復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にご相談頂く際に『僕(私)と仕事とどっちが大事なの!?』という問いかけをして、彼氏(彼女)はどちらを選ぶ事も出来ず、究極の選択のような選択を求められた相談者様の復縁したい彼氏(彼女)は、別れるという選択をして別れに至った際に、自身の発言で後悔して言ってしまった事を後悔しながら、時間を巻き戻す事が出来ず、彼氏(彼女)を苦しめていた事にやっと気付き、復縁屋に『どうすれば復縁できるでしょうか?』という相談を持ち掛ける相談者様も少なくありません。

仕事が忙しくて相談者様とデートする時間が削られたり、仕事が忙しくてlineや電話の頻度が落ちてしまったり、相談者様は自分を大切にして欲しい…と思っての言動だと思いますが、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)にしてみれば納期が遅くなってしまったり、会社から上司や部下にせっつかされたり、出世欲を満たす為のものであったり、交際と仕事のどちらかを選ばなければならない時に、生活の事もあり、仕事を辞める事は出来ないので、恋人との交際を諦めなければならない…となり、別れを告げられてしまいます。

別れを告げられた時に初めて彼氏(彼女)を追い詰めていた事に気付きながらも、仕事と自分を比較された時に仕事を取られた状態になり、落ち込んでしまい、自分は仕事よりも大切ではないんだ…と考えてしまう相談者様がいらっしゃいますが、仕事よりも大切ではない!!ではなく、生活していく上で仕事をしなければ生活できない訳で、生活の基盤があるから恋愛をして二人の仲を深めていく事も出来、比較するものでは元々なく、天秤に掛けてどちらが上か?を競うものではないのに、勝手に競わせて選ばれなかった状態で勝手に落ち込んでしまい、別れを告げられた時に後悔の文字が常に頭をよぎる状態となっているのです。

会う時間を作る為に仕事を休まれて、生活出来なくなった時に、相談者様は復縁したい彼氏(彼女)の生活を全て面倒みれる訳ではないでしょうし、家賃から生活費などの全てを何一つ我慢させる事なく、不自由なく保証してあげられるなら話は別ですが、相談者様は復縁したい彼氏(彼女)に保証を与えられない状態で、自分と仕事のどちらが大切なのか?を選択させるのですから、選択を迫られた相談者様の復縁したい彼氏(彼女)が別れを告げたのも当然の事と言えるのです。

彼氏(彼女)の気持ちを確認する為に、仕事という大切なものと天秤に掛け、どちらが大切か?を彼氏(彼女)からの言葉を聞いて安心したい事を復縁屋も分からないでもありませんが、大事にされているか?自分の事をどれだけ想ってくれているか?と、仕事が忙しい時に確認する作業をされると、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の気持ちが擦り減っていき、最初は勿論仕事よりも相談者様の方が大切!!と思っていても、徐々に相談者様よりも仕事の方が大切になっていき、大切なものが逆転していき、相談者様への愛情が冷めていくのです。

気持ちが冷めて来た事に気付かず、いつまでも自分への愛情確認を繰り返す相談者様に対して、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の気持ちの冷め方は加速していき、恋愛している事への疑問を感じさせ、僕(私)と仕事のどっちが大切なの?と、問い詰める相談者様の言葉で、恋愛している事に対する疑問を持った彼氏(彼女)は別れ話の時に『当分恋愛はいいや…と思っている。』という言葉を使い、相談者様との恋愛に終止符を打つ流れの別れ話をしがちになります。

相談者様の言葉が恋愛熱を冷めさせている様な言葉を使われるのですが、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)は恋愛熱が冷めたのではなく、相談者様との恋愛に対して熱が冷めただけになり、『当分恋愛はいいや…』という言葉には、相談者様との恋愛はいいや…という意味が含まれており、別れた後に彼氏(彼女)は意図していなかったかもしれませんが、気になる異性が出来た時に新しい恋愛に踏み切るようになり、相談者様の復縁は絶望的な状態になってしまうのです。

もちろん、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)は嘘を言っているつもりがある訳ではないので、恋愛は当分いいや…と思ってはいても、恋愛したいと思っていなかったのは相談者様との恋愛だった…という事に気付くので、相談者様が別れた後に彼氏(彼女)に連絡をしていても自分の力でもう一度復縁したい彼氏(彼女)の気持ちを取り戻す事は難しいのです。

本当に復縁したいなら、別れの本当の原因に気付かなければなりませんし、復縁出来ない理由に対しても向き合って考えなければならず、復縁する為に何が必要なのか?を考え、自己改善に励み、相談者様の復縁したい彼氏(彼女)の気持ちをもう一度取り戻す為の復縁活動をしなければなりません。