恋人と些細な喧嘩をする事は誰にでも起こりうる事で、誰にでも経験があるはずです。

なぜ喧嘩をしてしまうのか?

やはり意見の食い違いが大きな原因です。

他人同士ですから意見が違う事があるのは当然です。

自分が考えている意見と相手が思っている意見が食い違っていたとしてもおかしくはありません。

ただし、些細な喧嘩だからと言って侮ってはいけません。

些細な喧嘩が発端となり関係が悪くなるという事もよくあることなのです。

喧嘩をしたら別れることになる人と、喧嘩をしたのに別れない人がいる

冒頭にも書いたように、喧嘩はどのカップルにも起こることであり、意見の食い違いから喧嘩に発展します。

しかし、意見が食い違って喧嘩をしたのに、喧嘩の度に関係が悪くなっていく人と、喧嘩に発展してもお互いの関係を深めることができる人がいますよね。

喧嘩の度に関係が悪くなっていく人は、最悪の場合、別れに発展するします。

関係を深める事ができず別れることになれば、別れた後、「後悔」「反省」を繰り返し、復縁を求める結果となります。

今、復縁したいと望みこのブログに辿りついた人も沢山いると思いますが心当たりある人もいるのではないでしょうか?

一体この差はどこからくるのでしょうか?

その原因は何でしょう?

どのような喧嘩であろうと、すべての喧嘩の原因はまず「理解不足」と考えてよさそうです。

どんな風に理解が不足しているのかを、考えてみましょう。

喧嘩によって別れるという結果を招いた上に、復縁の可能性が低い人

些細な喧嘩から大喧嘩までいろいろとありますが、すべての喧嘩は必ず「理解不足」から発生します。

喧嘩になってしまう人は概ね「相手が原因でこうなってしまった」と考えていることです。

喧嘩の原因が全て相手が悪いとしていて、自分はまったく悪くないと考えているのです。

相手が悪いと思っているわけですから当然反省するということもなく謝罪という考えなどありませんので喧嘩が起きやすい姿勢でしかありませんので決まって相手のことを理解しようとする姿勢などありません。

相手のことを「理解しよう」と思うならば、『話をする』ではなく『話を聞く』姿勢でなければなりません。相手のことを理解しようとする気持ちというのは必ず『聞く姿勢』から生まれます。

聞かないと相手の考え想いなどわかるはずもなく、理解できるはずもないからです。

  • 相手が話を聞いてくれないから
  • 相手が分かってくれない
  • 相手が歩み寄ろうとしない

等、相手にフォーカスしていると関係が深まることはありません。

自己理解の甘さが喧嘩の原因のほとんどなんです。ということは相手がどうということではなく、

  • 自分が相手の話を聞こうとしてるのか?
  • 自分が相手に歩み寄ってるのか?
  • 自分の本音を分かるように伝えられたのか?

というのが大切なのではないのですか?

喧嘩に発展してもお互いの関係を深めることができ、仮に別れても復縁の可能性が高い人

理解があるかどうかは会話を聞いていればすぐ判断できます。

お互いが交互に会話のキャッチボールつまり意思の疎通を図ることができているか?それとも一方的に話しているか?です。

理解がある人は、まずは相手の話を聞くことから始め、次に自分の思いを伝えるといった、お互いが順番に会話し想いを伝えていくことが上手にできています。

相手のことを理解しようとする気持ちから「話を聞く」という姿勢が生まれます。

喧嘩の最中だけでなく喧嘩に発展しそうな時もきちんと相手の事を考えています。

喧嘩に発展するという結果があるからには必ず原因があるのです。

例えば

  • 伝え方が悪かったのではないのか?
  • 相手に不満を与えるような自分の行動に原因があるのではないか?
  • 相手にとってはコンプレックスだったのかも?
  • 気づかなかった自分に原因があるのではないか?

問題の原因を相手の責任として考えるのではなく、まず自分が悪いのではないか?というふうに謙虚に考えるのです。

ですので一方的な会話になることはなく交互にやりとりし合う会話になって意思の疎通を図ることができるのです。

喧嘩をした場合に、喧嘩の経験が無駄に終わらないよう意味あるものにする為には

表面的だけ話あっていても相手に対する不満しか蓄積されません。

不満の原因である問題が解決していない為、仮にその場の揉め事を回避できたつもりでも、どちらかが我慢をしていることが多く後々また同じ喧嘩に発展します。

お互いの関係を深める喧嘩とは本音でぶつかることで相手の価値観を知ることができ、相手の理解へ繋げることができるんです。

一方で、溝を深める喧嘩というものがあり、表面的なやり取りで不満をぶつけ、自分の欲求を満たすことだけを目的としてます。

この違いというのは蓄積された時に物凄く大きいものになります。

喧嘩しないことに越した事はありませんが、万が一喧嘩をした場合にその喧嘩が無駄に終わらないよう意味あるものにする為には、必ず本音で語ることが必須条件になります。

相手が理解しくれない!と主張する人の殆どは、自分をさらけ出そうともせず、弱い部分も見せず、不満だけを相手にぶつけているようです。

これは、復縁屋ジースタイルへ男女問わず復縁相談をしてくる方によくみうけられる傾向です。

復縁したい相手が自分の事をわかってくれない・・・と。

自分を優先に相手に焦点を合わせ対峙しているようでは、お互いの関係が深まることはありませんので、相手ではなく自分に焦点を合わせて話し合いすることが大切です。

先程も述べましたが、

  • 相手の話を聞こうとしてるのか?
  • 相手に分かるように伝えていたか?

と言うことは非常に重要なポイントなので、復縁したい相手がいて復縁を真剣に考えているのであれば、別れる前のこれまでの自分と比較してみて下さい。

喧嘩別れの相手との復縁を真剣に考えているのであれば復縁屋ジースタイルへご相談下さい

喧嘩の際に相手の事を十分に理解してあげようと姿勢が欠けていたことはありませんか?

相手も悪いけど、自分にも悪いところがある

相手の非以上に自分の非を認められるようになり、自分がまず謝らなければならないという点に気付く事が出来るようになれたら、相手のことを思い遣る気持ち、感謝の気持ち、優しい気持ちが芽生えてくるようになるのではないですか?

復縁活動をしている方、これから復縁活動をしようと考えているのであれば、復縁したい相手への思い遣りの心が無いのでは、復縁に結びつくことはありません。

喧嘩別れしてしまった相手との復縁を真剣に考え復縁活動をされているのであれば復縁屋ジースタイルで復縁活動のサポートをさせて頂きますのでご相談下さい。

参考ブログ記事