復縁したいと仰る方々からご相談をいただきますが、復縁を叶えたいというよりも復縁できたら良いな…という気持ちが透けて見える方がいらっしゃいます。

本当に復縁したい方々は復縁に向けて真剣に考え、真剣に考えた上で行動に移すのですが、本人は真剣に考えてるつもりになって叶えたいというよりも叶えば良いな…程度の気持ちで復縁に挑む復縁という夢が夢のままの人が少なくありません。

真剣に復縁を考えている方は真剣さが他人にも伝わりますが、相談者の中には真剣さが伝わらない方もいらっしゃいます。

例えば、line相談を頂く方で『文章が下手なので伝えづらいんです…』という相談者がいらっしゃいますが、文章が下手なのが分かっていながら何故電話相談をせずにline相談を選択したのか?は理解に苦しみます。

文章が下手なので伝えづらいです…と言いながらline相談をいただく相談者は真剣に復縁に悩んでいるのか疑問に感じます。

復縁屋に相談して復縁できたら良いな…程度に考えているので真剣に相談しようというよりも出来たら復縁したい程度の気持ちなので相談をいただいても何の相談なのか?も分からない相談者も少なくありません。

復縁という夢が夢のままの人は、相手が復縁で悩んでいる自分に合わせてくれるものという考え方を持つ傾向があり、復縁したいのは自分のはずなのに自分を助けてくれる誰かが現われてくれる。と、ドラえもんが現れてくれるかのように夢をいつまでも追いかけます。

しかし、現実を考えていただきたいのですがドラえもんが現れる事はあるのでしょうか?

夢をみるのではなく現実を見る人はドラえもんが存在しない事を知っています。

ドラえもんが存在しないのですから自分で考えて行動するから初めて夢を手に掴む事になり、復縁でいえば元彼(元彼女)との関係を取り戻す事に繋がるのですが、いつまでもドラえもんを待っている状態の相談者が『復縁したい!』と口にしても夢は夢のままで終わってしまうのです。

ドラえもんに出てくるのび太君は、ドラえもんという存在がいなければしずかちゃんと結婚する未来を手にする事は出来ず、ジャイアンの妹であるジャイ子と結婚する未来が待っていました。

ドラえもんがのび太君に頑張る事を教え、もって生まれた優しさがあったからこそしずかちゃんと結婚する未来を手に入れられたのです。

のび太君がしずかちゃんと結婚したい夢を夢のまま考えてドラえもんが存在せず真剣に自分の未来に向けて考える事が出来なければ望まぬ未来のジャイ子と結婚する事になっていた事でしょう。

のび太君は夢を夢のままにせず未来を変える為に努力をしました。

あなたも復縁したいなら復縁という夢を夢のまま終わらせるのではなく、夢を現実にする為に真剣に考えなければならないのではないでしょうか?

復縁という夢を夢のまま終わらせたくないならもっと真剣になりましょう

復縁という夢を夢のまま終わらせたくないなら、誰が聞いても真剣に悩んでいるんだな…と復縁を応援したいと思ってもらえるほど真剣みがなければ夢のまま終わらせてしまいます。

『私(僕)は真剣に悩んでいるんです!』と言葉に出さなくても、真剣に考えている人の気持は伝わります。

真剣に悩んでいる事を口に出す人のほとんどが真剣に悩んでいません。

真剣に悩んでいない人ほど真剣という言葉を安易に使います。

復縁という夢を夢のまま終わらせたくないなら、真剣という言葉ではなく真剣な気持ちに気付いてもらえるほどの真剣さが求められます。

真剣な気持ちがある人は、line相談をいただいて『文章で伝えるのが苦手なんです…』という矛盾のある行動をしません。

真剣に悩んでいるので矛盾のある行動をする自分に相談者自身が気付きますし、おかしな事を言ってないか?おかしな行動をしていないか?と常に自分自身の行動に疑問を持つので、元彼(元彼女)から別れを告げられた理由や別れの本当の原因についても真剣に考える事が出来、真剣に考える事が出来るから真剣さも伝わり、元彼(元彼女)にも真剣な気持ちが届くのです。

復縁したいなら夢を夢のまま終わらせるのではなく現実を見て、現実に即して考えて行動しましょう。

あなたの復縁を助けてくれるドラえもんが現れる事はありません。

夢を叶えてくれるのはドラえもんではなくあなた自身の努力です。

夢を叶える為に努力するのではなく、手に入れたいものを得る為に努力をするのです。

あなたの夢を叶えてくれるのはドラえもんではなく、あなた自身が何をしたか?で、あなたの未来をあなたが変える事が出来るのです。

復縁したいなら、ドラえもんが現れるのを待つのではなく、あなた自身が行動した結果が未来に繋がる事を忘れてはいけません。

誰かがあなたに手を差し延べてくれると考えていても、誰もあなたに手を貸す事はありません。

あなたは自分で何かを手に入れたければ努力しなければならないのです。

努力とは、何をするべきか?を考える事も含めて努力になります。

何をするべきか?を考える事もせずに『努力してます!』という言葉が出てくる事はありません。

何をするべきか?を考え、考えた事に向けて行動に移すから夢を叶えることにも繋がりますが、あなたが努力するかどうかはあなた次第であり、例えドラえもんが存在しても、あなたが努力をしなければ夢を叶える事はできません。

誰かが助けてくれると考える復縁相談者はとても多い

復縁相談者の多くは、復縁したいのは相談者自身なのに、相談者と元彼(元彼女)の復縁を特に望んでいない誰かが助けてくれると思い込む人は少なくありません。

誰かが助けてくれると思い込んでいる部分が透けて見えるので、誰も助けてあげたいと思ってくれず、元彼(元彼女)も相談者を助けてあげたいと思わないのです。

誰かが助けてくれると甘い考えをするので誰も助けてくれず、自分の夢を叶えたいのは自分自身であるはずなのに誰も助けてくれない!と他人のせいにします。

復縁という夢を手に入れたいのは相談者自身なのに、なぜ相談者と相談者の元彼(元彼女)の復縁を望んでいない誰かが助けてくれると思うのか不思議だと思いませんか?

相談者が復縁しようと他人からしてみればどうでも良い事です。

復縁屋であっても『復縁屋なんだから助けてくれるんでしょ?』と言われればどうにかしてあげたいとは思いません。

復縁屋は業務として復縁をサポートしますが相談者を助ける義務は負ってません。

誰かが助けてくれると考える復縁相談者はとても多いのですが、その考えでは復縁は当然出来ませんし、復縁を助けてくれる人も現れません。

復縁という夢が夢のまま終わる理由は明らかに自分にある事を忘れては復縁が叶う日は一生訪れません。

復縁という夢を叶えた方々は何が違うのか?を知らない人が多い

復縁に限らず、夢を叶える為には努力しなければ叶う事はありません。

努力するから夢を叶える方向に進み、夢を叶えた未来を手にするのは今の努力を積み重ねるしかないのです。

夢に向かって努力する方法しか夢を叶える事はで出来ません。

間違えない様に気をつけなければならないのは数学者になる夢を叶える為に国語の勉強をしても数学者にはなれない様に、復縁という夢を叶える為には復縁に向けた努力をしなければなりません。

復縁という夢を叶える為には、あなたがやりたい事をやるだけでは足りません。

夢を叶える為の努力には辛い事が当然待ち受けており、辛い事も含めた努力を続けるからこそ自分の身になり、目的を叶える事にも繋がります。

しかし、復縁という夢を叶える為に自分がやりたい事だけをし、辛い事からは目を背ける方がほとんどです。

辛い事から目を背け、出来ないから…と諦め、自分が出来る事からやろうとする人が夢を叶える事は出来ません。

復縁できてない相談者の9割以上が辛い事から目を背け、出来ないから…と諦めます。

自分が出来る事ややりたい事だけをして復縁という夢を叶えた方々を弊社は今までに見たことがありません。

復縁という夢を叶えた方々と『復縁できない…』といつまでも口にしていると何が違うのか?を知らない人はとても多い事に復縁できない人は気付きません。

復縁という夢が夢のままの人が現実を知り復縁工作のご依頼を頂いた成功事例

相談者Aは『復縁したいです』と言いながら復縁に向けて何をする訳でもなく、本当に復縁したいのか?と初めてご相談をいただいた時は疑うほど真剣みを感じませんでした。

真剣みが感じられない相談者からのご相談はお断りさせて頂いている為、本当に復縁したいなら真剣に元彼の事を考えて再相談下さい。とお伝えさせて頂き、数日後に再相談をいただきました。

真剣さが感じられない事を指摘してお伝えした後に弊社のブログを参考にして頂き、真剣な人の姿勢ではなかった事と今のAの状態では復縁できない事を悟り、弊社にご相談いただきました。

元彼の事を真剣に考え、どうしても復縁したいと弊社にご相談いただきましたが再相談の時は出てくる言葉も聞く姿勢も異なり、復縁という夢を夢のままにしたくない気持ちが伝わってきました。

しかし、状況的に元彼からlineをブロックされている、電話は着信拒否など、とても良い状況とは言えず、アドバイスでどうにか出来ない事にAはやっと気付き、復縁工作をご提案させて頂く事になりました。

Aも自分ではどうにかできない事を気付いていたものの真剣に復縁を考えていなかったのでlineをブロックされ、電話も着信拒否されていても無料相談でどうにか出来ないか?と相談当初は考えていたとの事でした。

元彼との復縁を真剣に考えた時に相談やアドバイスでどうにか出来る事ではない事に気付き、復縁工作の依頼を検討したとの事でした。

Aから詳細状況をお伺いさせて頂き、復縁工作の方法を提案させて頂き、Aも納得して復縁工作の契約を結ぶ形となり、対象者に工作員を接触させて話しを聞き出した中でAの問題点を知り、Aに自己改善のアドバイスを施します。

夢のままの状態なら受け入れられなかったであろう内容を現実を見てやらなければならない事に気付き、復縁に向けて必要な事を行っていく内に結果的に元彼から好かれる魅力的な女性と変貌し、工作員が元彼へ復縁への後押しをした事も手伝って復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。