年末までに復縁できず年始から復縁活動を頑張っている相談者はとても多いのですが、年が明けて気持ちを新たに元恋人に連絡をして、年末に寂しさを覚えた元恋人との復縁が叶った方もいらっしゃいます。

2021年は新年になってすぐに緊急事態宣言が始まり、今年も新型コロナウィルスの感染による様々な弊害が生まれ、元恋人に『復縁したい!』と伝えてもコロナの影響で会う事もなかなか出来ず復縁活動を進めようにも進められずに悩みを抱えてしまう方がほとんどになります。

環境が変わる事や何かしらの状況の変化があれば復縁のチャンスかもしれない…と考える方も多いのですがチャンスがあってもチャンスを活かせない方、チャンスがあってもチャンスに気付かない方もおり、復縁への期待は持つものの、年が明けても復縁に全く進まず右往左往している方も少なくありません。

新しい年を迎えて今年こそは復縁したい!と考える復縁を望む方と今年は新たな恋人を作って幸せになりたい!と復縁を一切考えてない元恋人。

年明けと共に復縁を願う人からしてみれば考えたくもない事ですが、現実はとても厳しい事を年明けと共に知る事になります。

今年こそは!!という気持ちが1月が過ぎ、2月が過ぎ…と時間の経過と共に現実の辛さを知っていき、年明けの絶対に今年こそは復縁してみせる!!という気持ちは少しづつ諦める方向に進んでしまいます。

新年を迎えて気持ちも新たに環境が変われば復縁できるかも…!?という淡い気持ちは薄れていき、新年の意気込みは脆くも失ってしまう方がほとんどです。

復縁の難しさを知っている人は年明けで違う環境になったから復縁できるとは考えませんし、大抵の方が年明けだから復縁できるとは考えません。

しかし、人間の弱さは何かに縋りたいと思う気持ちも残されており、別れを告げられてから少しでも何かに縋りたいという気持ちが芽生えて復縁できる要素として年明けで気分を一新すれば…という淡い期待を持ってしまうのです。

環境が変われば気持ちも変わるかもしれない…という淡い考えは時間の経過と共に現実を知って少しづつ現実を思い知らされますが、本当に復縁したいなら年明け等の環境の変化に縋るのではなく、自分自身が行ってきた復縁活動の努力で培った自信に縋れるようになれなければなりません。

環境の変化のように自分ではどうにも出来ない事に縋るようでは元恋人の気持ちを取り戻す事は出来ません。

気持ちを取り戻すのは環境の変化ではなく、あなたが努力してきた結果に元恋人が共感してくれるから取り戻せるのです。

年が明けたから元恋人があなたは変わったと感じてくれると思いますか?

時間が経ったから元恋人はあなたが変わったと感じてくれると思いますか?

元恋人があなたを変わったと感じてくれるのは、あなたが以前とは違った事に気付いたからこそ変わったと気付いてくれるのであって、変わったと感じさせるのは新年になった等の環境の変化ではない事を忘れないでください。