復縁するには様々な準備が必要ですが、準備もなく復縁を目指しても上手くいきません。

山に登るにも登山用具を揃える準備が必要ですし、運動するにもストレッチ等の準備が必要です。

何をするにも準備が必要ですが復縁する為の準備をしない人もいます。

勉強も予習、復習が大切ですし、何事も準備をしないで出来る事はありません。

準備を怠れば結果は出ず、準備を怠るので復縁という結果も出ません。

復縁の準備を怠る人は復縁の準備で何をすれば良いかを分かっていないので当然とは言えますが結果が伴いません。

本当に復縁したいなら復縁する為の準備が求められ、準備が出来ているから復縁に向けて進めていけます。

復縁する為の準備が出来ている状態で復縁活動を進めていますか?

復縁する準備が出来ていないならシッカリと準備をして復縁に向けて進める様に心掛けて下さい。

旅行に行く時の準備をイメージすれば準備の大切さが分かりますよね?

復縁という目的地に辿り着くには目的地までの過程を考え、その過程で必要となるものを準備するから目的地に辿り着けます。

東京から北海道に行くには船、飛行機、電車という選択肢があり、その選択肢の内、どのルートを辿るか?で目的地に辿り着くまでの所要時間も費用も変わります。

どんな目的で北海道に旅行に行くのか?を考えた時に費用と時間のバランスを考えて、目的地を北海道から青森に変えた方が旅行のプランとして適切になる場合もあり、準備段階ではどんな旅行にしたいのか?どの位の予算で行けるのか?を調べる下準備が必要になります。

準備をせず1万円を握りしめて東京から北海道に行こうとしても飛行機は乗れません。

往復の料金プラン等、下準備で調べておくので目的地に辿り着けます。

旅行プランを何も考えずに行き当たりばったりで旅行に行こうとしても出来る事と出来ない事が発生する為、旅行に行く準備を怠れば目的地に辿り着けない可能性があるのもご理解頂けると思います。

復縁する為の準備は何が必要だとお考えですか?

復縁する為の準備は状況把握から求められます。

プロスポーツ選手は相手の状況を把握し、勝利する為の練習を行います。

個人の能力を高めるだけではなく、対戦相手を研究し、自分が勝るところで勝負する事やウイークポイントを修正する練習を重ねる事で勝利する確率を上げる事になります。

情報分析はプロであればあるほど行うものであり、情報を疎かにすればするほど勝利する確率を上げる事が出来ません。

復縁する為の準備には状況把握は必要不可欠であり、状況把握が出来なければ何をすればいいか?も直感に頼った方法を信じてしまいます。

準備を怠り、直感に頼った方法で復縁を目指しても復縁に辿り着く事は出来ません。

復縁するには状況把握をする。という最低限の準備が必要となります。

状況把握をする為の準備には別れの原因が必要になります。

なぜ別れてしまったのか?が分からなければ、何をすれば良いのか?に辿り着く事は出来ません。

なぜ別れてしまったのか?が分かっていながら復縁できてない人は良く考えて頂きたいのですが、なぜ別れてしまったのか?を本当に分かっているなら復縁できていない今の状況を疑って下さい。

別れの原因はスポーツで言えば敗退理由になります。

何が相手チームには勝っていて、何が自分のチームは劣っていたのか?を理解しなければ、相手チームとの差を埋める事は出来ません。

相手チームとの差を埋める事が出来なければ、いつまで経っても相手チームに勝てる事はなく、相手チームに勝つ為の何かをするので勝利を引き寄せる事にも繋がるのです。

別れの原因は敗退理由と同じですから、敗退理由が分かれば敗退理由を埋める努力をすれば済みますし、敗退理由を埋める努力が出来れば次は勝利する確率が上がり、敗退理由を埋める努力をしなければ勝利する確率は相手次第の運任せとなります。

相手次第の運任せではスポーツは勝てませんし、復縁も元彼(元彼女)の気分任せでは叶う日が来る事はありません。

復縁できない人は準備をしているつもりになるので遭難します。

復縁できない相談者からお話しをお伺いしていると『自分で頑張ったけど復縁できないんです』と口にします。

しかし、客観的にお話しをお伺いしていると準備しているつもりになって何も準備してない印象がある相談者ばかりが多い現状です。

相談者が準備している内容の多くは元彼(元彼女)との復縁には関係のない自分磨きであったり、元彼(元彼女)が求めてない部分を改善しようとしたり、準備を行っているので独り善がりの練習をして試合に勝とうとする相談者はとても多いのです。

準備をしていないので復縁できないのですが、それでも準備せず、準備の仕方が分からない相談者も少なくありません。

準備をせずに山登りをして遭難する様に、復縁遭難者は準備を怠っているので当然登頂出来ません。

今、少しでも復縁活動を進めている方々には進めた分もったいないと思うかもしれませんが、一旦下山して準備を整え直してから復縁という登頂目指して活動して頂いた方が成功率も大幅に上がる事をお伝えしています。

復縁の準備を怠っていた依頼者が復縁した復縁工作の成功事例

依頼者Aは別れ話しの内容を覚えておき、別れ話しで言われた事を改善しようと自分なりに復縁活動をしていたとの事でした。

しかし、状況をお伺いさせて頂くと本当に別れ話で言われた事が正しいのか?という疑問が残り、復縁活動の内容自体が誤っている様に聞こえた為、Aに何度も確認しながらどんな準備をしていたのか?についてもお伺いさせて頂きました。

Aの努力は全般的に間違っている事が相談内容を聞いていて分かり、間違った復縁活動を行っていた為、元彼との関係が別れてから日に日に悪化していった事も納得出来ます。

何が間違っていたのか?を説明させて頂き、復縁する為には何が必要なのか?を説明させて頂き、復縁工作のご依頼を承る形になりました。

復縁工作の契約書を交わして着手金の確認後に調査に着手しました。

調査を行い、対象者の素行調査を行い、工作員を接触させるポイントを探して工作員の接触に成功させます。

対象者と人間関係を構築させる事に成功した後、Aとの別れの原因を聞き出す事にも成功し、Aが独自で行っていた復縁活動は全て間違っており、準備不足のまま復縁に向けて動いてた裏付けが取れる形となりました。

問題のあった部分を改善して頂く為にAには徹底的にアドバイスを行い、その間に工作員は対象者に心理誘導を行い、復縁を意識させていきました。

復縁を意識させていった結果、Aへの嫌悪感も取れ、Aの自己改善と同時に対象者へのlineの内容も添削させて頂いた為、印象を良くする事にも成功します。

改めてAからデートの誘いを出させると対象者はAとのデートに了承し、2人で楽しい時間を過ごしていただき、工作員が別日に対象者に接触して復縁の感触を確かめると、対象者からまんざらでもない答えを聞き出す事に成功し、Aから『復縁したい!』の気持ちを伝えさせて復縁が成功した復縁工作の成功事例になります。