復縁相談を頂く際に男らしさや女らしさが欠けているという理由で別れに到ったと考える方は少なくありません。

  • 男らしい人が好きと言われて振られました
  • 彼が浮気をしたのですが、浮気相手がとても女らしい女性で、私は敵いませんでした…

別れの原因が男らしさや女らしさであると考えた際に、男らしさや女らしさについて分からない…と仰る方が少なくありません。

男女平等が叫ばれる現代において、性別の【らしさ】を考えるのは時代遅れかもしれませんが、恋愛においては性別の【らしさ】はとても重要であり、男らしさや女らしさが原因で別れに到った方は、自分の磨かなければならないところが外見ではなく内面である事を痛感しているのではないでしょうか?

復縁屋に相談する方の中で、男らしさと女らしさが原因で別れに到ったと自覚されているケースは少ないのですが、復縁工作で対象者から工作員が話しを聞き出す際に『元彼は男らしくなくて…』という話しを聞き出す事や『元カノはがさつで女らしくないんですよね…』という話しを聞き出す機会はとても多く、男らしさや女らしさについて依頼者に考えて頂く機会は少なくありません。

男らしさや女らしさは、それが原因で別れに到るよりも、何かが原因で別れを決意した時に別れの決断を更に加速させる要因となるケースが多いのです。

所作、言動、様々なものを見て元彼(元彼女)は男らしさや女らしさの判断をします。

元彼(元彼女)と復縁したいなら、異性としての魅力を表現しなければならず、異性としての魅力を表現する為に必要な事でもあるので、男らしさ、女らしさについて学ぶ事も忘れないようにしましょう。

男らしさは何をもって男らしさというのでしょう?

『男らしくない!』と言われた経験がある人に『男らしくなりましょうよ!』と言っても、男らしさが分かっていなければ、どうすれば男らしくなれるだろう?という疑問しか出ません。

男らしさは人によって基準は異なりますが、強さや強さの中にある優しさ等が見え隠れするモノと考えて頂いて間違いではありません。

男性は女性よりも腕力等、力という意味では優れています。

女性よりも力のある男性だからこそ出来る事や、繊細な事に拘らない豪快さ等、男らしさに求められるのは男性的な強さから連想出来るものが挙げられます。

力強さから連想させる為、繊細な動き等は男らしさとは言われませんが、どちらかと言えば豪快な行動や考え方等を男らしさと指すケースが多いのです。

女らしさは何をもって女らしさというのでしょう?

男らしさとは対照的に女らしさは女性特有の繊細さ等が求められるケースが多々あります。

所作、言動、女性特有の繊細さから見えるもの全てが女性らしさに繋がり、気遣い、気配り等、女性だからこそ気付く点などを踏まえて女性らしさを表します。

日本人が昔からイメージする女性像が女性らしさにも繋がり、女性らしさは男性に守られる弱いイメージを持っている男性は少なくありません。

女性のしなやかさ等から連想される行動も含めて女性らしさは一昔前と現代とでは大きく変わって来ています。

男らしい人が好き、女らしい人が好き。だから別れを告げられた?

元彼(元彼女)から男らしさや女らしさが足りないから別れを告げられた。

男女ともに、【らしさ】が原因で別れを告げられたなら、何をどう改善していけば分からないと思います。

自分では男らしい!と思っていた事が実は男らしさをアピール出来ていなかった…

自分では女らしい!と思っていた事が実は女らしさをアピール出来ていなかった…

男らしさや女らしさは意識をすれば改善出来るものですが、本来の自分とは違う考え方を体に覚えさせなければならないので、理解するのは一瞬ですが身に付けるのは時間が掛かります。

身に付けるのに時間が掛かるからやらないのか、身に付けなければ復縁できないからやるのか、男らしさや女らしさが原因で別れを告げられた…と思っている方は、自分はどうすべきなのか?を考えてみては如何でしょうか?

男らしさと女らしさが身に付かないなら復縁できないなら身に付けるべき?

男らしさや女らしさが身に付かないなら復縁できない…という結論に到ったなら、男らしさや女らしさは身に付けるべきなんでしょうか?

男らしさも女らしさも、人によって捉え方が異なります。

単純に暴力的な部分を見て『男らしいね!』という男性も女性もいれば、暴力的な部分を見て『野蛮だな…』という見方をする男性も女性もいます。

おしとやかな女性を見て『女性らしくて可愛いな』と思う男性もいれば『大人し過ぎる女性はタイプじゃないな…』と考える男性もいます。

あなたは元彼(元彼女)からは男らしさや女らしさは感じてもらえなかったかもしれませんが、他の男性、女性ならあなたの個性を長所として捉えてくれる事もあります。

どうしても元彼(元彼女)でなければ…と思わないのでしたら、今の個性を修正して無理に男らしさや女らしさを磨く必要はありません。

どうしても元彼(元彼女)でなければ…と思い、元彼(元彼女)から男らしさや女らしさが欠けている部分が気持ちを冷めさせてしまったというのなら時間を掛けてでも男らしさや女らしさを身に付ける必要があります。