元彼(元彼女)とデートをした。

元彼(元彼女)とlineを交わしている。

復縁できそうな気配はするけど、いざ復縁の話しをすると断られる。

何故だろう?と思い、どんな約束をすれば復縁できるだろう…と考えます。

デートに行っても、その場を楽しむのではなく次のデートの約束をどの様に取りつけるか?ばかりを考えてしまい、純粋にデートを楽しむ事が出来ません。

復縁したいけど復縁できてない状況、そして復縁できそうな状況が頭を悩ませます。

復縁したいなら約束の仕方、約束の重要性、そして約束に拘らない事を意識しなければなりません。

次回の約束を取り付ける事は基本中の基本です。

元彼(元彼女)とデートをして次回の約束を取る事は基本中の基本です。

しかし、元彼(元彼女)が約束をしたい!と思ってくれる事はより重要です。

あなたが次の約束を取り付けたい!と思っても、元彼(元彼女)が次の約束を取り付けたい!と思ってくれなければ約束を取り付ける事は出来ません。

次に会う約束が取れれば良い…と考えるだけの約束の取り付け方は意味の無い約束の取り方になり、次の約束が取れてもドタキャンされる可能性もあります。

次の約束を取り付ける基本は次の約束を取り付ける前に元彼(元彼女)を楽しませる事になり、先の事ばかりに目がいってしまえば足元がお留守になり、次の約束を取り付ける基本が出来なくなる為、注意しなければなりません。

元彼(元彼女)が何をすれば喜んでもらえるのか?

元彼(元彼女)が何をすれば好意を持ってくれるのか?

基本を抑える為に目の前の事に全力で当たる様にして下さい。

元彼(元彼女)を楽しませる事が次の約束に繋がります。

元彼(元彼女)を楽しませなければ次の約束を取り付けたいと元彼(元彼女)は思いません。

『絶対に楽しいから遊びに行こうよ!』と誘うのではなく、『楽しそうだな…』と元彼(元彼女)が思うから約束に辿り着ける事を忘れてはいけません。

元彼(元彼女)が楽しいと感じるから約束に辿り着けるのですが、復縁を望む方々は未来で楽しませる約束をして約束を取り付けようとするので不発に終わってしまうのです。

デートで元彼(元彼女)を楽しませていましたか?

lineのやり取りで元彼(元彼女)に不快な想いをさせていませんか?

約束を取り付けられないなら、元彼(元彼女)はあなたといて楽しいと思っていないかもしれません。

そうなれば約束云々ではなく、復縁自体に黄色信号が点灯している事が分かりますよね?

元彼(元彼女)に不快な想いをさせない約束は無意味

別れを告げられた時に『絶対に悪いところは直すから別れないで欲しい…』と約束を口にする方は多いのですが、不快な想いを繰り返しさせて来た人が不快な想いをさせない約束をしても無意味なのです。

別れを告げられる程、不快な想いをさせてきたあなたの約束に対する信用はありません。

待ち合わせを何度もドタキャンした人と約束したいと思わなくなってしまった状態で『次はドタキャンしない様にするから!!』という言葉を信じてくれる人はいませんよね?

『絶対に悪いところを直すから…』という、約束をあなたが口にしたところで自分で自分の信用をなくしてしまったのですから、信用を失くした人の言葉を信用してくれる人はいないのです。

信用は信用出来る状態になって初めて見てもらえるのです。

今後信用出来る状態になるから!という約束をするという事は、今の時点で信用出来ない人と自分で口にしている事と同様です。

信用出来ない人と自分で言っている人との約束を重要視してくれる人はいませんから、元彼(元彼女)に不快な想いをさせない約束をすればするほど信用は無くしてしまいます

復縁したい時にどんな約束をすれば良いと思いますか?

復縁したいならどんな約束をすれば良いのか?

一番気になる事かと思いますが、あなたが一番気にしている事を考えたところで復縁できない事は、この記事を読んで頂ければ分かるのではないでしょうか?

元彼(元彼女)と、どんな約束を取り付けようと、元彼(元彼女)を楽しませる事が出来なければ次の約束を取る事も出来ないですし、復縁に繋がる事はありません。

約束の取り付け方を知りたい!と考える人は、約束の取り付け方が未来の口約束ではなく、今の関係性を重視しなければならない事に気付かなければなりません。

約束の取り付け方を学ぼう!とする人は、今の関係を良好にする方向で考える事が出来ません。

今があるから未来があり、今がダメなら未来もダメな未来を作る事を忘れては約束を取り付ける事がどれだけ無意味な事になるかに気付きません。

元彼(元彼女)は何が楽しいのか?

今どの様に元彼(元彼女)を楽しませているのか?

復縁したいなら考えるべき事は約束の取り付け方ではなく、今の関係を良好にする事に気付かなければなりません。

復縁したい時に元彼(元彼女)が欲しい言葉

復縁したいあなたが掛ける言葉は決まっています。

  • 復縁しようよ
  • 復縁して下さい
  • 復縁してくれたら何でもいう事を聞きます
  • 一生のお願いです
  • …etc

バリエーションはあってもほとんどのパターンがこの言葉になりますが、元彼(元彼女)は、あなたからの『復縁したい!!』という言葉を待ち望んでいるのでしょうか?

復縁の基本は元彼(元彼女)の気持ちを考える事になりますが、元彼(元彼女)が望んでいない言葉を投げかけて『復縁できないんです…』と復縁屋に相談して来る人は少なくありません。

望んでいない言葉を掛ければ復縁できないのは当たり前の事ですが、復縁相談者の多くは復縁できない理由について気付かない方が多いのです。

元彼(元彼女)は『復縁したい!』という言葉が欲しいのではありません。

復縁したいなら復縁したいと思わせる行動を求めているのです。

復縁は1人で出来る事ではなく2人の気持ちが合致するから出来るものであり、2人の気持ちを合致させるには、どんな言葉よりも復縁したいと思わせる行動が求められるのです。

復縁の基本的な部分が分かっていない復縁相談者は多く、復縁の基本的な部分を分かっていないので約束や言葉という復縁する為のテクニックに頼り出します。

基本が分かっていなければ応用は出来ず、応用は基本が出来ていないので活用できないので約束や言葉でどうにかしようとする人は気持ちの大切さを蔑ろにする為、復縁できないのです。

約束や言葉でどうにかしようとする考えを持っていれば、そもそも復縁できる事はないので十分にご注意下さい。