋人のせいにする男運や女運が悪いという発言を控える事から始めてみては如何でしょうか?

男運や女運が悪い人はいません。

男性を見る目や女性を見る目が備わっていないから元恋人のせいにしているだけにすぎません。

男運や女運がない。と相手のせいにするのではなく自分の異性を見る目がない事に気付けなければ好かれる様に努力する事も出来ませんし、復縁を意識させる様に行動する事も出来ないのでご注意下さい。