復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁の基本は元恋人に合わせる事であり、元恋人に合わせるから元恋人は交際が苦痛にならず復縁を考えさせる事が出来ます。

相手が望むものを与えるから良好な関係を築けるのは、お店とお客さんの関係でも分かると思います。

お店はお客さんが喜んでくれるであろう商品を提供し、お客さんはお店が喜んでくれるお金という対価を払います。

双方が望むものを与えるから良好な関係を築けるのですが、もしもお客さんがお店に払う対価をお金ではなく物で払おうとすればお店は警察に通報し、お店とお客さんとの関係は良好な関係を築く事が出来ません。

お互いのメリットになる対価があるのでお店とお客さんの関係は良好な関係を築けますが、復縁を望む方は自分へのメリットを求めて元恋人のメリットを考えないので良好な関係を築けません。

相手ありきの行動があるから復縁できるのですから相手が望む事に合わせられなければ逆に言えば復縁できないという事になります。

お客さんが何を求めているか?を分かるからお店は商品を提供します。

あなたはお店であり、お客さんが元恋人だと考えれば、あなたが自分のメリットだけを考えて商売をしようとすればお客さんは来ずにお店は潰れるのが分かりますよね?

お店はお客さんが何を求めているかを考えて商品を提供しなければなりませんし、あなたも復縁したいなら元恋人が交際相手に何を求めているかを考えなければなりません。

元恋人が求めるものを提供するから復縁を意識させるのは購買意欲を持たせる為の戦略を立てるお店と同じです。

しかし、大抵復縁の為に努力をしているという人はお客さんの事を考えずに自己満足の商品開発をしてお客さんが買ってくれると思い込んでいる人がほとんどです。

そして、お客さんが買ってくれると思い込んでいるのが自己満足だった事に気付かずお客さんがお店に来る事はありません。

今あなたが悩んでいる状態と似ている事に気付きませんか?

復縁したいけど元恋人は振り向いてくれない。

商品を販売したいけどお客さんは振り向いてもくれない。

結果どうなるかと言えばお店は倒産し、あなたは復縁を諦める形になるのです。

お店はお客さんが来てくれる為にお店が満足するサービスではなく、お客さんが満足するサービスをしなければなりません。

元恋人が『嫌な所を受け入れたくないから復縁したくない。』と思う事と、お客さんが『サービス悪いお店に行きたくない。』と思う事は同じです。

お客さんの事を考えずに自分が満足するサービスを提供していればお客さんに受け入れてもらえない様に、元恋人が満足するサービスを提供出来なければ元恋人があなたを受け入れてくれる事はないのです。

復縁は相手ありきで進める事が出来、相手の気持ちが分かるからこそ相手の気持ちに沿った行動をし、相手の気持ちに沿った行動をするから元恋人の気持ちを揺さぶる事が出来ます。

あなたが本当に復縁したいなら元恋人の気持ちに合わせた行動が求められ、元恋人の気持ちに合わせた行動が出来なければ復縁できる事はないのです。

本気で復縁を考えるなら本気で元恋人の気持ちを理解して下さい。