復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

皆さんはモラハラという言葉をご存知でしょうか?社会では一般的に認知されている言葉になってきていますが、自分がモラハラをしているという自覚がない方からのご相談をいただきました。

相手を追いつめて家出させるまでに至った自分を正当化し、相手がきついなら正直にそれを言ってくれればこんな事にはならなかった。

自分ごときのプレッシャーに負けて家を出るなんて…と仰っている方です。

何故相談して来たのか?サッパリ分かりません。

自分が自覚していて相手にモラハラをしている自覚があって相談して来たのならまだしも、その方の言い分は自分も悪かったけど相手も悪い。

一体何を言っているのだろう?と頭を傾げてしまいます。

復縁したいという状況で相手が悪いと言っているだけで、その状況であれば「復縁したいなんて言わなければ良いんじゃないですか?」という話しになりますが、相手が悪いけど復縁したい。

そしてモラハラをしているにも関わらず自分だけが悪いんですか?と仰います。

相談員の頭の中には下記の様な言葉が頭をよぎります。

「この人は復縁どころかよく元カレ・元カノと付き合えたな…」

相手が悪くて自分の非を認めたくないなら復縁したいなんて言っても100%無理です。としか言いようがありません。

相手が悪いのに復縁したい。

相手に非があって自分に非がないなら復縁したいですか?嫌がらせをされて自分が嫌な想いをするのに復縁したいという言葉が出る時点で復縁する意味があるのでしょうか?

自分に非があるから、その非があって別れを決意されてしまった相手ともう一度やり直したいなら理解出来ますが、相手が自分に迷惑を掛けて自分は耐えているだけであれば復縁しない方が良いのでは?と純粋に思います。

にも関わらず復縁したいと仰います。

それでしたら、まずはモラハラしている事を自覚しなければなりませんよね?という話しをさせていただきますが、「自分はモラハラしていません。相手が弱いだけです。」と認める事が出来ません。

復縁屋がこの状況で言える事はご相談者の味方になって「あなたは何も悪くない。相手が悪いですね」という言葉ではなく、元カレ・元カノの味方になって、どうにか苦しみから解放してあげる事しか出来ません。

復縁屋は復縁したい人の味方であるはずなのに復縁屋からも見放されてしまう様なこの手のタイプの人が復縁出来るとは到底思えません。

元カレ・元カノだけではなく、相談する相手にも見放される…一体これでどうやって復縁するつもりなのでしょう?

第三者である復縁屋に呆れられるという状況はハッキリ言って異常です。

当事者である元カレ・元カノの方はよっぽど思いをしていたんだろう…という言葉安易に想像出来ます。

復縁したいと言いながら自分の都合でしか物事を考える事が出来ず、相手に非があると仰るのであれば復縁したいという言葉を出さない方が復縁したい人と元カレ・元カノのお互いの為でもあると思います。