復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋には復縁工作という、工作員を相談者様の復縁したい彼氏(彼女)に接触させて別れの本当の理由を聞き出すご依頼をいただく事が多いのですが、ご依頼前に相談者様からお伺いしていると話しとはだいぶ乖離している話しを聞き出す事もあり、彼氏(彼女)の本音を聞き出した際に相談者様にご報告させて頂くと、相談者様の中にはとてもショックを受ける相談者様もいらっしゃいます。

相談者様は交際時の彼氏(彼女)の印象が強く残っており、その印象には良い印象ばかりが残り、悪い印象が少ないので復縁したら良い関係を構築したい…と思うようですが、工作員が彼氏(彼女)から聞き出す情報の多くは良い印象は少なく、悪い印象は多く、相談者様の持っていたイメージとは異なり、ショックを隠せない相談者様は復縁を目指していいものなのか…と悩みます。

復縁屋にしてみれば慣れた事でもあり、別れを告げられているのですから良い印象を持っていると思っている事自体が間違いだと思いますし、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の本心を聞き出す事に慣れているので弊社の復縁ブログに、今のあなたでは復縁出来ないですよ。という記事を多数掲載させて頂き、現実を理解し、現実に即した復縁活動を推奨します。

復縁工作を行うにあたって、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)を事前に調査するのですが、調査している段階でも相談者様が持っていたイメージと異なった…という理由なども含めて相談者様の中には復縁を悩むケースも存在します。

例えば、相談者様は知らなかったけど、実は恋人だと思っていたら、相談者様は浮気相手だった…という事もありますし、他にも何人も交際相手がいた…という事もあります。

相談者様から事前に状況をお伺いしてからご依頼を承るのですが、事前に状況をお伺いしているものと実際に調査をして確認した情報では全く異なっている事もあり、その状況の違いを知った相談者様は今まで持っていた彼氏(彼女)への良いイメージが覆り、復縁したいという気持ちが薄れてしまう事もあるのです。

そういった事も含めて現実を知った時に相談者様は復縁したいと思うのか?という点も含めて復縁屋は復縁相談を承りますが、ご相談を承っていて相談者様が現実を知った時に現実を受け入れられないだろうな…という相談者様であれば復縁の大変さや辛さを説き、本当に復縁したくて大変な事や辛い事に耐えられる相談者様なのか?も判断させていただきます。

復縁の大変さや辛さを理解されていない相談者様は、大変な事を目標として目指す事がどれだけ辛く大変な事であるかを考えずに、復縁したら幸せになれる…という自分にとって良い部分しか見る事が出来ず、復縁活動をしている最中に復縁できる兆しが見えず、復縁を諦める結果になります。

復縁はとても大変な事ですから、その大変さをご存知ではない相談者様は簡単に『絶対に復縁したいです!!』と仰るのですが、沢山の復縁成功者を見て来た復縁屋にしてみれば、口で言うのは簡単ですが、本当に復縁したい気持ちがなければ途中で挫折するでしょうし、一時の感情で復縁を考えたところで復縁出来ないと思います…となるのです。

付き合っていた頃の良い思い出のままいる相談者様にしてみれば、彼氏(彼女)への気持ちは軽いものではないし、軽い気持ちではないから現状の彼氏(彼女)の気持ちも受け入れる!!と思うようですが、現実と良い頃のイメージは全く異なり、数多の復縁成功者の陰には様々な困難な状況を乗り越えて来たものを見て来た復縁屋は、相談者様の言葉の裏にある本当に復縁したい気持ちが存在しているか?を確認し、本当に復縁したい気持ちが視えない相談者様からのご相談を頂いても復縁のご協力をする意味がないものとして捉えます。

知りたくない事を知った時や知らずに済めば良かった事を知った時に、相談者様は本当に復縁したい気持ちが継続するのか?を確認し、その気持ちが無ければ復縁活動をしていても時間が無駄になる訳ですし、早い段階で復縁を諦めるように誘導していくのも復縁屋の仕事でもあります。

彼氏(彼女)の今まで知らなかった顔が視えた時に、本当に復縁したいと思うのかは相談者様次第ではありますが、本当に復縁したい気持ちが継続しないであろう姿は相談者様からお話しをお伺いしていれば、彼氏(彼女)の本心を聞き出す事に長けている復縁屋なら難しい事ではないのです。

その為、復縁屋が相談者様に『復縁した方がいいと思いますよ。』といった事をお伝えする事はありませんし、相談者様の本心を聞き出した後に、その気持ちが持続するか?も試させて頂かなければなりません。

本当に復縁したいなら、彼氏(彼女)がどんな生活をしていても復縁を諦める事はありませんし、本当の意味で彼氏(彼女)の裏の顔を知らない状態で復縁活動をしている相談者様が復縁できるのか?という点で疑問を持たなければならない部分でもあります。