恋愛をビジネス的視点で考えると、恋愛を上手くいかせるコツに繋がります。

ビジネスは人と人とが繋がるから利益を生み出します。

恋愛も人と人とが繋がるから愛情という利益を生み出します。

利益を生み出した時はビジネスも恋愛も幸せを手に入れる事が出来ます。

幸せを手にする為に恋愛をしますが、ビジネスも幸せを手にする為に働くのです。

人との繋がりが上手くいかなければビジネスも恋愛も上手くいきません。

恋愛をビジネス視点で見れば共通できるところが多く、ビジネスに対する考え方を恋愛にも活かして下さい。

  • ※元恋人への対応についての参考ブログ記事
  • ⇒復縁したいならやってはいけない3つの事を守りましょう
  • ⇒別れては復縁の意味のない復縁を繰り返す相談者が復縁したいなら?

恋愛とビジネスはどこが似てるの?恋愛とビジネスの共通点

復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

恋愛もビジネスも人と人との繋がりがあるから成り立つモノだと冒頭で書かせて頂きました。

コミュニケーションがが出来て初めてお互いに必要とするものを知り、必要とするものを与え合うからビジネスも恋愛も成立します。

お互いに必要とするものを与え合うので必要とされ利益を生み出し、その先にある幸せが手に入ります。

恋愛もビジネスもお互いに必要とするものを汲み取る力が求められ、相手が何を求めているか?という想像力が必要とされるのです。

会社は消費者が求めるものは何なのか?を考えて提供します。

恋愛は彼氏(彼女)が求めるのは何なのか?を考えて提供します。

消費者と会社、あなたと彼氏(彼女)の間でコミュニケーションが取れてお互いに求めるものを提供し合えるから共存できます。

お客さんからNOを突き付けられたお店は倒産し、彼氏(彼女)からNOを突き付けられれば破局に繋がります。

求められなければ関係が終わる点はどちらもビジネスも恋愛も共通しています。

ビジネスと恋愛はどちらもコミュニケーションが大切なのです。

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

契約交渉の場で考えてみれば如何にコミュニケーションが大切なのか?について分かると思います。

自動車の購入や家の購入等、契約の場で考えてみればコミュニケーションの大切さが分かると思います。

どんなに優れた商品であっても、セールスする担当者とコミュニケーションが取れなければ購入しますか?

自動車や家の購入は人生で大きな買い物です。

大きな買い物をする際に欲しい商品だけを見るのではなく、商品を販売する時のセールスマンがコミュニケーションを取れない人なら商品を欲しいと思う気持ちが半減しませんか?

恋愛は自動車や家の購入と同様で人生の大きな分岐点となるものです。

どんなにハイスペックであっても中身がとんでもないクズの場合、一生添い遂げたいと思いますか?

交際したい!というのは商品に惹かれたからであり、別れたい!というのは商品に魅力を感じないから。

購入してもらうにはスペックを上げれば購入してもらえる可能性が高まります。

購入してもらった後に継続して利用してもらうにはコミュニケーションを取り、不具合等の確認をすれば購入後もお客さんを満足させられます。

恋愛は付き合ってスグの状態は不具合を確認するのですが、交際期間が長くなれば長くなるほど、コミュニケーションは取っていても不具合の確認をしなくなります。

ビジネスも恋愛もコミュニケーションを如何に取るか?が大切な部分であり、コミュニケーションの取り方を間違えれば未来にあるのは倒産、破局の流れが待っているのです。

押し売りするお店は潰れますよね?会社の我を通そうとするのも同様です。

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

会社側の【我】を通そうとしてもユーザーは振り向いてくれません。

会社が如何に自分達は良いものを作った!と思っていても、購入する側が良いものだと思わなければ、優れた商品である!と自負していても購入者はいなくなります。

恋愛で破局を招く理由、そして復縁できない理由と似ていませんか?

自分が如何に尽くした!と思っていても、彼氏(彼女)が尽くされたと思ってない、もしくは尽くされたけど望んでない。と考えていれば購入者が離れていく理由と同じです。

弊社に復縁相談を頂く方々には『尽くしたのにフラれてしまいました!元彼(元彼女)はおかしいですよね?』と相談して頂く方が多いのですが、おかしいのは相談者なのです。

お客さんが望んでないサービスを勝手に提供して『お金を払って下さい!』というお店をおかしいと言わない人はいません。

勝手にサービスを押し売りして、お金を払わないなんておかしい!というお店は潰れます。

おかしな事を自分がしているからお客さんが離れるのは当然ですが、おかしな事をしておいてお客さんのせいにする考えではビジネスも恋愛も上手く行く訳がありません。

復縁は再契約を求める交渉と同じ事が分かっていなければ失敗します

復縁工作・復縁屋をお探しなら(株)ジースタイル

復縁は再契約を求める交渉と同じ事だと分かっていれば成功します。

再契約を求める交渉だと分かっていなければ復縁は失敗します。

会社が再契約して欲しい時は再交渉を行います。

再交渉の際に会社が如何に凄いか?を押し付ければ再契約に繋がるでしょうか?

会社は再契約をしてもらう姿勢を見せるから再契約の交渉の場を設けてもらえるのであって、お願いする立場になります。

離れたユーザーにしてみれば再契約の必要はない。と考えたから契約を切った訳ですし、別れを告げられた側は契約を切られたから復縁という再契約を求めるのです。

再契約を求める会社が『あなたの〇〇なところも問題ですけど当社も問題点は改善していくので再契約して下さい』と言えば当然ユーザーにしてみれば『なんで再契約をしてあげるのに文句言われなきゃならないの?だったら再契約しないで他の会社にお願いする』となります。

復縁相談者の中には再契約を求める姿勢ではない方が非常に多いのです。

『私がここまでしてもダメなんですか?!』という営業をどう思いますか?

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談者の中には『私がここまでしてるのに復縁できないんですよ!』と相談頂く方がいますが、相談を承る復縁屋にしてみれば『この相談者は自分の立場が分かっているんだろうか?』と感じる一言になります。

交際という契約を破棄された人が自分は頑張ってる!!と口にしたところで元彼(元彼女)は頑張ってると感じてくれる事はありません。

自動車の購入をした事がある人は分かると思いますが、セールスマンから『私頑張りました!』という言葉を聞かされて購入しようと思いましたか?

頑張った結果が目に見えて分かるから購入しようと考えませんでしたか?

『頑張りました!』という言葉は何も意味を成さず、頑張った事を口に出せば出すほど頑張った事は低評価されていきます。

本当に頑張った人は『私がここまでしてるのに復縁できないんですよ!』という言葉を絶対に口にしません。

ダメなセールスマン程、自分の頑張りを評価してもらおうと口に出します。

ビジネスの交渉が上手な人は恋愛も上手。復縁できない人はどちらも苦手。

復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

ビジネスの交渉が得意な人は恋愛も上手に出来ます。

交渉が得意な人は相手の望む事に擦り合わせる事が出来、相手の望む事に擦り合わせる事が出来る人は相手の事をとても良く観察します。

観察とはただ見るだけではなく、言動、行動の一つ一つに注視し、注視して得た情報に沿って交渉事を繰り返します。

交渉は自分が持っている武器を相手に上手く伝えるだけが交渉ではありません。

相手の状況を確認しながら武器のだしどころを考え、交渉に運んでいくのです。

恋愛も自分の武器の出しどころや出し方を間違えれば、せっかく良い武器を持っていても使い方を間違えている為、武器は役に立ちません。

武器の使いどころを間違えない様に交渉上手な人は頭の中で何度もシュミレーションを繰り返し、相手がどう展開して来るか?をある程度予測して交渉に挑む事に慣れている為、恋愛でもビジネスで得た経験を活かすので上手に望む展開に持っていけるのです。

逆に恋愛が上手ではない人は頭の中でシュミレーションを繰り返す事もせず、相手の気持ちを読み解こうともせず、相手の事を注視せず、自分の言いたい事だけを相手に伝えようとします。

自分がやりたい事だけを相手に伝えようとし、相手の望む事には関心を示さないので復縁に繋がる事もないのです。

ビジネスの交渉術を利用した復縁工作の成功事例

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

依頼者Aから復縁工作のご依頼を頂き、対象者への接触を行う際に対象者は某大手カーディーラーの営業マンであり、あまりセールス成績は良くなかったとの事でした。

お客さんとして工作員が接触しに行き、新車購入をするフリをして対象者に接触します。

営業成績の良くない対象者との交渉の場で購入する意志があるけれど、他店との相見積をしている旨を伝えて工作員の気を引かせる様に仕向けます。

ディーラーが食いつくポイントも抑えて対象者と車の話題を繰り返し、対象者との連絡先の交換も出来、購入を餌に食事等の誘いを行います。

他店からの営業が来ているという話しをしながら、何が営業マンとして足りないのか?という話しの流れになり、遊び心がない部分を指摘したところ、異性交流の話しになり、Aの話しを聞き出す事に成功します。

Aとの交際状況やAの問題点を聞きだした後に営業マンとして対象者の欠けている部分を話すと対象者は熱心にメモを取り始めました。

欠けている部分を埋める為に必要な事を話していくと会話の流れでAとの復縁の話しが自然に出来上がりました。

Aとの復縁を後押しするまでに6回程接触を繰り返し、人間関係が構築出来、ビジネスの交渉術を活用して信頼関係を築き上げたからこそ復縁を後押しするまでに至り、対象者とAが復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。