復縁したい

焦って距離を置かれる現実を視れない相談者様が復縁出来ない理由

復縁屋には、復縁活動をしている最中で焦ってしまい、焦りから来る行動で距離を置かれてしまい、距離を置かれて更に焦り、焦りが焦りを招き、状況を悪化させてから復縁相談を頂くケースがあります。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

自分で状況を悪化させているという事は、パートナーに対する選択を間違えているという事になり、選択を間違える相談者様となるのですから、相談者様が一人で復縁活動をしたところで復縁に辿り着く事が出来ない事が分かります。※参考ブログ:小さな選択ミスの積み重ねで大きなミスを生み別れを告げられたと気付いてますか?

焦りから冷静になれずにパートナーに縋る様なラインを送ってしまったり、別れた後にも関わらず、交際時と同じような距離間で接してしまい、ラインを頻繁に送っていたり、メッセージの内容が距離が近いメッセージになり、パートナーから突き放された文章が送られ、焦ってしまい、ひたすら謝る…といった事を行い、鬱陶しく思われてしまい、ラインをブロックされてしまう相談者様もいらっしゃいます。※参考ブログ:ラインをブロックされる事は普通ではない!!と気付かなければ復縁出来ないって分かってますか?

焦れば焦るほど選択を間違えている事に気付かないのですが、相談者様は更に焦り、焦りが焦りを生み、更に選択を間違えてしまい、ラインをブロックされてパートナーに会えないから、パートナーの自宅や職場近辺に足を運んでしまい、それがパートナーに気付かれてストーカー扱いされる…という相談者様もいらっしゃいます。

焦りが焦りを招き、パートナーから距離を置かれている状態で、復縁屋に相談する頃にはパートナーから嫌われているかもしれない状態になって復縁相談を頂くのですが、復縁相談を頂く際に、まだパートナーから嫌われているとは思いたくない…という状態で復縁相談を頂き、夢を見ている状態で現実を視ていない相談者様もいらっしゃるので、復縁屋は現実を伝えるアドバイスをさせて頂きます。※参考ブログ:復縁相談でアドバイスをして「すいません。私が悪かったです。」と仰る相談者様が復縁出来ない理由

現実を突き付けた相談者様は、現実を受け入れるのがとても厳しく、復縁屋から伝えられた現実を受け止める事が出来ないので、復縁屋からのアドバイスがとても厳しいアドバイスとして認識する様ですが、現実を受け止める事が出来ない相談者様は、現実を突き付けた復縁屋に怒りの感情を持つ相談者様もおり、人間が怒る時は事実を伝えた時に怒る。という誰しもが知っている事を経験するのですが、それでも現実を受け入れられない相談者様と、現実を受け止めて復縁に向けて必死に立ち向かう相談者様に分かれます。※参考ブログ:復縁相談で現実を教えるのは病気を治すアドバイスをする医者がする事と変わりません。

冷静になれば復縁する方法が残っているにも関わらず、冷静になれず焦ってばかりの相談者様は現実を受け入れずに復縁する方法を探しますが、現実を受け入れられない相談者様は、復縁する方法を探すけれど、復縁に繋がる方法ではなくなり、ネットにある復縁方法を真似するものの、復縁出来ない相談者様なので、無意味な復縁活動を続けてしまいがちです。※参考ブログ:復縁したいなら【厳しい言葉】を言われる事が復縁する為にとても重宝である事を忘れてはいけません。

復縁は焦れば叶うものではありませんし、現実を受け入れて、パートナーが相談者様も元を離れた現実を知るからこそ段階を追って復縁出来る道に進めます。

しかし、焦ってしまう相談者様の多くは、現実を受け入れているつもりになって現実を受け入れないので、辛い事から目を背けるだけの復縁活動となり、辛い事から目を背けるだけの復縁活動なので、自分を変える事など、辛い事をしなければならない立場で、自己改善に進まず、服装を変えたり、髪型を変えたり、ダイエットをするなどの簡単に出来る自分の変化を求める自分磨きの道を選択します。※参考ブログ:自分磨きにこだわった復縁活動に疑問を持てなければ復縁出来ません。

辛い事から目を背けるだけの復縁活動をして手に入るものは、簡単に出来る事しかしてないのですから、簡単に手に入る人を手に入れようとする行動になり、焦ってパートナーから距離を置かれてしまった相談者様は、パートナーの事を簡単に手に入る存在だと考えて復縁活動をしている人と、パートナーの目にも復縁屋の目にも映るのです。

復縁屋は、焦ってパートナーに距離を置かれてしまった相談者様から復縁工作のご依頼を頂いて、相談者様の復縁したいパートナーに工作員を接触させて相談者様との交際時の状況などを聞き出す事に成功しますが、焦ってパートナーに距離を置かれてしまう相談者様との交際時も、パートナーが何かを伝えてもシッカリと物事を考えず、パートナーの気持ちを汲んでくれないので、次第に気持ちが冷めていき、別れを決断し、別れ話をしたら焦って急にパートナーの話しを聞こうとしたり、普段しなかった事を行おうとして、「今更…と思う事を平気でして来る考え方が本当に気持ちが冷めた…」という言葉を引き出してしまいます。

焦って行動し、距離を置かれてしまう相談者様は、安易な考えでパートナーの気持ちを取り戻そう!!という安易な気持ちがパートナーに伝わる事が分かっておらず、安易な気持ちでパートナーの気持ちを取り戻そうとしていた行動や言動が更にパートナーの気持ちを冷める事になり、間違った選択を繰り返していた事に気付きません。

復縁屋の工作員が対象者に心理誘導を行い、復縁を意識させるのですが焦るばかりで距離を置かれた相談者様の案件で心理誘導を行うのは、相談者様の協力があり、シッカリと交際時とは異なり、変わった姿を見せる事が出来なければ成功しないので、一人で復縁活動をするにしても、本当に復縁したいなら焦りの見える行動をするのではなく、フラットな関係を築ける様に焦りを見せず余裕のある行動が求められます。

ランキングサイトへご協力下さい。

-復縁したい
-, , , , , , , , , , ,