男性の考えるセックスと女性が考えるセックスは異なります。

復縁相談でセックスについて話しをする方も多く、セックスに自信を持っている男性がとても多い事に気付きます。

男性からセックスに対して自信を持っていると話しを聞き、復縁工作の依頼を請けると女性対象者からは『元彼のセックスは本当に下手で演技するのが大変だった…』という話しをよく聞きます。

そして対象者から聞き出した話を依頼者に伝えると大抵の男性は自信を打ち壊されます。

男性相談者でセックスに自信があるという方のほとんどが独りよがりのセックスをして女性がイク、イカないという事で判断します。

イケは女性は満足していると考えるので、イカせる事だけを考えて女性の身体を雑に扱う為、女性は痛いと思っていても喜んでいると勘違いします。

あまりにも痛いので女性は早目に終わらせようとしてイったフリをしますが、イったフリをする女性を見て男性は自信を持ってしまいます。

女性からすればセックスが下手だと認識するのですが、男性は女性をイカせた事で自分のセックスに自信を持ちます。

自分のセックスの技術に疑いを持たない男性相談者は女性を雑に扱っている事に気付かないのでセックスをすれば仲直りできると考える方までいる始末です。

その為、復縁相談時に『もう一回だけでも体の関係が出来れば復縁できると思うんです!』と聞いてて呆れる言葉を口にする男性相談者もおり、『セックスで関係を繋ぎとめられていたからセックス出来ちゃえば絶対に復縁できると思うからどうやったらセックス出来ますか?』とまで口にする男性相談者も少なくありません。

話しを聞いていれば明らかにセックスしたくないと女性から断られているにも係わらずセックスをすれば復縁できると信じる男性相談者にはどんなアドバイスをしたところで聞く耳を持ちませんし、セックスをすれば本当に復縁できると信じ込んでいるのですから復縁以前に人間性を疑います。

この様な男性相談者と話しをしているとセックスに対する自信がとても漲っているのですが、出てくる言葉は『彼女を何度もイカせたのは私だけだって言ってたんです!!』と信じて疑いません。

セックスに自信がある男性相談者から復縁工作の依頼を頂くと100%に近い確率で対象者から『元彼はセックスが本当に下手だった!』と言われてしまいますが、復縁工作の依頼をいただかなくても『セックスに自信がある!!』という男性相談者はセックスが下手な特徴のある言動を繰り返すので、あ~この人はセックスが下手なんだな…と対象者から聞き出さなくてもセックスの下手さに気付いてしまうのです。

セックスが上手な男性はセックスが上手だと言わなくても所作や会話をしていれば気付きます。

些細な事にも気付き、会話の反応を見て会話が出来る人は自然にそれが出来ている事からもセックスの時にも女性を丁寧に扱う事が分かりますので『セックスに自信がある!』と明言する事はありません。

しかし、残念な事にセックスが下手な人は会話も自分の言いたい事を伝える事に焦り、相手の話しを聞けません。

もちろん些細な事にも気付きませんし、場合によっては会話も聞いているフリで全く理解してないので女性の反応を見ながらセックスが出来てない事にも繋がります。

その様な男性相談者が元恋人とセックスが出来れば復縁できる!!と思い込む自体大きな間違いなのですが自分のセックスに自信を持っている男性相談者は本当はセックスが下手だと思われているとは気付きません。

セックスが上手になりたいなら体のコミュニケーションや技術だけで判断するのではなく言葉のコミュニケーションから練習する事をお勧めします。

そしてセックスに自信がある男性相談者は元恋人を軽く考えて復縁できない傾向にありますので本当に復縁したいならセックスの技術だけではなく足りないところだらけの自分自身に疑いを持って復縁活動に励んで頂ければと思います。