復縁したいなら復縁屋へ相談する事から始めましょう

別れの後、元恋人の存在は復縁したい相手へと変わっていきます。

この復縁したい相手と復縁を考えた時に、大切な事は、復縁したい相手とは繋がっている事が大切なのではないかと考えます。

よく復縁に纏わるものに関して、連絡をとってはダメ、等という事が書かれてありますが、復縁したい相手と連絡が取れるのであれば取ってもかまわないと思いますし、相手とは何かしら繋がっていた方がいいに決まっています。

とはいっても、これまでのお互いの関係性や、あるいは別れの原因によっては、「生理的に無理」「この人とは二度と関わりたくない」というように、このように復縁したい相手から恨みをかったり、本気で嫌われるという方もいないわけではありません。

嫌悪感を持たれている状態で、友達関係自体も破綻している様な状態というのであれば連絡取ろうと思っていても復縁したい相手が受け容れることはとても困難である事は間違いないので、話は違ってくるのですが。

しかし、別れても連絡を普通にとっている人も少なくはないのです。

ただし、いつでも話をしようと思ったら会話ができる状況ですので連絡を取るわけですが、連絡をとったとしても、そもそも復縁を望む側への反応が薄かったり、恋人関係であった時の様にうまく会話することが出来ず、ギクシャクしたり、仮に会ったとしても、そっけない態度や対応をされてしまい、避けられているのか?と感じる人もいらっしゃいます。

というように、思うようにコミュニケーションをとる事が難しいと感じているものなんです。

復縁したい相手とは何故ギクシャクするのか? 何故そっけないのか?

連絡は取っても何の問題もない関係なのにどうして?と思うのかも知れませんが、復縁したい相手はあくまで、『元恋人』なんです。

つまり、相手は恋人関係を解消したわけですが、復縁したい相手がどう感じるか?をしっかりと考えなければなりません。

連絡をとってもそっけなかったり、反応が薄いとなった時って、復縁を望む側の復縁したいという気持ちが相手に感じ取られている可能性だって否定はできません。

復縁を望む側は友人のように振舞っているつもりでも、ところどころで復縁したいという自分の欲求が出てきたり未練ある状態だって事を復縁したい相手に感じ取られてしまうのです。

ですので、復縁したい相手の反応が薄かったりする事は「復縁を迫られるのは困る」と感じて本当は距離を置こうとしている人である。と考えていいのではないのでしょうか。

感情が邪魔をしているのか、自分の振る舞いや言動はわかっているようで、そうでないことが多いようです。まずは、復縁したい相手に対するこの部分の改善が必要である事は理解できると思います

未練ない行動を心掛ける」簡単なようで難しいものです。

あとはそのような言動を取り続けてた場合、復縁したい相手は自分に対し興味を失っていくのでは?と仰る人もいらっしゃいますが、そもそも興味以前に、復縁したい相手からは警戒されているという事を忘れてはなりません。

警戒されている以上、もう一度好意を持ってもらうことがそもそも困難なのですから。もう一度関係を構築していくには一度リセットさせる必要があるのです。

このように、復縁したい相手が避けているのでは?と感じたとしても、二度と関わりを持ちたくないとか、嫌いだからという事ではなく、まずはこの状況を打破する事から始めなければ復縁のスタート地点にたつ事もできません。