復縁相談をいただいていると話しの内容、話しの仕方、様々なものから判断されて自分勝手な人がすぐ分かります。

自分勝手な相談者は自分勝手な事に気付かず自分勝手ではない!と思い込みます。

自分勝手な相談者は周りから自分勝手だと見られるから自分勝手の烙印を押される事に気付きません。

復縁屋は相談者とは顔見知りでもなければ知り合いでもありません。

全くの赤の他人の相談者から復縁相談を頂くのが復縁屋なので赤の他人の復縁屋が自分勝手な相談者だな…と感じるという事は元彼(元彼女)がどう考えているのか?も予測が出来てしまいます。

赤の他人から自分勝手だと判断される復縁相談者。

もちろん自分で自分勝手だと気付いていない相談者ばかりなので自分勝手な事に少しでもこの記事を読んで気付いて頂ければ復縁できない理由もご理解頂けるかと思います。

自分勝手な相談者が別れを告げられるケースは誰も味方になりません。

自分勝手な相談者が別れを告げられる時、相談者は別れの原因に100%気付いていません。

『別れの原因は分かってるんです…僕(私)が自分勝手で…』という相談者もいますが、何が本当に元彼(元彼女)が別れを決意した理由なのか?について理解している様で、話しを聞いていて理解していない方が多いというのが復縁屋が感じる自分勝手な相談者と話しをした感想になります。

自分勝手な相談者の言い分は聞きますが、話しを聞けば聞く程、元彼(元彼女)が別れたい理由は分かるな…と話せば話すほど相談を承る気を失くしていきます。

復縁したい相談者の味方であるはずの復縁屋が相談者の相談を聞きたくない…と思うなら、味方でいたくない事からも元彼(元彼女)も自分勝手な相談者の味方でいたいと思わない事が分かり、何が原因なのか?を知らないのは相談者本人だけになりますから誰も味方になる人がいない事にすら気付きません。

復縁屋に相談する事で勝手な人だな…と思われる事をどう考えますか?

初めて話す相手に勝手な人だな…と思わせるのは余程問題のある人だと思いませんか?

復縁屋に相談して、復縁屋から相談を受けたくないな…と思わせてしまう位自分勝手な人は普通に考えればコミュニケーションを取るのが下手な事が分かります。

しかし、自分勝手な相談者は相談者が自分勝手だとは思いません。

相談者が自分勝手ではなく、復縁屋の対応が悪い。と捉え、自分を否定するのではなく相手を否定します。

復縁屋は相談を承っていますが、相談にのりたくなければ相談にのらなければならない義務がある訳ではありません。

義務が発生しない以上、相談にのる必要がない相談に対応する理由は相談にのって何とかしてあげたい!という気持ちで判断する以外にありません

話しても理解しない人に対応する義務はなく、相談者に手を差し延べてあげたいと思わない復縁屋が悪いのか?手を差し延べてあげたいと思われない相談者が悪いのか?

自分勝手ではない人ならご理解頂けるかと思います。

何も知らない相手だから好き勝手言う人が元彼(元彼女)に好かれるの?

外食をする際に『自分はお金を払っているお客さんだぞ!』とお店に難癖を付ける人を見てどう思いますか?

一緒にいて『頼もしいね!!』という人は極稀であり、『恥ずかしいから止めよう…お店に迷惑だから…』という人の方が割合的には多いと思います。

相手が企業であったりお店であったり、お客さんとお店という立場なので強気に出る人って世間ではどう思うでしょうか?

相手の立場が弱いと見るや、言い掛かりをつける。

周りの人達はルールを守り、自分のルールをお店に押し付ける人はいないのです。

自分のルールをお店に押し付け、お店から自分のルールに当て嵌めようとする人は自分勝手以外の何ものでもありません。

相手が弱い立場や相手が自分を知らないから好き勝手言う様な他人から嫌われる様な人が元彼(元彼女)から好かれるのか?は考えなくても分かる事であり、考えても分からない人が元彼(元彼女)から好かれる事はないのです。

自分勝手な相談者に100%復縁出来ない事を伝えても理解出来ません。

自分勝手な相談者に100%復縁できない事を伝えても理解出来ず、稀に復縁させる能力がない復縁屋だと言われる事もあります。

自分勝手な相談者から話しを聞けば友人関係も乏しく、人間関係が乏しいから元彼(元彼女)に固執し、自分勝手な考えのまま復縁活動をしようとするのですから復縁屋にしてみれば1%の可能性も探す事は出来ません。

あまりにも自分勝手過ぎる相談者の中には会話が成立しない相談者もおり、復縁以前に良く付き合えたな…と逆に感心してしまう方もいらっしゃいます。

会話が成立しないなら別れを告げられるのは当たり前であり、会話が成立しないのですからアドバイスのしようもありません。

会話が成立しなければ復縁工作の依頼を頂いても成功するはずもないので、成功の可能性を1%でも見出す事は出来ない為、復縁は100%出来ない事をお伝えさせて頂いていますが、自分勝手な人は自分に非があるから復縁できないのではなく復縁屋の技術がないから復縁させられないとまで考える始末ですから復縁屋は自分勝手な相談者からの相談は丁重にお断りさせて頂きます。

自分勝手が全て悪い訳ではありません。

人間は自分の経験等を元に考えて行動する生き物なので、地球上の生物を人間の都合で駆逐してしまったり、元々自分勝手の塊でもあります。

人間が自分勝手な生き物である事は認めなければなりませんが、この記事でいう自分勝手というのは同じ人間同士のルールをあまりにも逸脱して世間の常識から逸脱している考えを持つ人の事を指しています。

社会にはルールがあり、ルールがあるから人間は共存しています。

社会のルールを破れば社会から隔離され、縁を切られるルールが存在しますが、恋愛は個人間の問題なので社会から隔離される様な事には至りません。

人間は自分勝手な生き物ですが、自分勝手な人達であっても社会のルールを守って生活している様に、ある程度のルールを守って生活しなければならない事は言われなくても理解しています。

自分勝手な生物同士の集りが人間ですが、一般常識の範囲内で誰にも迷惑を掛けず、誰も不快にさせないのなら自分勝手が悪いという事ではありません。

元彼(元彼女)が自分勝手なあなたの性格等が問題で別れを決意したなら、元彼(元彼女)に嫌われる行動をしていた事を改めて、好かれる為の行動をしてみればある程度の常識の範囲内の自分勝手さまで落ち着いたなら復縁を意識させる可能性も無い訳ではありません。

自分勝手な依頼者を復縁させた復縁工作の成功事例

自分勝手な依頼者Aは復縁相談を頂いている間も自分勝手さが垣間見え、自分勝手さについてアドバイスさせて頂いたところ、『誰にも注意された事がないのでハッとしました。』と言われました。

自分では気付かない点は他人から指摘されて初めて気付く事であり、元恋人に言われていても真剣に考えていなかった事が伺えます。

自分勝手とは何か?を本当の意味で理解した為、復縁工作の依頼を承る事になりましたが、復縁工作の依頼も最初はお断りさせて頂いていた相談者になります。

Aが自分勝手とは何か?をキチンと考える事が出来たので依頼を承る事が出来、着手後は速やかに対象者に工作員を接触させて話しを聞き出すとAの自分勝手さは想像よりもとても酷いモノであり、Aの行動について担当者が話してもAは何がいけないのか?を分からない状態でもありました。

Aの自分勝手さを直す自己改善を行いながら工作員は対象者への接触を繰り返し、自分勝手を個性として植え付ける為の心理誘導を行いました。

対象者にAの個性を理解してもらえた事でAの見方も変わり、A自身が自分勝手さを改善に進めて頂いた為、Aの自分勝手さが対象者の許容範囲を下回りました。

再会を果たす前に自分勝手過ぎる部分を和らげる事にも成功していた為、再会時には対象者のAを見る目は変わっていたとAから報告を受けました。

復縁成功にはAの自分勝手を個性として受け入れてもらえるまでに少し時間が掛かりましたがAの『復縁して欲しい』という告白を受け入れてくれた為、復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。

  • ※復縁工作の成功事例についてはコチラを参照下さい。