復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

気持ちが重いと言われて別れを告げられ、気持ちの重さに悩む方は多いのですが気持ちの重さは人それぞれに感じ方が異なりますし、復縁する為に気持ちの重さを出さない様にしよう!としても気持ちの重さは伝わってしまいます。

想いが重い。だから想いを出さない様にするというのは一見して正解の様にも見えますが、復縁する為に決して正解とは言えません。

愛するという事は、それ自体が悪い訳ではなく、愛し方を間違えていたので想いが重いと言われてしまいます。

想いがなければ恋愛は成立しませんし、恋愛を成立させる為に想いがなければ当然ですが復縁も難しいのです。

想いが重い方と想いを重くさせないアピールの違いは何か?

想いは伝え方次第で捉え方が異なり、想いの捉え方が変わるから想いが重くなります。

想いが重いと言われてしまい、復縁の可能性を模索している方々は愛情表現の仕方がおかしくなかったのか?について考えていただきたいのですが、想いを重いと言われて、束縛等を考えるだけで、それ以外の想いについては考えません。

何をしたら想いを伝えられるのか?

何をしたら想いを分かってもらえるのか?

想いの伝え方が分かってないので、想いが重くなり、それは交際する上でマイナスの効果を与えてしまいます。

想いが重い方々の特徴として同性や異性とのコミュニケーションは普通に出来るけれど、ある特定の人とのコミュニケーションは苦手とする傾向にあります。

気持ちの重さが出てしまう相手にはどうやって接すれば良いか分からなくなり、想いの強弱の付け方が分からなくなり、強弱を付けられないので特定の人物には想いの強さが出てしまうのです。

コミュニケーション能力が全くない訳ではないのですが、日常的に薄い関係のコミュニケーションを繰り返していた事が原因で起きる事でもあり、FacebookやTwitterのフォロワー数は沢山いるけれど、リアルな関係の方々は希薄な人達によく起きます。

ネット上では自分を偽っているつもりはなくても偽っている姿を見せている事に気付かず、偽りの姿でのコミュニケーションを繰り返しているので特定の人への想いの出し方が分からなくなっている現代病の一種でもあります。

本人は重い気持ちを出しているつもりはなく気持ちの重さが重い事に本人は気付きません。

恋人から言われて初めて気持ちが重い事に気付き、どうすれば良かったんだろう???と頭を抱えるのですが、頭を抱えても想いの重さに気付きません。

想いの重さに気付くのは大切な人を失った後であり、大切な人を失った後に想いの重さに気付くので、失う前に気付けなかった方には何が重いのか?を理解する事が出来ません。

理解出来ないけれど理解しなければならないので、後付けで束縛していた等の理由を自分に言い聞かせて想いが重かったと自分で納得する理由を探します。

想いが重いのは恋人とのコミュニケーションが上手に取れない方に見られる傾向です。

あなたが想いが重いと言われた恋人と復縁したいなら、恋人とのコミュニケーションの取り方について学ばなければ恋愛が上手くいく事はありません。

想いが重いから別れよう…と言われた経験ありますか?