復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

パートナーの本心を知ればパートナーが何を考えて別れを告げたのか?を分かります。

パートナーが何を考えて別れを告げたのかが分かれば、パートナーに好かれる為に何をすれば良いのかが分かり、復縁する方法に辿り着きます。

何故パートナーが別れたいと思ったのか?を知らないのが復縁相談者様であり、パートナーが何故別れたいと思ったのかを知らないので復縁屋に復縁相談をしなければならない状況に陥ります。

パートナーが別れたい!!と思わなければ『別れよう!』と言われる事はなく、パートナーから『別れよう!!』と言われたからには、パートナーが別れたい!!と思った理由があるのです。

『別れよう!!』と言われた事にショックを受けて、別れたい!!と何故思ったのか?を問い詰める様にパートナーに聞く相談者様は多いのですが、別れたい!!と思われる事よりも、相談者様が別れたい!!と思われる様な人であった事にショックを受けなければなりませんし、何故別れたいと思わせてしまったのか?を考えなければ復縁は難しいと思いませんか?

復縁は難しいものですが、復縁を更に難しくさせているのは相談者様自身であり、相談者様が自分で復縁を難しくしている理由はパートナーの本心を知ろうとするのではなく、自分の知りたい欲求に勝てない事や別れたくない!!という一心でパートナーを問い詰め、自分自身に原因がある事に気付かないからになります。

破局するには理由があり、破局の理由がパートナーだと考えれば別れの本当の原因に辿り着く事はありません。

相談者様自身に問題があるからパートナーは別れたい!!と思った訳で、相談者様自身の問題に気付かなければ別れたい!!と思ったパートナーの気持ちに辿り着く事が出来ません。

別れを宣言された時にパートナーは相談者様にパートナーの本心を話せる事は出来ず、『あなたと付き合っていくのは無理なんだ!』と相談者様に告げれば『何故なの?理由を教えて欲しい。別れたくない!!』と別れ話を拗らせたくないパートナーの本心とは真逆の行動に進んでしまいます。

パートナーの本心は後腐れなく別れたいのですから、後腐れなく別れたいのにシツコク別れの理由等を聞こうとしたり、別れたくない…と縋っていればパートナーの本心とは真逆の事をしている訳ですからパートナーの気持ちは更に冷めていきます。

パートナーの気持ちを冷めさせる行動はパートナーの本心を知っていれば起きない事であり、パートナーの本心を知っていれば相談者様はパートナーが嫌がる事もせず、別れ際もスマートに別れる事が出来、復縁の苦しみを抱え込まずに済んだ可能性もあります。

復縁の苦しみを抱えないというのは復縁を諦めるという訳ではなく、復縁できる環境にいる事を自覚しているので復縁したい…復縁したい…と頭を悩ませないで済んでいる可能性があるのです。

本心を知っていれば、それに対する対応を取ればいい事は分かると思いますが、復縁で苦しむ方々は本心を知らないのでいつまでもパートナーの本心とは真逆の事をして復縁出来なくなるのです。

別れの理由を言えば縋られる…

キレイに別れたいのにキレイに別れられないだろう…

もう付き合いたくない…

嫌なところが目についてもっと嫌いになる前に別れておきたい…

別れの本当の理由は様々であり、別れを考えさせてしまった原因は相談者様が全部作ってしまったのですから、別れの本当の原因を作った相談者様にパートナーが本心を語る事はありませんし、本心を語る事はないので復縁活動も何をすれば良いか分からない状況になっているのが復縁相談を頂く方々になります。

本当に復縁したいならやらなければならない事はパートナーの本心を知る事であり、パートナーの本心を知るからこそ復縁活動で何をすれば良いかが分かります。

パートナーの本心を知らないまま復縁活動をするから復縁の方法で迷走している訳ですから、復縁したい!!!と本気で思うなら相談者様がしなければならないのはパートナーの本心を知り、パートナーの事を理解していなかった自分自身の付き合い方を後悔しなければならないのです。