復縁したい時は常に危機感を持って、いつ元恋人に交際相手が出来てもおかしくない…と考えます。

そして焦りから復縁とは真逆の事を行い、復縁に辿り着かない方がほとんどです。

焦りから来る言動、焦りから来る言葉。

常に崖っぷちに立たされているので焦るのですが、背水の陣で復縁に挑むのではなく崖っぷち状態で、もがこうとするだけの行動なので気持ちが届く事がありません。

背水の陣で行動する方は論理的に物事を考えて相手の気持ちを考えた上での行動をします。

対して、もがくだけの人は行き当たりばったりの行動をするだけで相手の気持ちを考えた行動が出来ません。

崖っぷちに立たされながらもがくだけの人が焦れば焦る程、ショートカットしようと考え、出来るだけ最短で復縁…と考えるので急がば回れという言葉を知っていても知識を行動に移す事が出来ません。

知識がなければ行動に移す事は出来ませんが、知識があっても行動に移せない為、更に行き当たりばったりの行動をしてしまい、結果的に元恋人の気持ちは更に冷めます。

復縁をご希望されている方々は背水の陣の状態で復縁に挑んでいるでしょうか?

それとも、もがこうとしているだけで思慮のない行動をしているのでしょうか?

もがけばもがくほど復縁は遠ざかる。

それが崖っぷちに立たされていながらも復縁できない方々になります。

弊社に復縁相談を頂く方々はとても焦り、焦りから冷静に考えられない状態でご相談いただく方も少なくありません。

焦って何も考えられなければどんな行動をしようと思っても上手くいく事はありません。

復縁に限らずどんな事も冷静な判断で考えられるから復縁に辿り着けるのです。

自分が崖っぷちの状態だとしても相手は崖っぷちの状態ではありません。

立場の違いが分かっていなければ元恋人に気持ちを伝える事は出来ないのです。

  • 自分の悪い所は〇〇だ
  • 〇〇を直せば復縁できる
  • 〇〇を直す為に頑張ろう!!
  • アレッ?思ったように復縁できないぞ???
  • 自分は頑張った!
  • 自分が頑張ったのに復縁できなかった
  • 諦めよう!!

復縁するのに『どうしても復縁したいんです。助けて下さい!!』という方のほとんどが上記の流れで復縁を諦めるのですが、全く崖っぷち状態だという事を理解しておらず自分でもがくだけもがいたから自己満足し、自己完結して復縁を諦めるという流れになります。

本当に崖っぷち状態にいる人は崖っぷちだからこそ冷静に対応しなければならない事が分かっています。

『復縁したいです!!』と言いながらもどれだけ復縁に対する考えが甘いのか?を考えて頂くキッカケになればと思います。