友人、恋人、家族、知人、様々な出会いが人生にはあり、出会いは一期一会大切なものになります。

共感する事が出来、共感出来るからこそコミュニケーションが上手に取れ、育ちや性格、考え方の違いから元々は何も知らない人達が共感出来る部分を元に関係が深まる事は良くあります。

共通の趣味、共通の仕事、共通の日常等、人が日々感じる事は人によって異なりますが、1つの事に共感出来、お互いの人間性に惹かれて恋に落ちる事も少なくありません。

共感する事の大切さが関係が長くなればなるほど薄れていき、薄れた事で共感する大切さを忘れてしまい破局に繋がるカップルは少なくありません。

共感出来るものがなくなり、結婚という縛られた関係ではない為、共感出来るものがなくなった時に簡単に別れに到り、復縁を求めるのですが、男女問わず復縁したい方は、元彼(元彼女)とのコミュニケーションを取っているつもりで取れておらず以前は共感できていた事が共感出来なくなっておりケンカに発展して別れに到るケースは少なくありません。

人間は時間と共に考え方も気持ちも変化します。

日常生活のちょっとした出会いで他人とのコミュニケーションを交わせば、他人の意見を取り入れる事や考え方を変える事等、いつまでもピーターパンではいられないのです。

現代ではネットの普及も手伝い、テレビや雑誌だけの情報だけではなく著名人のSNSの発信など、考え方を変える原因は無数にあります。

無数にある情報から知らず知らずの間に影響を受けていれば人間の考え方は変わり、以前に共感出来る部分が共感できなくなり、以前は良いと思っていた部分も悪く見えてしまう等、共感出来る部分がなくなれば他にも様々な影響を及ぼします。

  • 自分の話を肯定して欲しい
  • 共感を得たい

と人間は誰でも共感を求めます。

好きな相手や大切な恋人なら共感出来る事を与えれば、元彼(元彼女)の立場から物事を考えてくれている!と見方を変える事も出来ます。

元彼(元彼女)に対する理解が深まるキッカケになり、元彼(元彼女)の立場で物事を考えた結果、復縁に繋がる可能性も上昇させられるのです。

しかし、付き合いが長くなればなるほど、自分に共感して欲しい!という部分が強くなり、元彼(元彼女)に共感しよう!ではなく自分に共感する事を求めた行動をする為、復縁とは真逆の行動をとりがちです。

元彼(元彼女)と復縁したいなら、元彼(元彼女)に共感する事はとても大きな役割を果たすのですが、復縁を望む方々は元彼(元彼女)の考えに寄り添う!と口にはするものの、実際に行動に移す事がありません。

共感を上手く使えば、元彼(元彼女)とのコミュニケーションが上手く行き、一緒にいて楽しい人、一緒にいて楽な人の様な交際をする上でとても大切な事を与える事が出来ます。

共感とは【人々の間の親近感または調和の関係。他の人と気持ち(特に悲しみまたは苦悩)を分かち合う事】という様に、【共感は他者が抱く感情を共有する事】になります。

元彼(元彼女)との復縁を目指して何とか良好な友好関係を構築しようと努力はしていると思いますが、会話は誰にでも出来る事ですが、会話で共感を得る事はとても難しいものになります。

趣味が合う事に頷いていればいい訳ではなく、自分の意見がなければいくら共感しても楽しいものにはなりません。

コミュニケーション不足が原因で別れに到った方のほとんどは、共感とは一体何を示すのか?について考えてみては如何でしょうか?

過去に元彼(元彼女)との間に生じたコミュニケーションの取り方に問題があり、元彼(元彼女)へ共感が不足していたと考えられませんか?

元彼(元彼女)とコミュニケーションを取れていた!とお考えなら、コミュニケーションを本当に取れていたのか?について自分を否定しながら見てみると、共感できていない部分が多々見えてくるかもしれません

共感出来る部分がなくなっていれば、一緒にいる意味を見出せない。

結婚して子供がいれば、結婚や子供に対して共感できる部分を共有出来るから他の部分に問題があっても関係を継続させる事が出来、カップルよりも別れる確率が低いのです。

付き合いが長くなり、付き合う前と付き合った後、そして別れるまでに共感出来る部分は変わって来ませんでしたか?

人が人との関係を構築していく上で共感はとても大切な事ですから、復縁したいなら元彼(元彼女)に共感できていた事について考えてみては如何でしょうか?