元彼(元彼女)との復縁を考えている方は基本に立ち返って復縁について考えてみましょう。

恋愛は2人でするものであり、片方の気持ちが盛り上がっただけでは交際は上手くいきません。

交際を上手くいかせるにはお互いの気持ちが盛り上がり、同程度の気持ちでお互いに向き合うから交際は順調に行きます。

片方の気持ちが盛り上がらないから『何で気持ちが盛り上がらないの?』と聞くのではなく、言葉ではなく気持ちを盛り上げる術が求められますが、復縁したい方々は言葉で『何で気持ちが盛り上がらないの?』と伝える事と同じ事をします。

例えば、ディズニーランドに行ってつまらなさそうにしているなら『何かあった?』と聞くのは自然ですが、『ディズニーランドに行ってみたいね』という話しを持ち出した時に『あまり行く気がしないな…』という人に対して『何でディズニーランドに行く気がしないなんて言うの!?』と責めるのは間違いである事を理解されていない人もいます。

相手が『行きたくない』と言っている事を責めるのではなく、ディズニーランドに行きたくなる様にプレゼンすれば良い話しなので、ディズニーランドに行きたくない相手を責めるのではなく、自分のプレゼンが出来なかった事を反省すべきなのです。

これを復縁に置き換えて考えてみて下さい。

あなたは『復縁したい』と伝えますが、元彼(元彼女)はあなたのプレゼンには賛同しませんから復縁したいと思ってもらえません。

元彼(元彼女)の気持ちが復縁を望まない事には復縁に繋がらない事を理解して復縁活動に励みましょう。

なぜ元彼(元彼女)の気持ちが復縁に向かわないのか?

なぜ元彼(元彼女)は自分との復縁を考えてくれないのだろう?と考える人は少なくありません。

理由は簡単ですが、復縁したい方々は簡単な理由から目を逸らします。

弊社にご相談頂く復縁相談者もなぜ元彼(元彼女)の気持ちが復縁に向かわないのか教えて欲しいと仰います。

弊社相談員は『復縁したいと思わせてないから元彼(元彼女)の気持ちは振り向かないんですよ』とお伝えしますが、『じゃあ元彼(元彼女)の気持ちを振り向かせる方法を教えて下さい』と仰る相談者は少なくないのですが、元彼(元彼女)を動かすプレゼン出来なかった状態の人にちょっとしたアドバイスをしたところで出来る様になると思っているんだろうか?と不思議に思います。

なぜ元彼(元彼女)の気持ちが復縁に向かわないのか?を考えるなら、なぜ別れなければならなかったんだろう?も考えなければなりません。

なぜ別れなければならなかったんだろう?を考えられる人は、なぜ元彼(元彼女)の気持ちが復縁に向かわないのか?も考える事が出来ます。

なぜ元彼(元彼女)の気持ちが復縁に向かわないのか?を考えるなら、なぜ別れなければならなかったんだろう?を考えてみては如何でしょうか?

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には復縁できない!?

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には復縁できないとお考えなら、どうすれば復縁できるだろう?という考え方に行きつきます。

元彼(元彼女)が復縁を望まなければ復縁を望む様にしなければならないと考えるのは当然かと思いますが、別れを告げられた人が元彼(元彼女)が復縁を望む様にプレゼンする事は出来るのでしょうか?

復縁を望ませるどころか、一度見切りを付けられた人がです。

なぜ見切りを付けられて別れを告げられたのか?を理解して改善されていなければ、元彼(元彼女)が復縁を望む事はなく、元彼(元彼女)が復縁を望まないなら復縁を望む環境を作らなければなりません。

復縁を望まない事には復縁できないとお考えの方は元彼(元彼女)が復縁を望まない環境を作っている事に気付いておらず、復縁を望まない環境を改善しなければ復縁できない事に行きつきません。

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には復縁できないのですから、復縁できる環境作り(自己改善)をして元彼(元彼女)が復縁してもいいかな?と考えてくれる様に復縁活動を進めましょう。

事故が起きるかもしれないジェットコースターに乗りたいと思いますか?

元彼(元彼女)が復縁を望まない原因は全てあなたが作っています。

弊社にご相談頂く方々からご相談内容を聞かせていただくと、相談者自身が原因を作っているにも関わらず、相談者自身が原因を作っている事に気付かない相談者も少なくありません。

自分の問題に気付いてない状態で元彼(元彼女)を受け入れる姿勢って出来ていると言えるでしょうか?

例えば、遊園地でジェットコースターが壊れている事に気付かずに入園させてジェットコースターを運航すれば大問題になります。

日常的に整備点検を繰り返すから事故を未然に防ぐ事が出来、お客さんを入園可能にさせるのです。

元彼(元彼女)との復縁に於いて発生する事故とは復縁してもまた別れてしまうかもしれない。と考えさせる事でもあり、事故が起きるかもしれない遊園地に遊びに行きたいと思う人はいません。

元彼(元彼女)も事故を起こしたくないから、復縁したいと思わないのですから、せめて事故が起きない様に万全の態勢で整備できなければ復縁は難しい事に気付かなければ、いつまで経っても元彼(元彼女)というお客さんが遊びに行ってみたい!と思ってくれる様な遊園地を作る事は出来ません。

あなたという遊園地はいつ事故が起きるか分からない…という不安を抱えたジェットコースターを運営してる遊園地と変わらないのです。

決められた整備をするから安全な遊園地になれる訳ではありません。

整備士は決められた確認だけではなく、異変を感じれば運行を無理にでも止めて整備します。

それがあるから遊園地を開演しても事故が置きづらくなる環境を作り、安心してお客さんを迎え入れる事が出来るのです。

しかし、復縁したい方々は別れという事故を起こしたにも関わらず、何も整備せずに開演しようとします。

挙句の果てには『絶対に直すから復縁して欲しい』と、事故が怒ってからでは遅いにも関わらず、事故を起こす前提の話しを元彼(元彼女)にします。

誰が事故が起きる事が分かる遊園地に足を運ぶのでしょうか?

事故が起きてからでは遅いのが分かっているから元彼(元彼女)は事故が起きない遊園地を探します。

決められた整備が出来てないから別れを告げられ、事故が起きたにも関わらず更に事故を起こすかもしれない杜撰な整備しかしない方が口にする『復縁したいです。』の言葉はご相談を頂く復縁屋には非常に多いのですが、元彼(元彼女)を不幸にしたいんだな…としか聞こえません。

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には…と考える前に方針を改めよう

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には…と考えるあなたが開園する遊園地は利益重視で整備しの人手を削り、入園されたお客さんが事故を起こしても知らぬ存ぜぬを通す危険な遊園地を作っている事はお気付きですか?

問題がある遊園地であるにも関わらず、問題を直そうとせず、自分磨きと称して外装を綺麗にすればお客さんが入ってくれるのでは?と考える悪質極まりない遊園地です。

どんなに外装をキレイに整えようが、危険な遊園地である事を知っているお客さんはが良そうに惑わされる事はありません。

騙されるどころか『安全面を考えずに外装にお金を掛けるなんて馬鹿にしてる』とお客さんが怒る気持ちも分かるのではないでしょうか?

中国にはドラえもんやミッキーマウスなどをコピーしたキャラクターばかりを集めた遊園地が有りますが、日本人が好んで偽物ばかりを集めた遊園地に行くと思いますか?

復縁活動と生じて元彼(元彼女)と復縁する為の基盤作りに奔放している方は自分自身の復縁活動をもう一度見直してみては如何でしょうか?

元彼(元彼女)が復縁を望まない事には…と元彼(元彼女)の問題をどうにかしようとするのではなく、あなた自身の方針が間違えているから復縁できない事に気付かなければお客さんが賑わう遊園地の様に元彼(元彼女)があなたという遊園地に足を運びたいと考える事はありません。

誇大広告の『復縁したい…』という言葉だから復縁に繋がらない

復縁したいと口にし続けるのは大切ですが、口にするだけではなく行動しなければ『復縁したい』という言葉自体が嘘になってしまいます。

『事故を起こしたくないです』と遊園地が口にしてたら事故を起こさない様になりますか?

事故を起こさない様にどんな設備を整えるか?が重要であり、その為に整備士を増員させる事や点検の回数を増やす事等、行動するから初めて事故が起きそうにないな…と考えてもらえると思いませんか?

復縁相談者の多くは外装を整えたり、事故を起こさない為の安全規格の作成をせず『事故は起きないので遊んで行って下さい!』と宣伝しようとします。

事故を起こした張本人が宣伝するこの内容を見るお客さんは『誇大広告の宣伝ばっかりするな!!』と怒りの火に油を注ぐと思いませんか?

あなたが『前とは変わったから大丈夫!!』という言葉を口にすればするほど、誇大広告と捉える元彼(元彼女)の気持ちは冷めていくのです。

復縁する為の環境作りが上手くいき復縁した復縁工作の成功事例

事故を起こした遊園地は事故を起こさない遊園地への変貌と、事故を起こさない事を宣伝しなければ入園者が増える事はありません。

依頼者Aは別れを切り出された際に元彼に『絶対に同じ事はしないし、直すから復縁して欲しい』と懇願して縋り、元彼に呆れられ、lineはブロック、電話は着信拒否をされ、1人で復縁に向かうのは絶望的という状態に陥りました。

元彼と別れて数か月経ってから弊社にご相談頂いた際に『何が別れの原因ですか?』という相談員からの質問に『分かりません。付き合ってた時は幸せだったし、元彼も楽しそうにしてたので』と仰いました。

何が原因で別れに到ったのか?が分からないまま、元彼には『絶対に同じ事はしないし、直すから復縁して欲しい』と口にしていた事から、何を直すのか?元彼に何をしないのか?が分からないまま元彼にその場の状況で適当な嘘を吐いていた事が分かります。

もちろん当の本人には分からない事なので、何も分からないままAは元彼と復縁する為に復縁活動を行っていた事になります。

元彼と復縁する為に化粧を変え、髪型も変え、ネットにある復縁ブログを参考にして元彼の自宅に手紙を投函し、復縁できない人そのままの行動を繰り返しても復縁できなかった為、弊社にご相談頂く事となりました。

根本的な復縁活動の間違いを指摘し、明らかに1人で復縁活動をしていても復縁できない事が分かる為、復縁工作の提案をさせて頂き、復縁活動の在り方をアドバイスさせて頂きました。

Aが復縁したい対象者に復縁工作のご依頼後に接触させ、Aとの交際時に発生した問題点を聞き出すと、Aが考えてもいなかった事が対象者の口から吹き出します。

Aが抱えている問題を改善する為に担当者がアドバイスを行い、対象者には工作員を接触させた状態で連絡を取り合い、少しづつ復縁に向けた心理誘導を行い、復縁は考えられないけど連絡位は取ってみようかな?というところまでこぎつけました。

Aとの交際時に感じていた不快な部分は交際していなければ感じない事でもある為、復縁はしないけどAとの再会を考えさせる様に工作員が仕向けた工作が功を奏し、対象者とAは再会を果たす事となりました。

lineのブロックは解除され、電話の着信拒否については解いて頂けませんでしたがAの変化を見せる為の再会工作を進めた際に交際する前のAに戻ったと対象者から喜ばれました。

以前とは違うAの姿を見て少しづつ対象者の印象も変わっていき、2人でデートを繰り返す様になってきました。

対象者と交差う区員が接触している際も対象者からAの印象について自発的に話して来る様にもなり、印象の変化から対象者も復縁を意識し始めた事が分かり、Aから復縁音申し出をさせたところ、対象者から復縁を受け入れる返事をいただき、復縁成功した復縁工作の成功事例になります。