復縁したいけど、どうすれば復縁できるのか?

復縁の仕方が全く分からない人達は多く、復縁の知識、復縁の経験がない為、いざ復縁問題を抱えてしまうとパニック状態に陥る方々は少なくありません。

復縁屋にご相談頂く方々は『どうしたら復縁できますか?』というご相談をいただきますが復縁とは何なのか?という基本的な部分を理解していない為、復縁の仕方まで辿り着かない事が分かります。

復縁に関する知識がない為、冷却期間や自己改善といったネットにある復縁の仕方を真似しようとするのですが、ネットにある復縁の仕方を真似したところで真似は真似であり、真似したところで復縁できる事はないという現実に気付く方はいません。

復縁の仕方は元彼(元彼女)の状況を考えながら進めていくものであり、復縁の仕方が分からない人達は状況を考えずに自分の状況に合せて行動しがちです。

例えば、元彼(元彼女)が復縁したいと思っていない状況にも関わらず、相談者から『復縁したいって伝えたいんですけど、どうやって伝えれば良いですか?』という質問をされる事がありますが、元彼(元彼女)が復縁したいと思っていないのですからどう伝えようと復縁に現状では至らない事を考える人はほとんどいません。

復縁の仕方が分からない方々の行動を参考にしていただいて、あなたの復縁活動にお役立て頂ければと思います。

元彼(元彼女)の立場になるからこそ復縁の仕方を考えられる

元彼(元彼女)の立場になるからこそ復縁の仕方を考える事が出来、元彼(元彼女)の立場になるには、あなたが復縁したいと思っている気持ちを考える間封印しなければなりません。

あなたが復縁したい気持ちを持ったまま、元彼(元彼女)の気持ちを理解しようとするのはとても難しく、難しいからこそ復縁もまた難しいのです。

元彼(元彼女)の気持ちを理解しているつもりになるものの、自分の気持ちが入りこんでしまえば正確に元彼(元彼女)の気持ちを分析する事が出来ず、復縁したい気持ちがあるまま復縁の仕方を求める人達には元彼(元彼女)の気持ちを理解する事はなかなか出来ないのです。

復縁の仕方が分からない人達はスグに『復縁したい!!』と口にするのではなく、復縁の仕方が分かった後に『復縁したい!』と口に出来る様にならなければ、いつまで経っても復縁の仕方に辿り着く事は出来ません。

とても難しい事ですが、難しい事をサポートする為に復縁屋がありますので、難しい事を叶える為に協力者が欲しい時は復縁屋にご相談、ご依頼する事も検討してみましょう。

復縁の仕方が分からない人達は短絡的な思考に到ります。

復縁の仕方が分からない人達は短絡的な思考に進み、短絡的な思考のまま行動しがちです。

例えば復縁したいからネットで復縁方法等を検索して冷却期間という言葉に辿り着き、冷却期間を活用して復縁した成功者達のブログを見ると自分も冷却期間を置けば復縁できるかも!?と短絡的に考えます。

冷却期間は復縁には必要なテクニックではありますが、使い方を間違えれば冷却期間が仇となるケースもあり、リスクもある方法という事に気付きません。

短絡的な思考は視野を狭め、選択肢を少なくしてしまいます。

自分で復縁できるかもしれない選択肢を削ってしまう事もあり、復縁の仕方が分からない方々は自ら復縁の可能性を下げかねません。

復縁はシンプルに考えなければなりませんが、シンプルと短絡的な思考は異なり、シンプルに考えず短絡的な思考で考えるから復縁できない結果を自ら呼び込んでいるのです。

復縁の仕方が分からない人の自分勝手な考え方

復縁の仕方が分からない人は自分勝手な考え方をするケースが多く、自分勝手が原因で別れを告げられるケースも少なくないので復縁の仕方を知りたいなら自分勝手な部分がないか?を考えてみなければなりません。

しかし、自分勝手は自分では気付けません。

自分で気付けないけど、他人からすれば身勝手な行動に映るから自分勝手と呼ばれるのであって、自分で気付ければ自分勝手な行動を取っていないのです。

復縁相談者の方々が『自分勝手な部分を直しました!!』と口にするのですが、復縁屋の立場で話しを聞いていると何が自分勝手なのか?に気付いていないんだろうな…と感じる方は非常に多いのです。

弊社では自己改善に関しては有料サービスでご提供させて頂いている為、自分勝手な方々にお伝えさせて頂いても『無料で出来る範囲で教えて下さい。お金取るなんて優しくないですね!』等と、仰る方もいらっしゃいます。

飲食店に入って『ライスおかわりは無料だから無料のおかわり分だけ下さい!』という人はいないと思いますが、自分勝手な考えを持つ人は同様の事を仰っている事に気付かないのです。

自分勝手な考えを持つ人を復縁屋は無償奉仕で協力する事は出来ませんし、全くの赤の他人の復縁屋に自分勝手な理屈を押し付けようとする方が『自分勝手な部分を直しました!』と仰られても信憑性に欠けます。

復縁の仕方が分からない相談者を復縁成功に導いた復縁工作成功事例

復縁の仕方が分からなかった相談者Aからご相談頂いた際にどうすれば復縁できるのか?という理屈も全く理解しておらずネットの復縁ブログ等を参考にして復縁活動を進めていました。

復縁活動に行き詰ったAは復縁屋の存在に気付き、復縁工作への関心を示し、弊社にもご相談頂きました。

Aが相談前までに行っていた復縁活動についてお伺いすると別れてから連絡を一切取らず仕事に励むという形で冷却期間を設けていたとの事でしたが、その間に別れた原因についてどんな自己改善をしたのか?を確認させて頂くと仕事や趣味に没頭する自分磨きはしたものの、自己改善については特にしていない事を口にします。

別れた原因についてAが考えていた事は、対象者が嫌がる事は絶対にしない!と決意していた事だけであり、自己改善や復縁についてアドバイスする事で復縁活動が根本的に間違っていた事を知ります。

何が間違っているか?と、何をするか?についてご説明させて頂き、復縁工作のご依頼を頂いた際はAにもやるべき事をキチンとこなして頂くお話をさせていただき、復縁工作のご依頼を承る事になります。

工作員が対象者に接触して別れの原因を聞きだし、同時進行で復縁に向けた心理誘導を行います。

別れの原因を担当者とAが協力して改善させていき、第三者目線で担当者がAの自己改善が整いつつある状態で対象者との再会に向けて進めていきます。

工作員が対象者の心理誘導を行っている事でAとの再会を拒まずに済み、別れた後の状況伺いをしてみたいと乗り気の対象者とAが再会を果たします。

再会時に対象者から『付き合っていた頃と雰囲気が全然変わったね』という言葉を受けたAと対象者が復縁成功に到ったのは再会から4週間後の3度目のデート中にAの『復縁したい』という言葉がキッカケの復縁工作の成功事例になります。

  • ※復縁工作の成功事例についてはコチラを参考にして下さい。