復縁したいと思われる人と復縁したくないと思われる人。

あなたがなりたいのはどちらの人でしょうか?

もちろん復縁したいと思われる人ですよね?

復縁したいと思われる人を目指しているはずのあなたは自分なりに頑張っているにも係わらず復縁したいと思われる人になれません。

どうしてでしょうか?

復縁してくれない元恋人が悪いのですか?

それとも復縁できてないあなたが悪いのですか?

復縁活動をしている人はすぐに分かりますよね?

あなたが復縁したいと思われる人になってないから悪いのです。

自分が悪い事は良く分かるけど何がそんなに悪いんだろう?って考えた事はありますか?

外見が悪いのでしょうか?

それとも優しさがないから悪いのでしょうか?

元恋人のワガママを全部聞いてあげないのが悪いのでしょうか?

あなたがワガママだから悪いのでしょうか?

元恋人の気持ちを理解してあげないのが悪いのでしょうか?

ここまで読んであなたはきっと悩んでいらっしゃるのでありませんか?

何をすれば復縁できるだろう…と悩み、一生懸命頑張ってるのに復縁してもらえない。

復縁したいと思われる人は復縁したいと思われない人と何がそんなに違うんだろう…と悩み、復縁したいと思われる人と復縁したくないと思われる自分の差について探していませんか?

復縁したいと思われる人になる為にはどうすれば良いんだろう?と悩む事を復縁したいと思われる人は考えません。

復縁したいと思われる人は誰かになろうとして誰かになった訳ではなく、自分の良いところを伸ばし、元恋人から足りないと思われてる部分を直します。

復縁したいと思われる人と復縁したくないと思われる人の違いはそこに気付くかどうかの些細な事しかありません。

そして復縁活動をしている人の9割以上が自己改善や自分磨きという言葉を知るので、すぐに気付きます。

気付いたけれど行動に移さない人が復縁したいと思われない人であり、気付いたので行動に移す人が復縁したいと思われる人になります。

もう一つ付け加えると気付いて行動に移しているけど気付いた部分が見当違いの人も復縁したいと思われない人になります。

復縁したいけど復縁できない人は100人いたら99人と言われています。

9割以上の割合で復縁できない人が多いのですが、気付いて行動に移す事が出来る人はほとんどいない事の裏付けにもなります。

気付いて行動に移せる人がほとんどいない理由の一つは元恋人と別れた本当の原因について分からないまま復縁活動をしているからに他なりません。

復縁したいと思われる人と復縁したいと思われない人に大きな差はありません。

大きな差はありませんが理解出来ない人にはいつまで経っても理解出来ませんし、出来る人は簡単に出来てしまいます。

別れた原因を作ったのは誰なのか?

別れたいと思わせたのは誰なのか?

人が人と人間関係を構築していく上で問題が発生したなら、そこに原因がきっとあります。

原因を作ったのは誰で、今現在どんな結果となっているのか?

復縁したいと思われない人はどんな結果になっているのか?という部分の認識もあまり持ちません。

復縁したい人と復縁したくない人では根本的な部分が異なります。

復縁できてないあなたと復縁したいと思われる人の違いに少しは気付いていただけましたでしょうか?