復縁したい思うだけでは復縁に繋がる事はありません。

思うだけでは復縁できないから行動に移す事が求められますが、行動する為に何をすれば良いのかが分からない方は少なくありません。

なぜ復縁できないのか?

なぜ別れたのか?

理由があるから結果が伴います。

そして理由が分からなければ何をすれば良いかも分からないので復縁の為に何をすべきなのかも分かりません。

復縁する為に現状を分析する事は復縁の為に何をすればいいか?を考える事でもあり、考えた後に行動する事にも繋がりますから、現状を正しく分析し、分析した内容に基づいて復縁する為の行動を起こす必要があります。

何をどう分析すれば復縁に繋がるのか?について書かせて頂きますので復縁したいなら参考にして下さい。

別れ話しの内容や別れの理由を分析するから行動に移せる

復縁で大切な事には別れ話しの内容や別れの原因を分析し、分析した内容をどの様に改善していくか?が復縁方法でもあります。

別れの原因を分析せずに自己改善を行う方がいらっしゃいますが、何の為に自己改善を行っているのか?という目的が見えずに自己改善を行うので復縁に辿り着かない方が少なくないのです。

別れた原因を分析するから自分の問題に気付き、気付いた点を直すのは勿論ですが元彼(元彼女)に好かれる為の行動を行う事にも繋がります。

別れの本当の原因を分かってない状態で行動する方は非常に多いのですが、何故別れを告げられたのか?の理由も分からず行動しても闇雲に行動しているだけなので元彼(元彼女)の気持ちを取り戻す事は出来ないのです。

別れの原因の分析、別れ話の分析、付き合っていた当時の分析、何故付き合う事になったのか?の分析、復縁したいなら様々な角度から分析し、分析した内容を改善する行動が出来て初めてスタートラインに立つ事が出来ます。

答えを求めるだけだから答えに辿り着かない

復縁する為に分析しない相談者は『復縁方法を教えて下さい!』とすぐに答えを知ろうとします。

答えが欲しいのは分かりますが、カンニングして答えを見ても何も身に付かない様に、誰かに答えを教えてもらったところで何も自分で考えていないのですから復縁方法が身に付く事はありません。

1+1という問題があるから答えの2に辿り着けます。

分析せずに復縁方法を求める方は2を知っていても、1+1を見ようとしないので2を知っているだけになるのです。

別れの原因を分析せずに復縁方法を追い求める方々は必要な事をせずに必要ない事をして復縁しようと考えます。

答えを求めるだけで分析しない人は答えの2は知っていても答えを利用出来ないので復縁できないのです。

別れの原因を分析しても本当の別れの原因に辿り着かない

元彼(元彼女)から別れを切り出される時に、別れの原因について話しを聞き出す人は多いのですが、正直に別れの原因を話してくれる事は殆どありません。

元彼(元彼女)は別れ話しで話しが拗れたり、恨みを買う様な形を望みません。

別れた後も良いお友達でいたい。と考えるのが別れを告げる側の心境であり、本当の別れの原因を伝えたところで納得してもらえない事が分かっているからこそ本当の別れの原因を告げてくれる事がないのです。

しかし、本当の別れの原因を告げてくれない事は分かっていても手持ちの情報の中で復縁する為の分析が出来なければ復縁できません。

今までのお付き合いの中から何が原因だったのか?というヒントは確実にあります。

ヒントに気付けない方が『別れないで欲しい。悪いところは絶対に直すから!!』と口にしますが、別れの原因を分析して問題を抱えている自分に気付いた方は『別れないで欲しい。悪いところは絶対に直すから!!』という言葉を口にする事はないのです。

別れの原因を分析して本当の別れの原因に辿り着く事が出来る人は極めて少数であり、少数の人が復縁を手にする事になります。

分析するから元彼(元彼女)に復縁を意識させるのは難しくなくなります。

何が原因で別れに到ったのか?を分析する人は、なぜ元彼(元彼女)と順調に交際出来ていたのか?についても分析します。

別れの原因を分析して悪いところを改善すると同時に良いところをより伸ばす行動に移るので復縁を意識させるのは難しくなくなるのです。

分析しない人は逆を言えば、どうやったら元彼(元彼女)の気持ちを再度振り向かせる事が出来るのか?で悩み、悩んだ末に復縁方法を手軽に知ろうとします。

悩んだ末にと書かせて頂きましたが、実際は大して悩んでおらず、悩んだつもりで苦しいから楽になる方法を探し始めるのです。

別れの原因を分析しない人は別れの原因について考えないので元彼(元彼女)を振り向かせるのが難しいのですが、別れの原因を分析し、何が原因で別れを告げられたのか?に気付くと何があったから付き合う事が出来て復縁できるのか?にも辿り着くので復縁は難しいのですが、思っていたよりも難しくなくなるのです。

何をすれば好むのか?何をすれば嫌がるのか?を知る事が分析です。

何をすれば好まれるのか?

何をしていたから嫌がるのか?

復縁したいなら元彼(元彼女)に好かれる様に振る舞い、元彼(元彼女)が嫌がる事をしないのが鉄則です。

しかし、復縁相談者のほとんどが元彼(元彼女)に相談者がしていた不快な事を理解しておらず、元彼(元彼女)から好かれる為に何をすれば良いのか?も理解していません。

何も分析していないので復縁屋に『元彼(元彼女)からlineが来たんですけどどう返信すれば良いですか?』と質問する相談者が後を絶ちません。

分析していれば元彼(元彼女)からlineが来ても慌てる事無く好かれるメッセージを考える事が出来ますが、分析していない人は好かれるメッセージを作る事が出来ず、気付かぬ内に不快なメッセージを送ってしまう事も多々あります。

元彼(元彼女)に復縁を意識させるのは異性を口説くテクニックと変わらない

ドキドキさせる。

自分の事を気にさせる。

復縁を意識させるのは異性を落とすテクニックと変わりません。

元彼(元彼女)に異性を落とすテクニックを駆使しても…と考える方もいますが、お互いの事を知らないから新鮮な経験を2人でする為に惹かれる事等、元彼(元彼女)の趣味嗜好等を考えればテクニックを駆使して復縁に辿り着く事が出来ます。

当然の事ですが、異性を口説く時に、異性を不快にさせる事はしないと思いますが、元彼(元彼女)はあなたが取る言動、行動で不快に感じるところを何かしら持ってしまっています。

テクニックを使っても不快に感じさせてしまえば異性を口説く事は出来ません。

異性を口説くテクニックを使うなら元彼(元彼女)を不快にさせない為の自己改善を事前に行っておく事が必要です。

異性を口説くテクニックは人それぞれ異なりますが、基本は相手にドキドキさせる事が基本ですから復縁したいなら元彼(元彼女)をドキドキさせるテクニックも意識して行動しなければなりませんが、元彼(元彼女)をドキドキさせるには分析させる事が大切なのはご理解頂けるかと思います。

自分は元彼(元彼女)の事を知っていると思い込むから分析しない

自分は元彼(元彼女)の事を良く知っていると思い込むので復縁相談者は復縁する為に分析しません。

しかし、本当に元彼(元彼女)の事を良く分かっているなら別れを告げられないのでは!?という事には気付きません。

元彼(元彼女)の事を分かってないので別れを告げられた事に気付かないのですから、自分は元彼(元彼女)の事を良く分かってないから別れを告げられ、どうすれば元彼(元彼女)の事をもっと良く知る事が出来るだろう…と考えるから、元彼(元彼女)の事を分析しなければならないのです。

付き合っていた時の情報は古い情報になり、失敗した時の情報になりますが、失敗した情報を分析して失敗しない方法に辿り着いて初めて復縁する為の行動を移せる事を忘れない様にして下さい。

復縁する為の分析をした結果を挙げてみる

復縁する為に何が足りないか?を分析した結果をノートに書き留めておく事で何をしなければ復縁に繋がらないのか?に気付く事が出来ます。

分析しない方は自分の問題点に気付かず復縁方法を探し求めますが、元彼(元彼女)との関係で発生した問題点に気付けば自分を変える事にも繋がり、復縁方法で一番大切な自己改善に進む事が出来ます。

自分を変える事が出来なければ元彼(元彼女)は、あなたとの交際を断念したのですから断念した相手と復縁したいとは思いません。

交際を断念されたのですから、好かれる人物にならなければならず、好かれていない状態で復縁を求めても復縁してくれる訳がありません。

分析してポイントを挙げてみる事で自分に足りない所はどこか、復縁に向かう為に何をすればいいのか?

自分はどこが好かれていたのか?

元彼(元彼女)のどこが好きなのか?を冷静に判断する事が出来ます。

復縁する為に分析を全くしてない人は復縁する為の分析の必要性を理解して頂き、復縁活動に邁進して下さい。