復縁する為の目標を立てる時、復縁を目標にするのですが目標の立て方についてご存じない方も多いので復縁する為の目標の立て方について解説させて頂きます。

大きな目標を叶える為に小さな目標を幾つもクリアしていくのは目標を達成する為には必要な事ですが、小さな目標の立て方をご存じない為、大きな目標に辿り着く事がありません。

小さな事をコツコツと積み重ねるから大きな目標に辿り着きます。

大きな目標を叶える為には小さな事をコツコツと積み上げなければ目標に到達する事はなく、目標に到達したいなら小さな事をコツコツと積み上げるしかない事が分かっていながら小さな事をコツコツと積み上げようとしないのが復縁する為の目標を立てる人になります。

例えば、怒りっぽい事が原因でケンカ別れした恋人と復縁したい!となった時に怒らない様にする目標を立てる人がいます。

怒らない様にする目標を立てれば怒らない様に我慢をすれば良いので難しい事ではありません。

しかし、我慢は改善とは異なり、我慢は我慢でしかありません。

怒らない目標という大きな目標を我慢という手段で出来ていると認識し、怒らない目標が達成出来ていないけれど目標達成と考えてしまいます。

それでは復縁は出来ません。

怒らない為には何をすれば怒らないのか?

怒ってしまう原因は何なのか?

目標を達成させるには目標を達成させる為の細かな原因に気付かなければなりません。

小さな事からコツコツと繰り返すからこそ大きな目標に繋がり、復縁する為の目標を叶える為には小さな目標をコツコツと積み上げましょう。

大雑把な目標は本質を見失いやすくする

大雑把な目標とは復縁する為の目標の場合、【復縁】という目標になります。

復縁という目標を持つ方は、どうやったら復縁できるか?を考えます。

そして自分に都合の良い目標をクリアすれば復縁できるかの様に考え、もともと大雑把な目標を更に大雑把な計画を立てて叶えようとします。

子供の頃に夏休みの宿題を終わらせる為に計画を立てた方も少なくないと思いますが、夏休みの宿題を終わらせる計画は日々の積み重ねで小さな事をコツコツと積み上げていませんでしたか?

夏休みが始まった日に『夏休みの宿題を全部終わらせる!!』という目標と別れた直後に『復縁する!』という目標を掲げる事は変わりません。

夏休みの宿題を終わらせるにはどうすべきか?がない大雑把な目標を立てただけでは夏休みの宿題を夏休み中に終わらせる事が出来ず、夏休みの終わりに焦って適当に宿題を片付ける事と変わらないのです。

焦って適当に宿題を片付けたところで勉強の力にはなりません。

日々の積み重ねがあるからこそ自分の力になり、実になる行動にもなるのです。

実になる事を積み重ねるから大きな目標を達成させる礎にもなります。

細分化した目標にする方が意識しやすい

細分化した目標にする事で目の前の問題をコツコツと進められます。

上手な目標を立てるコツは目標を細分化し具体性を持たせる事であり、大きな目標を細分化し、小さな目標をコツコツとクリアしていくで気付いた時には大きな目標に辿り着きます。

例えば冒頭の【怒らないようにする】という目標を達成させるには、怒る事をどうにかしようと大きな目標を達成させるのではなく、何故怒りの感情が沸いてしまうのか?を考え、怒りの感情が出ない様にするにはどうしたらいいか?を考えます。

  • 怒る原因を作る人とは接しない。
  • 怒る原因には近づかない。
  • 感情的になりそうな時は深呼吸をする。

怒りの感情を出さない様にする為に我慢をするのではなく、怒りの原因が発生しない為の目標を作り、小さな目標をコツコツと積み上げるのが大きな目標を叶える事にも繋がります。

細分化した目標にするからコツコツと積み上げられるのですが大抵の方々が大雑把な目標のまま目標を細分化せずに自分は出来る!!と信じ切って目標を細分化せずに復縁活動をします。

目標を細分化せずに復縁活動をするよりも細分化した目標を掲げた方が意識して目標達成に繋がります。

目標に優先順位を付ける

目標に優先順位をつけるのも大きな目標を叶える為には必要です。

復縁したい方々は復縁する為に〇〇を変えなければ!!△△を変えなければ!!と焦って色々な目標を立てます。

色々な目標を立て、色々な目標を達成させようとし、結局何も達成できず悩みます。

小さな目標を立てた場合、小さな目標全てを同時に進めるのではなく順位を付けて一つ一つをクリアしていかなければなりません。

一つ一つをクリアする為には目標に優先順位を付け、どれを一番最初にやるべきか?次に何をするべきか?

順番を付けて優先的に必要な事をやらなければならないので焦って行動するのではなく冷静に判断出来なければなりません。

目標を立てるだけでは何の意味もありません。

事を成す為に目標を立てるのは大事ですが目標を立てるだけでは何の意味もありません。

目標は達成する為に立てるモノであり達成出来ない目標を立てたところで時間を無駄にします。

復縁したいという目標だけでは復縁する為に何が必要か?という部分がありません。

何が必要か?を解消させる目標をこなすので復縁に繋がりますが、目標を立てただけで行動に起こさなければ復縁という目標に辿り着く事はありませんよね?

目標を立てるだけで行動に移さないというのには、目標に繋がらない行動を起こす人も含まれます。

例えばスポーツの大会に出場する目標を立てた人が勉強を一生懸命頑張ったところでスポーツの大会には出れませんよね?

復縁する為に自分磨きを頑張る人は多いのですが、自分磨きの努力はスポーツ大会に出場する為に勉強を頑張っている事と変わりません。

元恋人が見た目でNGを出して来たなら自分磨きは大切ですが、別れの原因が見た目ではないなら目標の立て方が間違えている事は分かるかと思いますし、間違えた努力や何も努力をしない姿勢では目標を叶える事は出来ません。

大きな目標は復縁したい!ではなく復縁する!!が正しい目標です

復縁を望む人が掲げる目標は【復縁する!】という目標になり、復縁する為にはどうしたらいいか?を細分化した目標を立てなければなりません。

復縁する目標を立てて目標を細分化するには別れの原因が分からなければ細分化しようがありません。

別れの原因を知らずに復縁する!という目標を持ったところで何をどう細分化すれば良いか分からないですよね?

原因があるから原因を改善し、改善した状態でもう一度異性として意識させられるか?が復縁する!という目標を叶える為に必要な事です。

復縁したい!という目標と復縁する!という目標は似ている様に感じるかもしれませんが目標は全く異なります。

大きな目標は復縁する!

復縁する為に目標を細分化する。

細分化した目標を一つ一つクリアしていく。

目標を掲げる事で今やるべき事が少し見えたのではありませんか?