復縁するには何かしらのキッカケがなければ出来ません。

連絡が途絶えてしまった元彼と復縁するキッカケを作ろうにも元彼と連絡が取れなければ縁が繋がる事はありません。

縁を繋げる為にはキッカケとなるものが必要ですし、キッカケがなければ復縁の可能性が残っていても可能性を活かす事は出来ません。

しかし、弊社にご相談頂く方の中にはキッカケが何もない状態でキッカケ作りもせずに『元彼と復縁したい!』と口にする相談者もいらっしゃいます。

lineをブロックされ、電話を着信拒否され、元彼と連絡がつかない状態で何もキッカケがないまま『元彼と復縁したい!』と口にして復縁できるでしょうか?

元彼がどこに住んでいるかも分からない。

元彼がどこに勤めているかも分からない。

元彼と話す事も会う事も出来ない状態で『元彼と復縁したい!』とご相談頂いても、元彼と復縁できる確率はほぼ0%になり、0%から少しでも可能性を上げる為に復縁工作を復縁屋はご提案せざるを得ないのです。

復縁のキッカケがない相談者がキッカケを作る為に復縁屋に相談するなら分かりますが、復縁のキッカケがない相談者がキッカケもないまま『元彼と復縁したいからどんな自己改善をすればいいかアドバイスして下さい』と言われてもアドバイスのしようがありません。

元彼と復縁するキッカケがない方は参考にして下さい。

元彼と復縁する為のキッカケがないのに冷却期間を空けようとする相談者

元彼と復縁する為のキッカケがないまま『復縁したい!』と口にする相談者は非常に多いのですが、相談者の多くは『冷却期間を空けようと思います!』と頓珍漢な事を仰います。

lineをブロックされ、電話も着信拒否されている状態で『冷却期間を空けようと思います!』という発想には慣れましたが驚きを隠せません。

冷却期間を空けようとしなくても勝手に元彼から拒否されて冷却期間を空けられています。

拒絶されている相談者が『時間を空けようと思います』と口にするのですが、相談者が自分で時間を空けようとしているのではなく元彼が時間を空けたい。距離を空けたい。もう関わりたくない。と思っているから復縁する為のキッカケすら与えられない状態になっているのです。

キッカケを与えてもらえない相談者が『元彼にキッカケを与えない様にしようと思います!』という宣言を聞かされても『この相談者は復縁以前に考え方が明らかにおかしいので別れを告げられたのでは?』と推測出来ます。

当然の事ですが復縁のキッカケを完全に失っている相談者が冷却期間を空けたところで復縁できません。

元彼とlineが繋がっていても復縁のキッカケ作りが上手くない相談者

元彼とlineは繋がっているけれど復縁に進まない相談者も少なくありません。

元彼とlineが繋がっている相談者は『最近lineの返信が遅くなってきたんです。』という相談や『なんてlineを送れば復縁できますか?』という相談を頂きますが、この相談者達は何故今別れているのか?を考えている様で全く考えていません。

せっかく元彼とlineが繋がっていても復縁のキッカケ作りが上手くない相談者達に共通して言える事は文章で元彼の気持を取り戻そうとする考えを持っています。

文章で元彼の気持を取り戻せるなら誰も苦労する事はなく、表面上を取り繕うだけで中身が何も伴っていないので復縁できない事に気付きません。

元彼とlineが繋がっているなら復縁のキッカケ作りは難しくありません。

交際していた時と今の変化を上手な文章で表現するのではなく、変化が見れた部分を押し出せばキッカケ作りは容易になります。

文章で上手い事言って元彼を騙す様な形を取ろうとするので変化を見せる事は出来ない相談者は多く、変化があるなら自然とその変化を文章にのせれば復縁のキッカケは容易に出来るのですが、ご相談頂く方々はなかなか上手なキッカケ作りが出来ません。

元彼と復縁するキッカケで再会を選択する相談者も少なくありません。

元彼と復縁するキッカケで『元彼と会って話せば分かってくれると思うんです!』という相談者がいますが、会って話せば復縁できるなら別れてない事に気付かない女性もまた少なくありません。

『直接会って話したい!』と口にするのですが、直接会って諦める決断をする方が大変多く、諦める為に直接会って話したい!という結果になり、会って話したのでスッキリしたという相談者もまた少なくありません。

9割以上の相談者が『会って話してスッキリした!』と口にするのですが、相談者は『元彼とどんな事をしてでも復縁したいです!』と相談に来られます。

『どんな事をしてでも復縁したいです!』と口にする相談者が復縁するキッカケで再会を選択する時は、自身で復縁は難しい事を悟っている時であり、復縁屋に復縁を諦める為に背中を押して欲しい事が分かる為、『元彼と会って話せば分かってくれると思うんです!』という相談者には『復縁は諦めた方が元彼の為でもありますし、あなたの為でもあると思いますよ。』とお伝えさせて頂く結果になります。

元彼と復縁するキッカケで一番成功し易いのはline?再会?電話?

元彼と復縁するキッカケで一番成功し易いのはlineで『復縁したい』と伝える事も再会して『復縁したい』と伝える事、電話で『復縁したい』と伝える事、どれも変わりません。

成功率はどれも変わらないのですがlineで復縁を求めようとする相談者が一番多く、その背景にはlineなら何度も書き直す事や誰かからアドバイスをもらえる事、復縁成功者のブログ等を参考にして書ける事等が理由として挙げられます。

相談者の方々にお伝えする事ですが、誰かのアドバイスを聞いたり、何度も書き直さなければ自分の気持ちを伝えられない人が元彼と仮に復縁できたとして良好な関係を構築出来るのでしょうか?

少なくとも元彼は『復縁したい』と相談者から言われた時、相談者と復縁したらどんな交際になるか?を考えます。

他人の成功例を参考にしなければ元彼に復縁したい気持ちを伝えられない人と復縁すれば、どんな交際になるか?を考えます。

復縁しても決して良好な関係を築けない事に気付かれてしまうのですから元彼から復縁を断られます。

復縁するキッカケとしてline、電話、再会の方法があり、どの方法であっても成功率は変わりませんが、成功率が変わらない理由は元彼にとって復縁したい人となっている前提があり、前提がなければどんな方法を使っても成功率は低いままで変わらないのです。

lineだから…電話だから…再会だから復縁の成功率が上昇する事は絶対にありません。

元彼と復縁するキッカケには自分の変化をアピール出来る会話が求められる

元彼と復縁するには別れた時とは変わった状況をアピール出来なければなりません。

キッカケはあくまでもキッカケに過ぎず、キッカケを利用した会話が出来て初めて復縁を意識させる事が出来ます。

再会すれば復縁できると考える相談者は、再会する事だけに意識を集中させて再会した後にどんな会話が進むか?を想像しません。

再会は再会であり、再会=復縁ではありません。

復縁するには再会というキッカケを利用した後に別れた時とは異なる自分の姿をアピールしなければならず、自分の姿をアピール出来るからキッカケは再会だった。という後付けが出来るのです。

復縁できる人はキッカケが再会だったという後付けの理由があるので復縁できてますが、復縁できてない人は再会を先付けのキッカケとして考えます。

キッカケを利用してアピールする会話が出来て初めてキッカケは活かされます。

キッカケは活かすモノであってキッカケを求める様になったら復縁は難しい事を忘れてはいけません。

復縁のキッカケがなかった依頼者が復縁した復縁工作の成功事例

復縁のキッカケがない状態で『会えばどうにかなると思うで元彼と会う形だけ依頼出来ますか?』というご相談を依頼者Aから頂きました。

しかし、状況をお伺いしていると本当に再会するだけで復縁できるか?については疑問の状態であり、別れた原因についてもAは『よく分からないけど自然消滅しちゃいました。』と口にし、なぜ会って話せば復縁できると思うのか?についても『私は彼の事を好きだから気持ちを伝えれば分かってくれると思います。』と返答が来るほどであり、再会のキッカケを作っても復縁は難しい事が事前に分かった為、その旨を説明してご理解頂いた結果、再会工作ではなく復縁工作のご依頼を頂く形となりました。

元彼が何故自然消滅の状態を取り、lineを送っても既読スルーで電話をしても電話には出ない状態を貫いていたのか?を理解していなかったAは復縁する為に何が必要なのか?も考えず、元彼と直接会えばどうにかなる。と考えていたとの事で復縁する方法も合せてご説明させて頂き、復縁工作のご依頼を承る為の契約書を交わし、着手金の確認後に復縁工作に着手する形となりました。

対象者の調査を開始後、工作員が接触するポイントを判明させ、元彼への接触を試みる直前にAと打ち合わせを進めていくと、Aは『調査してもらわなかったら彼とどこで会えば良いか分からなくて会社に行くしかなかったですね』と口にしました。

復縁する方法を説明していた為、Aは職場に押しかけるような形を取れば復縁は難しくなる事を理解していたので工作員の接触を待ち、工作員が成功した時の報告では喜びの声を上げて下さいました。

接触に成功しただけでは復縁には繋がらないので対象者から別れの原因を聞き出して、なぜ自然消滅にしたのか?lineも既読スルーになり、電話に出ない理由も聞きだし、Aに報告すると再会するだけでは復縁できなかった事を実感して頂けました。

別れの原因を改善し、対象者に復縁を意識させる様に心理誘導を工作員が行い、自然消滅の状態で時間が止まったままから心の動きを付ける様に仕向けました。

対象者が復縁を意識し出したのでAとの再会に向けて調整していき、Aと対象者が偶然再会する形を取り、自然消滅の流れをなかったかのように話す対象者にAは若干呆れていましたが復縁へと着実に進み、デートを重ねる頃には元彼から『復縁してみる?』という話しを持ち掛けられ、復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。