復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

些細な喧嘩が別れのきっかけの序章になります。些細な喧嘩が大きな喧嘩へと発展していき破局へのカウントダウンとなります。

些細な喧嘩なんて誰でも、夫婦であっても、カップルでもします。

復縁したいと望む人は、些細な喧嘩から始まり、その些細な問題が段々と大きくなり結局別れという決断をされてしまう事が多いようです。

しかし、元カレ・元カノは、喧嘩をしたくて怒っているわけではありません。元カレ・元カノのもあなたのことが大好きだったわけです。

だからこそ一番大事なことは「素直」になることが必要不可欠です。

我々は人間なので、我侭になることもあれば、本当は大切なのに傷つけたりと矛盾した行動をとってしまうことも多々あります。感情に流されがちな生き物だからこそ、怒りに惑わされずに「相手大切にしたい」という根本の欲求に素直にならなくてはなりません。

こんな経緯で些細な喧嘩を大喧嘩に発展させたことはありませんか?

「めんどくさいなぁ・・・」と沈黙した。
「この位で怒るの?」と聞いた。
「なぜ怒ってるの?」と聞いた。

つい発してしましそうな言葉です。意外と沢山の人に心当たりあるんではないんでしょうか。

売り言葉に買い言葉でついつい暴言を吐いてしまうことだってあると思います。しかしこの態度は本音ではありません。

ここが一番重要なのですが、復縁を望む男性はしっかり認識いただきたい事でもあります。

男は鈍感」とよく耳にすることありませんか?復縁したいと望んでいる男性の方、その意味を理解していますか?「そもそも、どこが鈍感か」と分からない方も多いのではないでしょうか。

元カレ・元カノ「どうしてわからないの?」

復縁を望むあなた「わかるわけないでしょ?」

と喧嘩をしてしまった方もいるでしょう、心当たりのある方も多いはずです。

こういった喧嘩で大切なことは、彼女の気持ちをわかってあげることです。

男性は喧嘩の「原因」や「解決方法」にばかり目がいきがちです。

ですが女性というのは、喧嘩の傾向と対策を練ることは正直そこまでではありません。

ただ自分の気持ちをわかって欲しいだけなんです。ここに男女との大きな違いがあります。

この気持ちのすれ違いが、ちょっとした些細な喧嘩を一大事にしてしまいます。

稀に、一言だけだと受け入れてくれない女性もいることも事実です。「簡単に許しちゃだめだと考えている」か「機嫌を良くするタイミングを見失ってる」可能性があります。

あなたが、心から反省し、謝罪しているのであれば、の前提ではありますが・・・。

お互いを傷つけあう、取り返しのつかない大喧嘩に発展してしまうんです。女性という生き物が自分とは違うことをしっかり理解してみてください。

「大切な人を失いたくない」そういう気持ちが大事なのです。大喧嘩が起きてしまうということは自分の中に大きな欠陥がある可能性が非常に高いのです。その欠陥が彼女に悪影響を与えてしまうのであれば、その欠陥、欠点は改善することが必要不可欠です。

復縁屋へ相談するという事は、今あなたの状況は復縁を求めているということです。

最悪の結果を招く前に、相手との関係を見つめなおしてください。