復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

恋人に良かれとしてやった事が、恋人から疎ましく思われる事があり、相談者様からお伺いさせて頂く話ですと恋人に対してとても良い事をしている様に聞こえるのですが、実は恋人からは全く求められていない事をしているので迷惑になっているケースがあります。

迷惑になっている事とは知らずに相談者様は恋人に色々と良かれと思って行動するのですが、良かれと思ってしていた行動が全部裏目に出てしまう事があり、復縁したいからしていた事が復縁出来ない方向に流れてしまいます。

その場合、相談者様は自分が良かれと思っていた事が恋人から受け入れられない事に気付かずに迷惑になっている行動を繰り返し、迷惑になっている行動を繰り返しているのに復縁したいからと思って迷惑な行動を繰り返しているので想いとは裏腹の事が繰り返され、恋人との距離が空いていきます。

そして一生懸命に復縁活動をしていると思い込んでいる相談者様は復縁活動が正しく出来てない事に気付かないままひたすらに復縁活動を続け、復縁活動を続けていても復縁の可能性が全く見えて来ず、復縁したいのに復縁に進まないジレンマを抱えたまま復縁活動を続けるので復縁を最終的には諦める結果となるのです。

良かれと思ってしていた事が実はマイナスになっていた…と考える人はとても難しく、復縁屋も復縁工作で対象者に接触して話しを聞き出すからこそ気付く事であり、一般的に聞けば喜ばれるであろう事が、恋人からは迷惑だと聞かされ、迷惑な事を繰り返したところで復縁は難しい事を知った相談者様は復縁する為に本当に必要な事は何か?を後になって知る事があります。

良かれと思っていた行動が実は誤った行動だった場合に、相談者様がして来た事を後悔したり、初めて恋人の本心を知り、交際時に恋人の事を理解していると思い込んでいたのは相談者様だけ…という結果になる事もあります。

相談者様が思ってもみなかった事を知るのが復縁工作になりますが、ご依頼頂いた後に依頼者様たちは自分がした事がどんな想いをさせていたのか?を知る事になります。

良かれと思ってしていた事が裏目に出ていたという事は、相談者様にしてみれば善意ですが、恋人にしてみれば悪意と捉えられている可能性もあります。

誤った行動を誤った行動と捉えるのが難しいですし、復縁する為にしていた事が全て逆効果だと気付くと恋人との付き合い方も悩みを抱えてしまいます。

どう接すれば良いかも分からず、本当に復縁しても良いのか?とさえ悩む依頼者様もいるくらいに、ご相談頂いていた時は良い事をしていたと思っていた相談者様の考えと恋人の考えが乖離しており、恋人に気に入られたくてしていた事が全く逆効果だったと知った時に、本当に恋人を幸せに自分が出来るのか?と悩みを抱える依頼者様もいらっしゃるほどです。

一般的に考えれば相手に好かれる為の行動であり、復縁屋以前に一般的な考えで相談者様のしている事を聞いていると否定しようがないものを恋人からは拒否されているのです。

恋人に良かれと思っていた事が本当に正しい復縁活動なのか?については、恋人に聞いてみなければ分からない事であり、恋人に聞いてみなければ分からない事を相談者様が自身の考えで行動を起こし、失敗したというケースは少なくないのです。

復縁したいなら元彼氏(元彼女)の気持ちを最優先にしなければなりませんし、恋人の事を最優先にせずに復縁活動をしていたところで復縁は叶うものではありません。

本当に復縁したい相談者様は相談者様が考える良かれと思っていた事をするのではなく、恋人が良いと思ってくれる事を考えて行動します。

良かれと思っていた事をして復縁出来なくなるケースも多々あるので、良かれと思っていた行動は本当に恋人が望むものなのか?を考えて行動に移さなければ復縁を諦める結果になります。