復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

嘘を吐いた事で別れを告げられた場合、嘘吐くのを直さなければ復縁は出来ませんが、嘘を吐く人は嘘を直せないから復縁出来ないケースがほとんどです。

嘘をついてはいけないと思っているのに嘘を吐いてしまうので自分で直そうとしても直らないのが嘘を吐いた事が原因で別れに至った方であり、嘘を吐いた事で別れに至った方が自分の力で復縁するのは難しいと言わざるを得ません。

嘘の年齢を言ってしまった。

収入で嘘をついてしまった。

他に交際相手はいないと嘘を言ってしまった。

既婚者なのに未婚と言ってしまった。

嘘が原因で別れに至るケースは大きな嘘としてはこういった内容になりますが、小さな嘘を積み重ねて別れに至るケースもあり、小さな嘘を積み重ねる方はパートナーから嘘吐きの印象を強くさせてしまい、大きな嘘を吐いて別れるよりも人間性を疑われているケースが考えられる為、復縁し辛い傾向にあります。

嘘を吐く癖がある人が嘘を吐く癖を直すには自分の力では出来ません。

自分の力で出来ないのですが、嘘を吐く癖がある人は『絶対に嘘を吐く癖を直してみせます!!』と嘘を吐きます。

本当に嘘を吐く癖を直そうとしている人は、自分で嘘を吐く癖を直せないのですから誰かに頼らなければ嘘吐きの癖は直りません。

それが分からないから嘘を吐くつもりがなくても再度嘘を吐いてしまう事になり、嘘を吐く癖が直らないので復縁出来ないのです。

嘘を吐くつもりがなくても嘘が出てしまうので、自覚なく嘘を吐いてる事が分かってないのが嘘を吐いた事が原因で別れに至る方々です。

なぜ嘘を吐いてしまうのかが分からないので嘘を吐く性格を変える事が出来ず、嘘を繰り返し吐いてしまいます。

嘘を吐いた事が原因で別れに至る方々は何故嘘を吐いてしまうのか?について考えた事が殆どありません。

嘘を吐く方々は嘘を吐きたくて嘘を吐いているのではなく、忘れっぽいので嘘を吐いた事になってしまうのです。

人間は誰も嘘を吐きたいと思っていませんし、嘘を吐くのは悪い事だと認識されています。

嘘を吐く人と嘘を吐かない人の差は、嘘を吐いた内容を忘れてしまうか覚えているかの違いであり、嘘を吐かない人は有言実行で言った事を守るので嘘吐きにならないのです。

小さな嘘を吐いて小さな嘘だから忘れてしまい、小さな嘘を繰り返し吐いた後に吐いた後に嘘を忘れてしまうので嘘吐き呼ばわりされてしまいます。

嘘を吐かない人は有言実行するので嘘が嘘ではなくなり真実になってくるから嘘吐き呼ばわりされないだけの違いでしかありません。

小さな差でしかないのですが、嘘を吐く人と嘘を吐かない人は言った事をちゃんとやるかどうかであり、嘘は吐いた瞬間は嘘にはならないので吐いた嘘を有言実行すれば嘘吐きではなく周囲から尊敬される人になるのです。

嘘を吐く人は自分の言葉に責任を持ちません。

自分の言葉に責任がないので言った事を忘れてしまい、嘘が嘘となり、言葉を信じた人達は簡単に嘘を吐かれていると考えるのです。

嘘を吐いてもそれを有言実行に移して嘘にさせないから嘘吐きを直す事が出来ますが、有言実行に移す為には誰かの協力が必ず必要になり、一人で嘘を吐く癖を直せるものではありません。

嘘が原因で別れに至った方々は嘘を直さなければなりませんし、嘘が原因で別れに至って本当に復縁したいなら誰かに協力を得て嘘を吐かない様にしなければ復縁出来ません。