『復縁したい!!』という気持ちだけで復縁活動を成功させようとする人は非常に多いのですが、復縁したい気持ちよりももっと大切な事も復縁には求められる事をご存じでしょうか?

復縁したい気持ちがなければ復縁は当然出来ません。

かといって復縁したい気持ちだけで復縁できるほど復縁は甘いものではありません。

弊社には日々多数の復縁相談を頂き、皆様が『絶対に復縁したいんです!!復縁する方法を教えて下さい!!!』と口にしますが、復縁したい気持ちだけでは復縁できない事が分かります。

気持ちだけで復縁できるなら復縁を考える前に別れていません。

気持ちは大切ですが気持ちだけでは復縁できない事も皆様が分かっている事であり、気持ちだけでは復縁できないから復縁する方法を探し求めます。

復縁したい気持ちは大切ですが復縁したい!!という気持ちよりも必要なものが復縁には求められ、この記事では何故復縁したいなら気持ちだけでは叶わないのか?

復縁したいなら何が必要なのか?を書かせて頂きますので復縁したいなら参考にして頂ければと思います。

「復縁したい!」という気持ちだけでは復縁できない理由

交際初期の頃に考えていた事は「好き」という事だけでしたか?

2人で作り上げる未来やどこに行きたいか?何をしたいか?

未来の事をお互いに話し合って交際はスタートしませんでしたか?

再度交際を始めようとする復縁も変わりません。

復縁後にある将来をお互いに分かち合えなければ交際を再びしたいと思ってもらえる事はないのです。

交際が始まる前を思い出して頂ければどうやったら付き合えるか?どうやったら好きになってもらえるか?を考えませんでしたか?

一目惚れの場合は、どうやって話すか?を考えて行動した結果、交際に至りませんでしたか?

「好き」という気持ちだけで交際に至った訳ではありませんよね?

関係を築くには「気持ち」だけでは叶わず、気持ちを表す行動が求められる為、いくら復縁したい!という気持ちがあっても気持ちだけでは復縁はできないのです。

どうすれば復縁できるか?何をすれば復縁できるのか?行動が大切なのです

どうすれば復縁できるか?と考える人の多くは復縁できる方法を模索するだけで行動しません。

復縁できる方法を探すだけで行動しないのでいつまで経ってもどうすれば復縁できるか?何をすれば復縁できるか?から進みません。

気持ちが先走るだけで行動しない方は、すぐにでも復縁しなければ恋人が出来てしまう…と焦り、気持ちが焦るだけで行動を起こさない為、復縁できないのです。

行動しないので復縁できないんじゃないか?と弱気になり、「何で復縁してくれないんだろう…」と相手を非難します。

復縁する方法が分からないから行動しない!と行動しない理由も自分ではないところに見出す為、復縁したいけど行動しない言い訳を並べます。

「復縁したい!!!!!!」という気持ちよりも、「何をどうすれば復縁できるか?」と考えて行動する方が必要であり、大切なのです。

復縁してもらう為に大切な事も考えてみましょう。

復縁したい!!と考える方はとても多いのですが、復縁してもらうには?と考える人はあまりいません。

復縁するには相手の気持ちを考えなければなりませんが、相手が何をしたら復縁しても良いかな?という点を考える人が少ないのは復縁活動をしている方々の特徴です。

復縁したい!!と思うのは復縁したくなる魅力が相手にあるという事です。

復縁したい!と思われないのは復縁したくなる魅力があなたにないという事です。

復縁したい!!と口にするだけで復縁したい!と思ってもらえる魅力がないので復縁したいと思ってもらえません。

何故別れたのか?何故復縁したいと苦しまなければならないのか?が分かれば、あなたが復縁したいと思われない人である事に気付くのではないでしょうか?

復縁してもらいたいなら相手が復縁したい!!と思ってくれる人にならなければ始まりません。

復縁してもらう姿勢は復縁したい!と気持ちを押し付ける事ではありません。

復縁してもらう姿勢は復縁したい!!と気持ちを押し付ける事ではありません。

復縁してみようかな?と考えさせる姿勢であり、謙虚な姿勢がなければ復縁してみようかな?という気持ちを持ってもらえる事はありません。

復縁したいのは相手ではありません。

自分が復縁したいのですから謙虚な姿勢がなければ復縁しても良いかな?と考えてもらう事は出来ません。

謙虚な姿勢は媚びを売る訳ではなく、相手に迎合する訳でもありません。

復縁してもらう姿勢を持つなら日常的に謙虚な姿勢を持ち、相手を受け入れる姿勢を持てなければなりません。

復縁したい!!と気持ちを押し付ける人は謙虚な姿勢がなければ復縁してもらう姿勢になれない事を忘れてはいけません。

復縁したい!と口にする人は反省の【言葉】だけを必死に考える

復縁したい!と口にする人は反省の【言葉】だけを必死に考え、言葉を必死に考えるだけで行動が実際に伴いません。

行動を伴わずに言葉だけでどうにかしようとする人の典型で『復縁する時のlineの送り方を教えて下さい。』という相談や『手紙の方が気持ちが伝わると思うんで手紙を書こうと思ってます。』といった言葉をよく口にします。

言葉だけを必死に考えて行動しないので反省の言葉を伝えれば復縁してもらえるかの様に捉えます。

その程度の気持ちで『復縁したい!!って本気で思ってます。』と口にするのですが、他人や復縁したい相手からしてみればその程度の復縁したい気持ちにしか映りません。

復縁したい!!と口にする人の反省の言葉だけでどうにかしようと考える気持ちは誰の目にも明らかに本気で復縁したいと考える人には移りません。

復縁したい!!からどんな行動を起こせば復縁を意識させられる?

復縁したいから自分磨きやlineの送り方、手紙の書き方等をネットで検索する人はとても多いのですが、復縁したいならまずは今の状況を客観的に分析し、一人でどうにか出来そうな問題なのか?を分析しなければなりません。

一人でどうにか出来そうにない問題なら誰かに手伝ってもらわなければならず、一人でどうにか出来そうな問題なのかも分からない場合、一人でどうにか出来る問題ではない事に気付かなければなりません。

復縁したいなら復縁という目的地を定め、目的地から逆算して何をすれば良いか?を考えなければなりません。

逆算して何をすれば良いか?に基いた行動をするから目的地に近づく行動が分かります。

復縁屋が復縁工作の方法を提案させて頂く時も復縁という着地点から逆算して工作員が何をすれば良いか?を復縁工作の方法として提案させて頂きます。

復縁の専門家は復縁の知識が豊富な為、目的地(復縁)から逆算していく幾通りの方法の中から一番適切な方法をご提案させて頂きますが、復縁の知識がない方でも復縁からの逆算をして復縁する方法に辿り着く事が出来ます。

相手に必要とされる人になる事!が復縁には求められます。

『カスタマーサティスファクション』という言葉をご存知ですか?

カスタマーサティスファクションはマーケティング用語で『顧客満足度』を指し、『顧客の期待通りの製品・サービスを提供する』という意味になります。

相手に必要とされれば=復縁に繋がると安易に考える訳ではありませんが、相手の期待通り=相手が望む行動をする事で少なくとも意識させる事は出来ます。

例えば既婚者で、夫が飲み会の為、帰宅が遅くなった時に喧々と責められたいと思う人はいません。

帰って来た夫に対して「お帰りなさい、お疲れ様」を言う事で夫に不快な思いをさせるどころか居心地の良い空間を提供出来ます。

飲み会帰りの夫に「なんでこんなに遅いの?!浮気してたんじゃないの?!無駄なお金を遣ったんじゃないの?!」と、疲れている夫を責めれば飲み会で疲れた夫は更に疲れます。

カスタマーサティスファクションと反対の行動を積み重ねれば夫が愛想を尽かすのは当たり前です。

しかし、大抵の方は『飲み会で楽しんでいる夫が悪い』と夫を責めます。

相手に必要とされる人になる事は夫に媚びを売りなさいという訳ではありません。

疲れている時に尚更疲れる事を言われたら嫌になるもの当然ですよね?

相手に必要とされる人になる事が復縁には求められる為、カスタマーサティスファクションを実行する事で不要な人から必要な人に変わる事も出来るのです。

余談ですが自分磨きで料理を学んで復縁活動していると思い込んでいる人はカスタマーサティスファクションではありません。

余談ですが自分磨きで料理を学んで復縁活動をしている女性は多いのですが、カスタマーサティスファクションを間違え、相手が料理の上達をそれほど望んでいないにも関わらず料理が上手になればカスタマーサティスファクションが出来ていると思い込みます。

相手が望んでいないのに満足を与える方法として料理を上手になろうとする人に復縁は出来ませんのでご注意下さい。

『カスタマーディライト』というものもあります。

カスタマーディライトは『顧客の期待以上の製品・サービスを目指す』との意味で、『顧客に予想外の歓びや感動を与えること』になります。

相手の期待以上=相手が喜ぶ行動をする事で所謂デートのサプライズと同等の効果を与えます。

飲み会で帰宅が遅くなった例で考えるなら、「お帰りなさい、お疲れ様」の後に、「何かさらっと食べて寝る?それともお風呂に入る?」と付け加える事が、カスタマーディライトに該当します。

必要とされる人と必要とされない人の違いはお分かりいただけたでしょうか?

相手が何を望んでいるか?相手が何をしたら喜んでくれるか?人間関係の基本です。

相手が何を望み、何をしたら喜んでくれるか?を考えるのは人間関係を構築する上で大切な基本です。

復縁したい!と口にする人は自分の必要性を考えずに相手に自分の必要性を押し付けようとします。

人間関係の基本が出来なければ復縁は出来ない為、ご注意下さい。

復縁したい!なら自分が間違っている事を認める事は絶対に必要です。

自分を否定するのはとても難しいのですが、別れを告げられ復縁したいなら自分が間違っている事を認めなければなりません。

自分の間違いを認めるのは相手が間違っている事も自分の間違いだと認識しなさい!という訳ではありません。

例えば浮気をされて別れを告げられたなら浮気をした元恋人や浮気相手が悪いのは事実です。

しかし、浮気をさせてしまった自分を否定出来なければ浮気相手より魅力のある人物になる事は出来ません。

浮気した元恋人や浮気相手が悪くても自分を否定出来るから自身の成長に繋がるのです。

自身の成長がなければ浮気相手から縁を取り戻す事は出来ません。

復縁したいのは相手ではありません。

自分が復縁したいのですから自分が復縁しても良いな…と思われる人物にならなければ復縁は出来ません。

自分を肯定するのは簡単で、自分を肯定しても別れを告げられた事は肯定せず相手を責めても復縁できない為、復縁したいなら自分が間違っている事を認めなければ先に進むことはありません。

復縁したい相手が絶対にあなたに必要なら何をする必要があるのか分かりますよね?

復縁したい相手が絶対にあなたに必要ならここまで読んで頂けば何をする必要があるのか分かりますよね?

復縁したい相手があなたに必要なら復縁に向けて行動しなければなりませんし、復縁について考える必要もあり、正しい復縁の知識を増やせば復縁活動も前に進みます。

復縁したい!!と口にする事は大切で、復縁したい気持ちがなければ復縁は叶いません。

しかし、冒頭で書かせて頂いた様に復縁したい気持ちだけでは復縁は叶いません。

復縁したいなら気持ちは大切ですが気持ちを表す行動を起こさなければなりません。

そして復縁する為の行動は何が必要なのか?は読んで頂ければお気づきかと思います。

復縁は簡単な事ではなく、別れという決断をさせてしまったのですから復縁したいなら真剣に復縁活動に取り組まなければ復縁を手にする事は出来ません。

何故その人でなければダメなのか?を考えましょう。

何故その人でなければダメなのか?を考えて、本当に必要なのか?が分かっていなければ復縁を目指している途中で諦めてしまう事もあります。

復縁したい!という気持ちがなければ復縁は出来ませんし、気持ちがもちろん大切な事は冒頭でも書かせて頂きました。

何故その人でなければダメなのか?を考える事で復縁したい気持ちを切らさない様にする事にも繋がりますので復縁したいならどれだけ相手を想う気持ちがあるのか?も考える必要があります。

なぜ復縁する必要があるのか??苦しい想いから逃れたい?

何故復縁する必要があるのか?をお聞かせ頂くと寂しいから復縁したいと仰る方もいますし、苦しいから復縁したいと考える人もいらっしゃいます。

相手が必要だから復縁したい!ではなく自分が苦しい状態から逃れたいから復縁したいと考えても復縁を考えてもらう事は出来ません。

復縁は精神論で成功する訳ではありません。

精神論で成功する訳ではなくても復縁したい気持ちの根源が自分が苦しいからでは復縁に向けて努力する姿勢も異なります。

苦しいから復縁したい!!ではなく、大切な存在だから復縁したい!!という気持ちが見えなければ復縁したい相手にも気持ちは見透かされ、復縁したい気持ちが叶う事はありません。