弊社株式会社ジースタイルのカウンセリングルームでは、BGMに有線を導入しています。

そんな有線で流れた広末涼子さんの「大スキ!」という曲。

その歌詞を聴いていて、「こういう女性は愛されるだろうなぁ」と思いました。

復縁したい女性は、参考にするのもひとつの手かもしれません。

部分的に歌詞を抽出しながら見てみましょう。

”あなたといると楽しい”

まずはBメロです。

”あなたといると楽しい”。

何かをしてくれるからではなく、だた一緒にいることそれだけを楽しむ。

破局してしまった方は、それができていましたでしょうか?

話を聞いてくれない、一緒に出掛けてくれない。

多くを望みすぎて、結果、お相手様に負担をかけたのではありませんか?

話を聞いてもらえない理由はなんだったのか?

例えば、聞いてくれないその話題が、お相手様が興味がない話題だったのかもしれません。

話を聞けるタイミングではなかったのかもしれません。

一緒に出掛けてくれない理由は何か?

日ごろの仕事で疲れているのかもしれません。

以前出掛けたときに、お相手様が不快に思う振る舞いをしたことがあって、そのせいで「一緒に出掛けたくない」と思われていませんか?

話を聞くことも、一緒に出掛けることも、義務ではありません。

双方「相手のことが好きだから」できる行動です。

お相手様のその気持ちを削ぐ行動を、ご自身がなさっていた可能性もあります。

多くを望む以前に、まずは基本に立ち返り、一緒にいてくれることを楽しみ、喜び、感謝をすること。

そういう気持ちを身につけましょう。

”横顔を見つめていよう”

”ホッペにチュってしたくなる だけど今は運転中 横顔を見つめていよう”。

自分がしたいことを優先するのではなく、空気を読む。

これも非常に重要です。

「自分がしたいことを全て我慢しましょう」ということではありません。

物事には順序があります。

破局した多くのお客様がこの順序を無視し、また自分本位に我儘を繰り返し、お相手様から愛想を尽かされている現実があります。

  • お相手様がしていること(しようとしていること)は何なのか?
  • それが終わるのはいつごろか?
  • 今最も優先すべきことは何なのか?
  • 自分がしたいことは、お相手様のしたいことの後では不可能なことなのか?

それらを考え、まず自分がしたいことをするのではなくお相手様さま本位で順序を考えることが、今以上に関係を悪化させないこと、また、復縁には大切なことです。

”ありがと ダーリン”

お相手様に対しきちんと感謝をすることについて申し上げましたが、それをきちんと言葉にすることが重要です。

「好き」や「愛してる」との言葉にする方は多くいらっしゃいますが、感謝についてはきちんとできているでしょうか?

感謝をされて嫌な人間はいません。

それというのは、「自分がしたことを相手がきちんと理解してくれている」と実感できるからです。

例えばだた「復縁したい」と伝えるのではなく、「今になってあなたの優しさに気付けたよ。気付くのが遅くてごめんなさい。ありがとう」という伝え方をするのもそうです。

「復縁したい」と思っていらっしゃるお客様は、過去にしてしまったことを謝ったり、今からどうしたいかを伝えることばかりに固執してしまう傾向があります。

勿論それも重要ですが、今までの感謝について伝えることも重要です。

また、関係の悪化に瀕しているお客様におかれましても、ご自身の振る舞いを思い返し、きちんと感謝が出来ていたかを考えてみてください。

「言わなくてもわかるはず」との思い込みはよくありません。

お相手様もお客様も超能力者ではないのですから、言葉にしないと伝わらない、または伝えきれないものというのは絶対にあります。

謝罪もそうですし、感謝もそうですし、愛情だってそうです。

きちんと言葉にして、伝えたい相手に伝わる方法をとりましょう。

まとめ

日常に流れる音楽にも、自己改善や復縁に繋がるヒントがたくさんちりばめられています。

「復縁したい」と目の前のことだけに精一杯になるのではなく、アンテナを広くそして強く敏感にすること。

そしてそのアンテナにヒットした情報やヒントを、きちんと自分の中で噛み砕くことが大切です。

弊社株式会社ジースタイルのブログにしてもそうです。

ただ読むだけでは復縁はできません。

読んで自分の中に落とし込み、噛み砕き、そこで得たものをご自身にフィードバックして、初めて復縁するための材料にできるのです。

お客様が復縁するためのヒントは、日常にたくさんあふれています。

それを逃さぬように、丁寧に生活をしてみてください。