復縁相談者から『男性(女性)心理を教えて下さい。』というご相談を頂きますが、男心や女心は簡単なものではありません。

『男心(女心)が難しくて分からないんです。』と仰る相談者は少なくないのですが、男心(女心)が分からない人に『男心(女心)って〇〇ですよ!』と伝えて理解出来るとお考えになれるのが分かりません。

弊社に無料相談を頂く方の中にも『〇〇ってどうなんですか?』というご相談をいただくのですが、『〇〇は××なんですよ!』と伝えた際に『分かりました!』とお答えいただいた翌日に再相談を頂いて同じ質問をする方がいます。

男心(女心)が分からない、男性(女性)心理を知りたい!という方に男心(女心)の難しさをご理解頂く復縁ブログになります。

男心(女心)を理解するのは何故難しいのか?を考えた事がありますか?

男性は女心が分からない。

女性は男心が分からない。

復縁相談時に『元彼の気持が分からないんです』という女性相談者。

復縁相談時に『元彼女の気持ちが分からないんです。』という男性相談者。

男性が女性の気持ちを分からないのは当然であり、女性が男性の気持ちを分からないのも当然です。

しかし、良く考えて頂きたいのですが男心(女心)の前に、人の気持ちを完璧に理解出来る人はいると思いますか?

男心(女心)が分からない以前に人の気持ちを理解出来る人はいないので、男心(女心)が理解出来ないのは当然なのです。

言葉を交わす事で人は相手の気持ちをある程度汲み取る事が出来ますが、言葉を交わしても100%理解する事は出来ません。

同性であっても理解出来ないのが人の気持ちであり、異性だから分からない。異性だから難しいではなく、人間だから分からないのが普通です。

あなたが知りたいのは男心(女心)ではないですよね?

男心(女心)が分からないと嘆く相談者は元彼(元彼女)の気持ちが知りたいはずなのに、なぜか男心(女心)と元彼(元彼女)が属しているグループについて知ろうとします。

雑誌やネットにあるブログに書かれている『〇〇な時の男心(女心)は△△です!』といった情報を信じますが、雑誌やネットにあるブログに書かれている男心(女心)は正しいとは言えません。

anan等の女性誌に『〇〇な時の男心は!?』等の題材が書かれた雑誌が書店、コンビニでも販売されているケースがありますが、男性が読めば何を言ってるんだろう?と思う事が書かれている情報が雑誌では正しい情報として書かれています。

anan等の雑誌編集者は北脇朝子編集長が行っており、北脇朝子編集長は名前からも分かる通り女性です。

女性が編集長をしているananは男心が分かるのでしょうか?

女性編集長だから男心が分からない訳ではありませんが、基本的に人の気持ちは本人しか分からないのですから復縁したいなら男心(女心)を知ろうとするのではなく、元彼(元彼女)の気持ちを知ろうとしなければ復縁できない事は分かりますよね?

なぜ男心(女心)が分かると言われる人が存在するのでしょうか?

男心(女心)が分かると言われている人は相手の立場に立って考える事が出来る人であり、相手の立場に立って考える事が出来る人だから男心(女心)が分かっている様に感じるのです。

男心(女心)の前に人の気持ちが分からなければ男心(女心)に辿り着く事はありません。

男だから…女だから…という観点で見るのではなく、1人の人間として相手を見るので相手の気持ちが分かり、そこに性別を付与して考えるのです。

結果的に人の気持ちが理解出来る人と周囲から評され、男心(女心)が分かる人と言われます。

男心(女心)が分からないという人は『人の気持ちが分からない。』と仰っている事と変わりません。

人の気持ちが分からないので交際していた元彼(元彼女)の気持ちも分からないのです。

人の気持ちが分かる人は男心(女心)も分かります。

男心(女心)が分かる人は人の気持ちを理解出来る人であり、人の気持ちが分かるからこそ周囲からも好かれています。

あなたの周りの男心(女心)が分かる人は周囲から好感を得ている人ではありませんか?

あなたは人の気持ちが理解出来る人ですか?

もしも、あなたが人の気持ちを理解出来る人なら、男心(女心)について悩みを抱えるはずがありません。

自分が相手の気持ちを理解していると思い込んでいるので、自分が理解出来ていない理由をどうにかしようではなく、相手が男性(女性)だからという自分以外の理由を見つけて探すから『男心(女心)が分かりません。教えて下さい。』と復縁相談者は口にします。

元彼(元彼女)の気持ちを理解しているなら別れを告げられる事がありません。

別れを告げられたのは元彼(元彼女)の気持ちを理解していないからであり、男心(女心)が分からないから別れを告げられた訳ではありません。

あなたが元彼(元彼女)の気持ちを理解出来てないと自覚しなければ元彼(元彼女)の気持ちはいつまで経っても理解出来ませんし、別れを告げられた理由を分かる事もありません。

男心(女心)について考える前に、自分は人の気持ちが分からないかもしれない…と考えられなければ復縁できません。

復縁するには元彼(元彼女)の気持ちを理解しなければなりません。

復縁するには元彼(元彼女)の気持ちを理解しなければならず、男心(女心)や女心を知ったところで復縁できません。

『〇〇な時、男性(女性)はどう思うんですか?』という質問をする復縁相談者はとても多いのですが、男性(女性)を一括りにして考えたところで元彼(元彼女)の気持ちとは関係ありません。

元彼(元彼女)の気持ちに向き合わずに男心(女心)に向き合おうとしても元彼(元彼女)の気持ちに辿り着く事がないのですから男心(女心)を知ろうとすればするほど復縁活動とは関係のない努力をしている事が分かります。

復縁したいなら必要なのは元彼(元彼女)はあなたと交際していた時どう思っていたか?であり、別れを告げられた時、元彼(元彼女)は何を想っていたから別れを告げたのか?元彼(元彼女)はあなたと交際していた時、本当に幸せだったのか?を考えなければなりません。

知るべき、考えるべきは元彼(元彼女)の気持ちであり、男心(女心)ではありません。

誰を目的にして復縁活動を行うか?という目標がズレていれば復縁できません。

対象となる人物は元彼(元彼女)であって、不特定多数の男性(女性)ではない事を忘れない様にして下さい。

男心が分からないと相談頂いた方の復縁工作が成功した事例

男心が分からないから教えて欲しいとご相談された依頼者Aに『男心が分かっても復縁できないと思いますよ』とお伝えさせて頂きました。

男心が分からないので悩みを抱えていましたが、元彼の気持を理解出来なければ元彼に好まれる為に何をすれば良いか?も分からないので復縁できない事を説明するとご理解頂き、1人では復縁が難しい事に気付き復縁工作のご依頼を頂く事になりました。

元彼の気持が分からず、別れの原因についても理解していないので何をしても1人では復縁できない事に気付いたとの事でした。

元彼に工作員を接触させ、Aとの別れの原因を聞きだし、元彼が何を考えていたのか?の理解を示せば復縁の成功率を上げる事に繋がる説明をして復縁工作を熱望されました。

復縁工作の契約書を交わして着手金の確認後、復縁工作に着手し、Aから頂いた情報を元に対象者の調査をする事から始めました。

対象者の行動を調査していくとAが知らなかった対象者の素顔を見る事が出来、調査報告を元にAにはアドバイスを進めていきました。

工作員を対象者に不自然にならない様に接触させ、対象者との人間関係を構築していきます。

対象者と人間関係を構築した後、Aと別れた原因を聞き出しましたが、対象者の口から『元彼女は自分の事を何も分かってないし、何も理解しようとしないで自分の言いたい事ばっかり言って来て疲れた』という言葉を聞き出します。

男心が分からないと相談してきたAは元彼の気持を知ろうとせず自分の想いばかりを元彼に押し付け、気持ちの押し付けに疲れた事が判明した瞬間でした。

元彼が別れを決断した理由が分かり、Aには別れの原因について改善して頂き、対象者と接触していた工作員は復縁に向けた心理誘導を進めていき、対象者に復縁を意識させていきます。

復縁を意識させた後にAと対象者を偶然を装って再会させた時には別れの原因となっていた部分を改善し、対象者から見て魅力的な女性として再会させた事でデートやlineの連絡を繰り返し、復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。