復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁する期間を気にする相談者様が多いのですが、復縁する期間を気にしても仕方ありません。

しかし、気にしても仕方ないと言われると気になるのが人間で、復縁する期間を気になる人は少なくありません。

復縁したいけど、いつになったら復縁できるのか?

どれだけの期間待てば復縁できる?

どの位の期間を掛けて復縁活動をすれば報われるのか?を考えて復縁活動に勤しむ方が多いのですが、先の見えない期間を耐えられる自信がなく、短い期間なら復縁活動も頑張れる…

でももしも長い期間頑張らなければならないなら別の人を探した方が良いかもしれない…と悩む方もいらっしゃいます。

どの位の期間を頑張れば復縁できるの?と考えて復縁するか復縁を諦めるかを考えたりもします。

復縁屋の立場で言えば、復縁する期間を考えていても復縁出来ないですし、いつまで頑張れば復縁できる!と復縁活動をする為の気持ちの支えを持たなければ復縁活動を頑張れない人に復縁できる事もありません。

それでも復縁する期間を知りたい!と考える人は少なくないので、復縁する期間を考えて復縁活動をして欲しくはないのですが、復縁する期間についてどうしても気になる方へ復縁する期間の参考にして頂きたいと思います。

まず、復縁する為の期間で一週間位だったら良いな。と思う人がいますが、実は復縁する期間で一番多いのが別れた後の一週間になります。

一週間程度を別れたとは言わないという人も多いと思いますが、ケンカ別れで別れた方が復縁するのに一週間程度の期間が一番多い復縁する期間になります。

ケンカの延長で距離を置いた結果、お互いにケンカの原因についてお互いが自分も言い過ぎだった等の反省を考えた結果、元彼氏(元彼女)との復縁を求めて仲直りするのに適した期間であり、復縁する期間で一番多い期間は驚かれるかもしれませんが一週間程度の期間になります。

復縁には冷却期間というテクニックがあり、喧嘩をして頭を冷やす期間として冷却期間を上手く使えたケースでは復縁もすんなりいきます。※参考記事:冷却期間について知りたい!復縁成功の為に必要な冷却期間の知識

別れた期間は本当に彼とのこの先を一生懸命考えてよりが戻りました(東京/20代前半女性)

彼女と離れた期間、彼女の事が大事だって事に気付きました。(大阪/20代前半男性)

彼氏が悪いと思ってたけど私も悪いんだな…って気付いて謝りました(長野/20代前半女性)

離れてたら寂しくて彼女に謝りました(北海道/20代後半男性)

一週間程度の期間が復縁する期間として一番多いのは別れ方がケンカ別れとはいえ、お互いに気持ちが残っているのでケンカして離れ離れになる事よりもお互いに謝って関係を継続させたいという気持ちがあって初めて成功する復縁する期間になります。

一週間を超えた時に元彼氏(元彼女)の気持ちが自分にはもうないかもしれない…!?と疑いを持たなければなりません。

復縁する期間は短ければ短いほど可能性を高め、復縁する期間一週間の次は復縁する期間が一ヶ月程度の方々が多くいらっしゃいます。

別れてから復縁するまでの期間が短ければ短い程、復縁する確率は高くなります。

お互いにお互いを求め合う気持ちが残されており、気持ちがあるから復縁に向かえます。

一週間程度の期間で復縁できなかった人達もケンカが拗れてしまい、このままでは本当に別れてしまうかもしれない…と考えて、復縁を意識してもらえる期間が一か月程度の期間であり、双方共に気持ちがなければ復縁できない期間であり、双方共に求め合っている事が条件として一か月程度の期間を要して復縁できる機関でもあります。

離れて結婚するのは彼しかいないなって気付きました(秋田/30代前半女性)

毎日彼とのlineのやり取りを見返してたら寂しくなっちゃって…(静岡/20代後半女性)

友達カップル見てたら彼の事を思い出しちゃいました(愛知/30代前半女性)

復縁する期間で一か月程度を考える方は多いのですが、実際に一か月程度の期間で復縁できた方々は一週間程度の期間よりも復縁できる確率は減ります。

元彼氏(元彼女)と復縁したいから一か月程度の期間、復縁活動を頑張るものの復縁できずにダラダラと復縁活動をする方も少なくありません。

復縁を目指すか復縁を諦めるかの二択を迫られる期間であり、別れてから一か月が経ってしまうと元彼氏(元彼女)の気持ちも冷め、復縁する気もかなり激減します。

そして一か月程度別れてから経つと復縁占いやおまじない等、神頼みのような状態で復縁活動を行う方々が増加します。

復縁屋の立場としては復縁占いやおまじない等の復縁を他人任せでどうにかしようとして復縁出来ない事をアドバイスさせて頂かなければなりません。

一ケ月程度の復縁活動から三カ月程度の復縁活動の期間を設ける時、復縁できる確率は激減します。

期間を空ければ空ける程、パートナの気持ちは冷めて行き、元彼氏(元彼女)の気落ちが冷めるから復縁成功率は激減します。

激減していく復縁成功率の状態なので三カ月程度の期間を空けてしまうと復縁できない確率が急上昇します。

別れてスグに彼に新しい彼女が出来て焦ったけど、振り向かせようと頑張っていたら私の方が良いって言われてよりが戻りました(愛知/20代前半女性)

彼女とずっとlineはしてたけど、もう一度付き合おうっていう話しにはなりませんでした。二か月位経った頃から彼女の気持ちが少し変わってきたように感じました!(東京/20代後半男性)

三か月程度の期間を設けてしまうと復縁成功率は低下してしまい、復縁する為に自力での復縁は相当難しくなります。

自力復縁が難しい事に気付かずに三カ月程度の期間を設けても復縁出来ない理由は三カ月程度の期間を無駄に過ごして自己改善もされない状態なので元彼氏(元彼女)の愛情は完全に冷めきり、相談者様自身もどうやって復縁すれば良いのか?が全く想像もつかない状態になっています。

そして、復縁する期間が三カ月以上空いてしまった方々は完全に自力で復縁する事は叶いません。

自力で復縁できない理由は別れの原因も全く理解しておらず、復縁する為に必要な事も全く何もしていない状態にも関わらず、何もしていない事にすら気付いてない致命的な相談者様が多いのが復縁する為の期間を三カ月以上空けてしまっている方々です。

何をすればいいのかも分からないので復縁の可能性が一つも見えず、何も理解してない為、何も復縁の可能性が見えて来ず、何も復縁の可能性が見えない中で元彼氏(元彼女)の事を考えているつもりで元彼氏(元彼女)の事を何も考えてない状態が続くので復縁の可能性を更に低下させます。

3年ほど期間が空いたけど彼女だけっていう想いが強くて最後には僕の気持ちを理解してくれました(東京/30代前半男性)

2年間セフレみたいな関係だったけど彼が観念してくれたみたいでした(神奈川/20代後半女性)

復縁する期間が三カ月以上空いてる人は、三カ月以上頑張って来たものがある為、簡単に復縁を諦める事も出来ません。

復縁を諦められない状態と復縁したい気持ちはあるけど復縁できない状態で葛藤し、復縁したいから復縁屋に頼るという最後の望みを掛けてきます。

復縁したいからといって復縁を諦められない状態が続く間に元彼氏(元彼女)に別の恋人の存在が表れてくる為、復縁屋や別れさせ屋という最終手段に頼らざるを得ない状況になります。

復縁する期間に定まった期間はなく、別れてから復縁する為の行動に移すまでの期間も含めて復縁する期間を気にする必要はありません。

もちろん短い期間で復縁できる方々が多いのは文中でも書かせて頂きましたが、別れてから復縁するまでの期間が長いから復縁出来ないという訳でもないのです。

復縁する迄の期間を如何に有効に活かして復縁活動をしているか?がポイントであり、復縁する期間を有効に活かせるかどうかが復縁で一番大切な事でもあります。

復縁相談者様の多くは復縁する期間という数字を追ってしまい、復縁するまでの期間に何をしたか?についてはあまり考えません。

復縁成功者は復縁するまでの期間を気にしていませんし、復縁するまでの期間を気にするよりも元彼氏(元彼女)から受け入れられるにはどうすれば良いか?を気にします。

復縁出来ない人は逆に復縁する期間を気にして復縁する期間の間に何をするか?を考えません。

復縁できる人と復縁できない人の差は歴然であり、その差があるから復縁できない訳ですから、冒頭で書かせて頂いた様に復縁する期間が気になるとは思いますが、復縁する期間を考えていると復縁できない事を絶対に忘れてはいけません。

本当に復縁したいなら復縁成功者の行動を真似するのではなく、復縁成功者の考え方を真似して復縁成功を目指さなければなりません。