復縁相談を頂く際にパートナーへのアプローチ方法について相談頂く事がありますが、アプローチ方法についてひらめいた事だけを相談員に伝えて真剣に考えた事ではなくひらめきについてYES、NOの判断を相談員にしてもらおうとする人がいますが何を相談したいのか分かりません。

『〇〇はどうでしょうか?』という質問を頂いた後に『〇〇は△△になってしまうのでよくないですよね?』と返答させて頂くと『そうですね!じゃあ◇◇ならどうですか?』と質問してくるのですが、『じゃあ』ってどういう事でしょう?

『じゃあ』という言葉を出す時点でよく考えて出した言葉ではありません。

ひらめきだけで言葉を発するのでパートナーからも見捨てられます。

パートナーから言われた事に対して真剣に考えず、適当に対応するから別れを告げられるのです。

別れを告げられて真剣に考え直さなければ復縁できない事を知ったので復縁についての相談等を繰り返すのですが、いつまで経ってもひらめきだけで言葉を発して真剣さもない復縁活動を続けます。

誰が復縁したいのか?

誰の問題なのか?

誰が原因を作ったのか?

真剣に考える人はひらめきだけの言葉を出しません。

パートナーとの事を真剣に考えるから復縁できるのであって真剣に考えなければ復縁がない事を別れの理由について真剣に考える人は知っています。

復縁する為に【考える】という事

考えるという事は、その名の通り考えるという事です。

考えるとは頭を使う事でもありますが知識や経験を元に今までになかった新たな発想を生み出す事でもあります。

新たな発想を生み出す為には知識や経験がなければ生み出す事は出来ません。

そして新たな発想を生み出すのは時間が掛かる事ですし、一瞬の思い付きを考えるとは言いません。

しかし、復縁する為に考えを巡らせようとしている方にはひらめきで思いついた事を考えたと仰います。

本当の意味で考えるとは何か?について考えた事がない方のひらめきで復縁しようとしても何も考えてないのと同様なので復縁できる可能性は1%も上がりません。

【考える事】を勉強と同様に考えている人はとても多いのです。

頭の良い人=勉強が出来る人と考える風潮が日本にはあり、勉強が出来ない人は考えられない人と捉える風潮もあります。

恋愛に勉強の出来る出来ないは関係ありませんし、頭の良し悪しも考える事には関係ありません。

頭の良し悪しは関係ないのですが勉強が出来る人に特に見られる兆候で思い付きやひらめいた事をすぐに口に出して『考えました。』と口にします。

恋愛に勉強の出来、不出来は関係ありません。

勉強が出来ようが恋愛は出来ない方も大変多くいらっしゃいますし、勉強が出来なくても恋愛は上手な方もいらっしゃいます。

ひらめきを考えたと言う人が復縁できない理由

考えるのは物事に対して何が良くて何が悪いのか?を巡らせるから考えたと言えるのであって、ひらめきは考えたのではなく思い付きを指す為、考えていないと捉えられます。

考えてないと捉えられるものを『考えた!』と口にするのですから思い付き程度の考えたを口にするのと同様です。

思い付き程度の考えたを口にするのですからパートナーは、この人に何かを考えさせようとしても無駄なんだな…と感じさせてしまいます。

考えさせようとしても無駄なんだな…と感じさせるという事は話すだけ無駄なんだな…と感じさせる事でもあり、話すだけ無駄な人だし別の人と交際した方が良いのかもしれない…と考えさせます。

別の人と交際した方が良いのかもしれない…と考えさせるので、復縁は考えられない!となり、復縁活動中もひらめいただけの行動を繰り返されるのでやっぱり別れて正解だったな…と思わせてしまい復縁できないのです。

ひらめいただけで行動するのは自分本位な行動でしかありません。

思い付きやひらめいただけの行動をしたところで自分本位な行動でしかなく、自分本位な行動は復縁には結び付きません。

復縁したいなら自分本位な行動は避けなければならず自分本位な行動を避けて相手主体の考え方を巡らせるので復縁に結び付くのです。

ネットの情報でキレイになれば元彼は振り向いてくれるかもしれない!?という言葉に考えを巡らせれば、ちょっとキレイになっただけで元彼が振り向いてくれない事位は分かります。

しかし、ひらめいただけで行動する方は自分本位な考えなので美人になれば元彼が振り向いてくれる!!と都合良く考えます。

少しくらい美人になろうと顔の原型は変わらないのですから元彼が振り向いてくれる事はありませんし、趣味を頑張ろうと仕事を頑張ろうとパートナーが復縁したいとは思いません。

思い付きで考えずに復縁活動する方はほとんどキレイになろう…趣味、仕事を頑張ろう…等の自己満足を復縁活動と呼びます。

ひらめいただけで行動しても復縁できる訳がありません。

ひらめきだけで復縁活動をする人の特徴

ひらめきだけで復縁活動をする人の特徴には復縁活動と称して自己満足しているだけの行動を復縁活動と呼ぶ方が大変多くいます。

パートナーから指摘された事に対しても『自己改善しています。』と口にはするのですが何も改善されておらず自分では改善されたつもりになっている人が少なくありません。

ひらめいた事をそのまま実行に移せていると思い込む節があり、ひらめいた事すら行動に移せていない方がほとんどです。

ひらめきで復縁に繋がる事はありませんが、ひらめいた事すら出来てない状態で自分は出来ていると思い込む方がひらめきだけで復縁活動をする人の特徴でもあります。

考えが浅く、考えの浅さに気付かず、他人から指摘された事に対しても考えを巡らせる事も出来ず自分では行動していると思い込みながら何も行動しない人がひらめきだけで復縁活動をする人の特徴でもあります。