ケンカして別れ話に拗れてしまった、本当は別れたくないのに売り言葉に買い言葉で別れなければならなくなった。

『本当は別れたくないよ!』と素直に言えず、ケンカ別れの代償がとても大きくなり過ぎてしまい、後悔して復縁活動する人は少なくありません。

どうすれば素直に謝れるだろう?

どうすれば許してもらえるだろう?

喧嘩が原因で別れに到ったカップルの場合、謝れば関係はスグに修復できるのに、意地を張ったが為に復縁が難しくなるカップルも少なくありません。

ちょっとしたケンカが原因で別れに到ってしまった際は、スグにでも意地を張らずに復縁を目指す事をおススメします。

中には冷却期間を設ければ…と考える方もいらっしゃいますが、ケンカ別れの場合、冷却期間を設けた為に修復不可能なケースも少なくありません。

ケンカの原因等を正しく精査し、意地を張る事が必ずしも正しくない事を忘れない様にして下さい。

SMAPの【セロリ】という曲の歌詞をご存知ですか?

SMAPのセロリという曲の歌詞をご存知ですか?

SMAPは解散してしまいましたが日本で知らない人はいないと言われるほどトップアイドルグループでした。

そのSMAPの名曲セロリは歌手の山崎正義さんが手掛けた曲としても有名な曲であり、名曲セロリの中に書かれた詩は男女の問題について分かり易く描かれている詩に見えます。

育ってきた環境が違うから 好き嫌いは否めない

夏がダメだったり セロリが好きだったりするよね

ましてや男と女だから すれちがいはしょうがない

妥協してみたり 多くを求めたりなっちゃうよね

引用:セロリ

名曲セロリに書かれている歌詞を読んで当たり前の事と思う方も少なくないと思いますが、この当たり前の事が分かっていながら関係が拗れる方は少なくありません。

復縁屋として名曲セロリの歌詞を読んで見ると復縁相談を頂く方々は元彼(元彼女)との関係について妥協を求め、自分が妥協している事を口にします。

元彼(元彼女)との関係悪化のキッカケが喧嘩にある相談者の多くは、『自分は我慢していた!』と口々に仰いますが、元彼(元彼女)が我慢していた事に関しては深く考えません。

もちろん『元彼(元彼女)も我慢していた』と口にはするのですが、元彼(元彼女)よりも自分の我慢を相談員に説明し、元彼(元彼女)の我慢はまるで大した事がないかのように話しますが、復縁工作を行って対象者に接触して話しを聞き出すと、相談者が仰っている事と対象者から聞き出す事は全く異なるケースも少なくありません。

SMAPの名曲セロリの様に、お互いが妥協してすれ違いは仕方がない…と考えられるならケンカに発展する事はないのですが、復縁を求める方々は彼(彼女)に妥協を求め、自分は妥協していなかった事に気付いていないケースがほとんどなのです。

意見の相違があって意見がぶつかり喧嘩に至る。

人間は成長過程や育ってきた環境が異なる訳ですから、意見の相違があり、意見の相違がある中でお互いの意見を主張し合えばケンカに発展します。

意見が全て合う関係は存在せず、少なくともどちらか片方が相手の意見を飲みこむ為、ぶつからないのですが、ぶつかる事を恐れては関係を構築していくのは難しく、かといってぶつかる事を考えなければケンカに発展する為、お互いの距離感を察知する事も必要となります。

お互いの環境が異なるからケンカをして好き勝手振る舞っても良いか?と言えば当然好き勝手振る舞って良いものではなく、ケンカをしたならケンカから、どの様に相手を受け入れ、関係を深めるか?を考えなければなりません。

意見の相違があるのは当然であり、意見がぶつかってケンカになった状態を活かす為にはコツがあるのです。

ぺこさんとりゅうちぇるさんというタレントを見た事はありますか?

タレントのぺこさんとりゅうちぇるさんはテレビではとても仲が良く、お互いにお互いを受け入れる姿がテレビ越しにも伝わり、良い夫婦だな…とお考えの方も多いかと思います。

しかし、ぺこさんとりゅうちぇるさんの様な仲の良い2人も、よく喧嘩をするそうです。

小さな事でケンカをして『めんどくさい!』と投げやりになり涙するぺこさんに、りゅうちぇるさんは細かいところまで拾って、ぺこさんの神経を逆撫でするようですが、お互いに頑固でケンカが始まるととても体力を使うケンカを繰り返している様です。

テレビの中では仲の良い夫婦でも、テレビの裏ではしょっちゅう喧嘩を繰り返しますが、テレビを見ているお茶の間の方々は仲の良い夫婦の姿ばかりに目がいってしまいます。

ぺこさんとりゅうちぇるさんが激しい喧嘩をしても仲の良い夫婦の姿をテレビで見せてくれる理由は2人の人間性や関係性にあると思います。

「りゅうちぇるは最後はいつも広い心で謝ってくれるし、許してくれるし、2人ともモヤモヤがないようにしてから終わるし、綺麗事みたいやけど、別に喧嘩って悪い事じゃないしね!これだけ一緒にいてもちゃんと言わないと分からん事もあるし、傷付け合っちゃう事もあるし、ケンカする度分かる事だってあるから。もちろん仲良しに越した事はないけど、『喧嘩する程仲が良い』ってほんま身を持って感じるよ~」

引用:ぺこさんのInstagram

ケンカしている最中はぺこさんは、ケンカしている事を良しとしているかは分かりません。

しかし、ケンカが終わる様にりゅうちぇるさんが働きかけてくれている事と、ぺこさんもケンカを終わらせようと2人が歩み寄っているからケンカが終焉する事が推測出来ます。

復縁したい方々は、元彼(元彼女)がりゅうちぇるさんの様に振る舞ってくれる前提として話しをする方も多く、自身もぺこさんの様に振る舞おうとしている方々が大変多くいらっしゃいます。

2人ともが歩み寄る姿勢が喧嘩を終わらせる

復縁相談を頂く方の中には、自分が『復縁したい!』と思っているだけで、元彼(元彼女)も同様に考えていると思い込んでいる方も多く、2人ともが『復縁したい!』と思っている様に復縁屋に相談する方がいます。

少なくとも『復縁したい!』と考えるのは1人だけであり、元彼(元彼女)は『復縁したい!』と思っていないにも関わらず、2人ともが復縁を望んでいる様に考えるので『元彼(元彼女)の悪いところも受け入れていた』といった説明をする方は少なくないのです。

2人ともが歩み寄る姿勢があるからケンカが終わるのですが、復縁を望む方は1人が歩み寄ろうとしている状況で2人ともが歩み寄ろうとしていると考えているので間違った復縁活動を行います。

ケンカが原因で別れに到ったなら、復縁の方法について考えて直してみては如何でしょうか?

破局したケースでは既にあなたの事を理解したいと思っていない。

ケンカが原因で別れ到った場合、元彼(元彼女)はあなたの事を理解したいと思っていない可能性が高いのです。

あなたは元彼(元彼女)の事を理解したいと思っていても、元彼(元彼女)はあなたの事を理解したいと思っていない。

お互いの気持ちや考えに溝があるので『復縁したい!』と伝えてもなかなか埋める事が出来ないのです。

元彼(元彼女)が復縁したいと思わない原因は、あなたの気持ちとの差になります。

ケンカして破局したケースでは元彼(元彼女)はあなたの事を理解したいと思ってない事を忘れない様にして下さい。

元彼(元彼女)は受け入れてないのに、あなたは受け入れる態度をする事

元彼(元彼女)は受け入れてないのに、あなたが元彼(元彼女)を受け入れようとする態度を見せた時、元彼(元彼女)はどう思うでしょうか?

もちろん状況によって異なりますが、少なくとも受け入れる態度が取れなければ、元彼(元彼女)があなたを受け入れる事はありません。

あなたが受け入れる態度を取るのは復縁したいなら当然ですが『自分が受け入れる態度を取るのに元彼(元彼女)はそういう態度を取らないんです!』という考えをすれば、お互いに受け入れる態度に進む事はないのが分かります。

あなたが復縁したいなら、あなたが受け入れる態度を取らなければ元彼(元彼女)が受け入れる態度をしてくれる事はありません。

他人の気持ちや考え方を変えるのは人間であり、元彼(元彼女)の気持ちや考え方を変えるのはあなただという意識がなければ復縁はできないのです。

SMAPのセロリの歌詞の続きにある歌詞を参考に仲直りしましょう。

性格曲げてまで気持ちをおさえてまで

付き合うことないけど

1人じゃもちきれない素敵な時間に

できるだけ一緒にいたいのさ

引用:セロリ

出来るだけ一緒にいる為に…

今のあなたに出来る事を考えた事はありますか?

何をすればあなたが一緒にいたい人と一緒にいる事が出来ると思いますか?

ケンカが原因で別れた2人の間にはお互いの言い分があり、言い分がぶつかってケンカになりました。

ケンカはケンカ両成敗という言葉がある様に、双方に問題がありますが双方が自分のプライドを大切にして、自分の主張が正しいと考えればお互いが歩み寄る事はありません。

喧嘩をしないカップルはいません。

大切なのは喧嘩をしても好きという気持ちと喧嘩で浮き彫りになった違いを、どう自分が受け入れるかです。

仲直りする為にSMAPのセロリを参考にして何があなたにとって一番大切なのか?を考えてみては如何でしょうか?