ネットで得られる復縁の知識を得て復縁活動する方はとても多いのですがネットで得られる復縁の知識を鵜呑みにして復縁活動をしている方は大抵復縁できません。

ネットで得られる復縁の知識のほとんどが自分の磨き方が書かれており、自分の磨き方=復縁活動だと認識してしまう方が少なくないのです。

復縁は相手ありきのモノであり、相手の気持ちに沿って復縁活動を行うので結果が伴ってくるのですがネットで得られる復縁の知識は相手の気持ちに沿ったものではなく自分をどう魅せるか?という事ばかりなので得られるモノがほとんどないのです。

得られるモノがほとんどないのですがネットで得られる復縁の知識を求める方はとても多く、ネットで得られる復縁の知識を元にした考え方で復縁活動をしている方は復縁活動をするというよりもどの様に自分が異性から魅力的に映るか?ばかりを考えているだけに過ぎない事に気付きません。

元恋人からどうすれば受け入れてもらえるか?ではなく、自分をどう魅せればいいか?ばかりなので元恋人が魅力を感じてくれる事もありませんし復縁を考えてくれる事もないのです。

ネットで得られる復縁の知識と復縁する為の知識は異なり、復縁の経験があまりない方が復縁の知識としてブログ等で掲載しているのがネットで得られる復縁の知識になり、たまたま復縁が上手くいったという経験を知識として公開しているのがネットで得られる復縁の知識になります。

ネットで得られる復縁の知識は極論するとありません。

ネットで得られる復縁の知識はあくまで情報であって、情報をどう取り扱うかで復縁活動の参考にする事は出来ますが、あくまでも参考程度にしておき、誰を対象として行動するかがカギになるので参考程度にせずにネットで得られる復縁の知識を教科書の様に扱ってしまうと復縁は失敗してしまうのです。

復縁で一番大切なものが何も書かれておらず、何も書かれていない情報を鵜呑みにして復縁活動をする方がネットで得られる復縁の知識を活かした復縁活動をする方になります。

得られる知識を参考にし、何が必要なのか?を考えるから元恋人を意識させる事にも繋がりますし、元恋人と話す時もネットで得られる復縁の知識を元にした会話ではなく自分で考えて言葉を発する事にも繋がるので元恋人との復縁に進む事にも繋がるのです。

実体験に基づいてないだろうな…と思える情報や本当に復縁できたの?という情報しかないのがネットで得られる復縁の知識になります。

作り話しのような情報を経験がないから作り話だと判断出来ず、本当にあった経験談だと誤認識してしまうのがネットで得られる復縁の知識になります。

ネットで得られる情報は復縁だけに限らず、情報を得る側が情報をどう考えるかで使い道が変わります。

SNSも含めてネットには間違った情報が沢山流れており、沢山ある情報の中から自分で情報の真偽を考えて使っていかなければなりません。

復縁に限らずどんな情報であれ情報の真偽を確かめるのは自分自身の経験であり、復縁の知識や経験がほとんどない方にしてみればネットで得られる復縁の知識の真偽を確かめる事も出来ず、その結果、ネットで得られる復縁の知識が間違っている事にも気付かず復縁できないケースがほとんどです。